ことばは人を育て、未来をきりひらく知の源です。三省堂はことばをみつめて135年 サイトマップお問い合わせプライバシーポリシー
三省堂 SANSEIDOトップページ 三省堂WebShop辞書総合サイト Wrod-Wise Web教科書総合サイト ことばと教科
辞書教科書電子出版六法・法律書一般書参考書教材オンラインサービス
書名検索漢字かな著者名検索漢字かな詳細検索
新刊・近刊案内
メディアでの紹介
本の注文
書店様専用
大学向けテキスト
卒業記念
名入れ辞書
品切れのご案内
「ぶっくれっと」アーカイブ
会社案内
採用情報
謹告
三省堂印刷
三省堂書店へ
三省堂書店はこちら
声に出して読めない日本語。
「ほぼ日刊イトイ新聞」
(『大辞林』タイアップ・サイト)

労働者派遣法 第2版

法律書ジャンル別案内


労働者派遣法 第2版

鎌田耕一 諏訪康雄 編著、山川隆一・橋本陽子・竹内(奥野)寿 著

定価 4,180円(本体 3,800円+税 10%)
A5判 400頁 978-4-385-32235-3


 好評を得た初版の内容をベースに、直近の改正まで対応した最新版です。

 労働者派遣法の改正に厚労省委員等として携わった編著者陣が、派遣法の条文を中心にしながら、関連する他の法律、政省令・指針等にも言及し、広範で多岐にわたる労働者派遣法制の全体像を体系的・有機的に描き出した1冊です。

 さらに、労働者派遣の3者間関係を、派遣先=派遣元間、派遣労働者=派遣元間、派遣先=派遣労働者間とに区分し、私法上の権利義務関係も含めた各々の法律関係について、理論的な考察と解説を加えてあります。

 判例は、派遣法制定前の関連判例から直近の下級審の裁判例まで幅広く検討しています。近時頻発している派遣労働者の解雇・雇止めなどの派遣労働関係をめぐる裁判にも十分な言及がされています。

 派遣法領域で不可欠とされる、制度の沿革・歴史、改正の趣旨、改正に際しての社会的情勢への理解についても、編を設けて詳説しています。


  目 次


2022年4月15日 発行




目  次

序編 労働者派遣法の道しるべ─構造・機能・歴史

 

第1編 労働者派遣法の歴史

 

第2編 法の目的と労働者派遣の概念

 

第3編 労働者派遣事業の許可

 

第4編 労働者派遣事業の規制

 

第5編 派遣元・派遣先間の法律関係

 

第6編 派遣元・派遣労働者間の法律関係

 

第7編 派遣労働者・派遣先間の法律関係

 

第8編 労働基準法等の適用の特例

 

第9編 紹介予定派遣

 

第10編 労働者派遣法の実効性確保

■判例索引■

■事項索引■


このページのトップへ