ことばは人を育て、未来をきりひらく知の源です。三省堂はことばをみつめて135年 サイトマップお問い合わせプライバシーポリシー
三省堂 SANSEIDOトップページ 三省堂WebShop辞書総合サイト Wrod-Wise Web教科書総合サイト ことばと教科
辞書教科書電子出版六法・法律書一般書参考書教材オンラインサービス
書名検索漢字かな著者名検索漢字かな詳細検索
新刊・近刊案内
メディアでの紹介
本の注文
書店様専用
大学向けテキスト
卒業記念
名入れ辞書
品切れのご案内
「ぶっくれっと」アーカイブ
会社案内
採用情報
謹告
三省堂印刷
三省堂書店へ
三省堂書店はこちら
声に出して読めない日本語。
「ほぼ日刊イトイ新聞」
(『大辞林』タイアップ・サイト)

お江戸の結婚


お江戸の結婚

菊地ひと美 画・文

定価 1,650円(本体 1,500円+税 10%)
四六判 224頁 978-4-385-36555-8


江戸の結婚はどのようなものだったのか。武家や商家、農村の縁組はどのようにすすめられたのか。見合い・婚礼道具・結婚式の模様は? 女房となったその後の結婚生活は? 絵と文でさぐる江戸の結婚のかたちと意味。

目 次   著者紹介
本文見本ページ(PDF)


2011年7月15日 発行




目  次

一 結婚の歴史

二 お江戸の結婚 武家

〔1〕武家の結婚

〔2〕武家の祝言

三 お江戸の結婚 商家と農村

〔一〕商家の結婚

〔二〕婚礼道具

〔三〕庶民と農村の結婚

四 お江戸の縁談もろもろ話

五 出世双六に見る娘の幸せとは?

六 庶民女房 結婚その後

七 お江戸の相続と現代の結婚

〔一〕財産を一子相続する江戸

〔二〕現代の結婚

あとがき

参考文献一覧



著者紹介

菊地ひと美(きくち・ひとみ)

1955年生まれ。衣装デザイナーを経て日本画家・江戸衣装と暮らし研究家。
国立劇場から制作依頼の『絵巻』4巻は海外の国立美術館(ローマ、ブタペスト)でも展観された。
現在、江戸東京博物館正門前に『江戸日本橋絵巻』(30m)を展示中。
主な著作に、『江戸にぞっこん』(中央公論新社)『江戸おしゃれ図絵』(講談社)『花の大江戸風俗案内』(ちくま文庫)ほかがある。



本文見本ページ

*全てPDFファイルです