選択的夫婦別氏制 これまでとこれから

  • 大学生
  • 一般
著者名
滝沢 聿代 著
判型
A5
ページ数
432頁
ISBN
978-4-385-32078-6

夫婦別氏制を研究してきた著者が長年の考察・蓄積をふまえ,法改正への道筋を提示。外国法制,判例も丹念に分析。選択的夫婦別氏制への展望を示した渾身の意欲作。2015年の最高裁大法廷判決にも言及。

目次


I
選択的夫婦別氏制の考え方

II
フランスの判例からみた夫婦の氏──夫婦別氏制への展望
家と氏
最近のフランスにおける氏の諸問題
夫婦別氏の理論的根拠──ドイツ法から学ぶ
選択的夫婦別氏制──その意義と課題
法制審議会民法部会の中間報告について──考察と提言
民法改正要綱試案の問題点
大学教員の通姓(旧姓)を名のる権利
選択的夫婦別氏制とその課題

参考文献
判例索引
事項索引

関連書籍

選択的夫婦別氏制 これまでとこれから

選択的夫婦別氏制 これまでとこれから

  • 2016年05月10日発行
  • 定価 4,400 (本体4000+税10%)
オンライン書店で購入する
  • Amazon
  • 楽天ブックス
  • Honya Club
  • honto
  • TSUTAYA
  • 紀伊國屋書店
  • 7net
  • e-hon
  • ヨドバシカメラ
  • HMV