マンガ森の彷徨(さまよ)いかた 批評理論で名作を楽しむ

  • 一般
著者名
小池 陽慈 著
判型
四六
ページ数
160頁
ISBN
978-4-385-36169-7

「批評理論」を学ぶと、マンガはもっと面白い。

●マンガを愛する現代文講師・小池陽慈が、『現代評論キーワード講義』(2023年・三省堂)に引き続きなじみやすい講義調の語り口で解説を展開。
「批評理論」の基本となるキーワードに隠された、名作マンガをもっと楽しむためのヒントとは?

●こんな方におすすめ
・マンガや読書が大好き
・「学び直し」に関心がある
・本を読むための力をつけたい
・現代社会をより深く見る/知る力をつけたい

掲載作品(掲載順)
・松本大洋『Sunny(小学館)
・泉光『図書館の大魔術師』(講談社)
・鳥取砂丘『世界は終わっても生きるって楽しい』(オーバーラップ)
・日々曜『スカライティ』(小学館)
・渡辺アカ『擬態人A(秋田書店)
・おかざき真里『阿・吽』(小学館)
・ヤマシタトモコ『違国日記』(祥伝社)
・山田鐘人/アベツカサ『葬送のフリーレン』(小学館)
・山下和美『ランド』(講談社)
・大童澄瞳『映像研には手を出すな!(小学館)
・岩明均『寄生獣』(講談社)
・水木しげる『総員玉砕せよ!(講談社)
・田素弘『紛争でしたら八田まで』(講談社)
・野田サトル『ゴールデンカムイ』(集英社)
・クロマツテツロウ『ベー革』(小学館)
・坂月さかな『星旅少年』(パイ インターナショナル)
・竹宮惠子『地球へ・・・』(スクウェア・エニックス)
・永田礼路『螺旋じかけの海』(個人出版)
・ヨンチャン/竹村優作『リエゾンーこどものこころ診療所ー』(講談社)
・水谷緑『こころのナース夜野さん』(小学館)
・岡田索雲「追燈」(『ようきなやつら』所収、双葉社)


関連書籍

マンガ森の彷徨(さまよ)いかた  批評理論で名作を楽しむ

マンガ森の彷徨(さまよ)いかた 批評理論で名作を楽しむ

  • 2024年08月20日発行
  • 定価 1,650 (本体1500+税10%)
オンライン書店で購入する
  • Amazon
  • 楽天ブックス
  • Honya Club
  • honto
  • TSUTAYA
  • 紀伊國屋書店
  • 7net
  • e-hon
  • ヨドバシカメラ
  • HMV
  • くまざわ書店