書名 漢字 よみ 著者名 漢字 よみ
さらに詳しく検索

トップ・ページ  新刊・近刊
辞書  電子出版  一般書  六法・法律書  教科書  参考書  教材  品切一覧

新しい幼児教育の
テキスト・シリーズ

表紙1 表紙2
表紙3 表紙4

ことばのほん 1 三訂版 1,000円 978-4-385-31002-X 
ことばのほん 2 三訂版 1,000円 978-4-385-31007-X 
かずのほん 1 三訂版 1,000円 978-4-385-31012-X 
かずのほん 2 三訂版 1,000円 978-4-385-31017-X 

横地 清・小川純一郎 著

(各B5 48頁、各巻に「指導の手引き」B5 12頁付き)

幼稚園・保育園と家庭のための幼児教育テキスト。「ことばのほん1」は4歳児向け,「ことばのほん2」は5歳児向け。各巻とも,子どもの発達段階に応じて12テーマを設定,日常生活で親しみのある題材を選んで配列。「話す,書く」能力を育てることを目的に,特徴の理解・因果関係・情景のつながりなど,物事を立体的・構造的にとらえることを主眼とした。絵は鮮かな色彩で,切抜き作業もできる。「かずのほん1」は4歳児向け,「かずのほん2」は5歳児向け。「数」教育の主要な4項目(数・量・空間・論理)を,子どもの日常出合う題材を用いて,立体的に把握することをねらった。独創的なさし絵入り。

各巻 1985年3月1日 発行



●はじめに(各巻共通)

 この「新しい幼児教育のテキスト」は、幼児に、言語と数の基本となる能力を身に付けさせるために作ったものです。

 私どもは、すへての子どもが、社会的にたくましく生きていける人間となることを望んております。しかし、それは願いだけて達成きれるのではなく、それにふさわしい土台を要求します。とりわけ、物事のとらえ方やその表現の基礎となる、言語と数がたいせつになります。このテキストがこれらの領域を選んだのもそのためてす。

 子どもは、いつも静かな開き手ではありません。実際に活動し作業しながら、現実の世界のことを学んていきます。それは、保育室や家庭の外であろうと内であろうと言えることです。このテキストも、子どものこうした姿に応ずるよう、作業しながら学び取るものにしました。

 言語と数の教育を具体化するには、その内容と系統が科学的に検討されたものでなければなりません。このテキストは、日本幼年教育協議会の、十余年にわたる各地の幼稚園・保育園での実験と研究に基づいて作られております。

 このテキストは、「ことばの ほん」1、2、「かずの ほん」 1、2と4冊に分か机れています。それぞれの1は、主として4歳児(4月現在で満4歳台)、2は、主として5歳児(4月現在で満5歳台)用となっています.

 著者たちの努力が、日本の多くの子どもに役立てば幸いと思っております。また、未熟な点もあると思いますが、みなさんのご指導によって、いっそうよいものにしていきたいと考えています。

 おわりに、このテキスト制作に当って、たえず激励をいただいた日本幼年教育協議会の先生方、また、出版に際しお世話になった三省堂編集部の方に、厚くお礼を申したいと思います。

横地 清

トップページへのアイコン




Copyright (C) 2007 by SANSEIDO Co., Ltd. Tokyo Japan