書名 漢字 よみ 著者名 漢字 よみ
さらに詳しく検索

新刊・近刊  トップ・ページ  辞書  電子出版  一般書  六法・法律書  教科書  参考書  教材  品切一覧

東大生が書いた
お役人コトバの謎

東大生が書いたお役人コトバの謎

東大ベストセラー出版会 PICASO 編  (品切)

1,500円 A5 200頁 978-4-385-36248-9

摩訶不思議なお役人コトバを現役東大生が全解説!責任回避・大言壮語のお役人・官僚・政治家たちのワンダーワールドを風刺たっぷりに徹底検証。収録用語約200。政治パロディなるほど本〈決定版〉。

2006年 1月 5日 発行

 目  次
 「東大生が選んだ もう聞きたくないお役人コトバ・ワースト20」から
 あとがきに代えて
 『三省堂 新刊 NEWS』号外




●目  次

第1章 お役人コトバ編

 1 東大生が選んだもう聞きたくない「お役人コトバ」ワースト20………3

ワースト1 慚愧に堪えません「すんまそん、いいじゃんそんなこと」の意……3
ワースト2 いかがなものか「嘘つくとやっかいなことになるから忘れたことにしちゃおう」の意……6
ワースト3 いましばらくお待ちください「いつになるかはわかりませんが、まあそのうちわかります」の意……8
ワースト4  最大限度努力する所存です「結果については文句言わないでね。プロセスが大事って言うじゃない」の意……11
ワースト5 前例がありません「私が勝手にやるとおこられますので」の意……13
ワースト6 寝耳に水です「ボク知らなかったからオドロいちゃったよ」の意……15
ワースト7 担当者に申し伝えます「私じゃわからないんで、今日は帰って下さい」の意……16
ワースト8 そういう決まりです「私に言われても困ります」の意……18
ワースト9 善処いたします「ハイハイ、分かりました」の意……20
ワースト10 慣行ですので「仕方がない、官行ですので」の意……22
ワースト11 現場の者でないとわかりかねます「知らんよ、キミ」の意……24
ワースト12 鋭意努力します「たぶん無理だけど、やってみますわ〜」の意……26
ワースト13 粛々と進めております「反対意見は聞きません」の意……29
ワースト14 万障繰り合わせの上「死んでも」の意……31
ワースト15 傾聴に値する「発言、ごくろうさま」の意……33
ワースト16 遺漏のなきよう「後で文句言われるとめんどくさいからちゃんとやってね」の意……35
ワースト17 前向きに検討いたします「まぁ、やっときますわ〜」の意……36
ワースト18 可及的速やかに「いつかやります、そのうちやります、きっとやります…、たぶん」の意……38
ワースト19 一点の瑕疵もありません「決められた手順でやったもん!」の意……40
ワースト20 所定のお手続きが必要になります「もう一度出直して下さい」の意……43

   コラム1◎お役所のカタカナ語……46

 2 まだまだあるうんざりな「お役人コトバ」………49

「暫定的」ざんていてき……49 「抜本的」ばっぽんてき……51
「適宜」てきぎ……53 「当分の間」とうぶんのあいだ……55
「特段の理由」とくだんのりゆう……57
「最大公約数的な意見」さいだいこうやくすうてきないけん……59
「識者」しきしゃ……61 「叡智をもって」えいちをもって……63
「民意」みんい……64 「サムライ」……65 
「五月雨式に取り組む」さみだれしきにとりくむ……67
「オフレコ」……69 
「万機公論に決すべし」ばんきこうろんにけっすべし……71

   コラム2◎標語と税のお話……74

 3 ニッポンの今がわかる「行政コトバ」………77

「公的資金」こうてきしきん……77 「規制緩和」きせいかんわ……79
「改革推進」かいかくすいしん……80 「機密事項」きみつじこう……82
「危機管理」ききかんり……84 「越権行為」えっけんこうい……86
「ふれあい・いきいき・いきがい」……88

   コラム3◎「役所言葉」言い換え集……90

第2章 政界・官僚業界用語

 1 官僚用語――霞ヶ関の日常がわかる用語………95

 天下り…95 お土産工事…95 課あって局なし…96
 外務省機密費…96 学歴一覧表…96 霞ヶ関…96
 紙爆弾…97 官官接待…98 官庁の中の官庁…98
 官庁文学…98 キャリア…98 サブ…99
 白パン…99 セクショナリズム…99 先憂後楽…99
 タコ部屋…100 タテ割…100 強含み…100
 デマケ…101 特殊法人…101 特急組…102
 伏魔殿…102 富士山…102 ホテル大蔵…102
 マル政…103 渡り…103 渡り鳥官僚…103

 2 選挙用語――選挙の舞台裏がわかる用語………105

 アナウンス効果…105 裏選対…105 駅頭…106
 落ち武者狩り…106 カルタ取り…106 空中戦…106
 鞍替え出馬…107 経歴放送…107 5当4落…107
 最後のお願い…107 3ない運動…108 3ばん…108
 実弾…108 次点バネ…109 瀬踏み…109
 選挙ゴロ…109 銭国区…109 ただの人…110
 田の草取り…110 地区担…110 辻説法…110
 唐泉寺…111 どぶ板選挙…111 7つ道具…111
 フダ…112 泡沫候補…112 みそぎ…112
 桃太郎…112 夕立ち…113 落下傘…113
 連座制…113 

 3 政界用語――政治と議員の裏表がわかる用語………115

 一本釣り…115 井戸塀…116 オフコン…116
 オヤジ…116 外遊…116 囲み…117
 危機管理…117 金帰火来…117 金権政治…118
 金バッジ…118 黒船の襲来…118 言論の府…119
 御三家…119 コバンザメ政党…119 これから勉強します…120
 歳費…120 サイン会…120 参勤交代…121
 陣笠議員…121 造反…121 族議員…121
 大臣病…122 脱藩…122 玉虫色…122
 つるし…123 毒まんじゅう…123永田町の気圧配置…124
 永田町の論理…124ニッカ、サントリー、オールドパー…125
 ねずみを捕らない猫…125 寝業師…125
 箱乗り…126 八光会…126 伴食大臣…126
 平河町…126 ぶら下り…127 プリンスメロン…127
 ポチ…128 松下政経塾…128 マニフェスト…128
 ムラ…129 持ち帰り…129 餅代…130

 4 国会用語――国会のホントがわかる用語………131

 あげる…131 頭撮り…131 院内…132
 お経読み…132 起きる…132 お蔵入り…132
 カーボンコピー…133 数の政治…133 ガチャン…133
 議場の華…133 牛歩戦術…134 グーチョキパーの関係…134
 高級料亭…135 御休所…135 質問想定問答集…135
 シメソー…136 据え膳…136 打率…136
 伝家の宝刀…136 登院…137 寝る…137
 ひぎれ法案…137 ひな壇…138 不規則発言…138
 フィリバスター…138 まくら法案…139 紫の袱紗…139
 免責特権…140 問取り…140 廊下トンビ…141

 5 役所用語――公務員の実態がわかる用語………143

 安着祝い…143 オンブズマン…143 個所づけ…143
 霞ヶ関詣で…144 空…145 期末手当および勤勉手当…145
 許認可…145 くびちょう…145 クレーマー…146
 指名停止…146 すぐやる課…146 前例…147
 大名行列…147 たらいまわし…147 天の声…147
 どぶ板議員…148 奉仕者…148 丸投げ…148

   コラム4◎「係る」と「関する」……150

参考文献・図書一覧……154

あとがきに代えて……158



●「東大生が選んだ もう聞きたくないお役人コトバ・ワースト20」から

ワースト1「慚愧に堪えません」
「すんまそん、いいじゃんそんなこと」の意

 この「慚愧」というコトバ。響きからして重厚かつ厳粛。字面からも、形容しようのない妖気が漂ってくる。ともかくも、ただごとならぬ事態の発生! ってことだけは伝わってくる。

 で、その意味。「慚」は恥じ入る。また、「愧」も恥。

 これに「堪えない」ということだから、「あまりに恥ずかしくて死にそうなくらいだ」ってのが、本来の意味。これをご存じであれば、繰り返し口にできるようなコトバではないと思うのだが、なぜかお役人・政界のおエラ方たちは好んでお使いになる。しかも、たいていその顔に含羞の色はなく……。

 さて、このコトバをボクたちに知らしめたのは、第一次小泉政権の官房長官だった福田康夫氏の辞任記者会見でのひと言だ。

 自らを含む閣僚たちの年金未納が発覚し、「政治に対する国民の信頼を失ったことは慚愧に堪えません」ってのが、ソレ。

 2004年、国民年金の納付を呼びかけるCMに出演した芸能人の江角マキコ当人が年金未納だったために、ワイドショーは連日、国民年金の実態を取り上げた。すると、続々と国会議員の未納が明らかになった。民主党の菅直人は年金未納の中川、麻生、石破の3閣僚を評して「未納3兄弟は、もしかしたら、4兄弟、5兄弟、6兄弟かもしれない」などと揶揄。

 予言どおり未納閣僚は福田、谷垣、竹中、茂木各氏と続々。あろうことか命名者の菅直人も未納発覚で四国遍路の旅に出るというオチはさすが政治屋業界。

 ところで、この「慚愧」。出典は仏教用語のようだ。

 親鸞の「教行信証」によると、

・「慚」は自ら罪を作らず、「愧」は他を教えてなさしめず。
・「慚」は内に自ら羞恥す、「愧」は発露して人に向かう。
・「慚」は人に恥ず、「愧」は天に恥ず。

 これを「慚愧」と名付けた。

 どうやら「慚」と「愧」では、ベクトルが内向きか外向きかという差があるようだ。

 議員先生の「慚愧に堪えない」事件は、年金未納以降も続々。学歴詐称、斡旋収賄、路上痴漢行為に覚醒剤保持なんてのもあった。恥のベクトルは、内にも外にも向けられるべきはずなのに……。

 だが、不祥事が発生するたびに、臆面もなくこのコトバを発せられるおエラ方の、そのベクトルはいったいどこに向けられているのだろう。ニッポンの「恥の文化」は、どこに消えてしまったのだろう。


ワースト2「失念いたしました」
「嘘つくとやっかいなことになるから忘れたことにしちゃおう」の意

 典型的な政界・官界用語。

 こんな言い訳の文句はボクたちは使わないし、まちがっても使えない。

 民間企業ならなおさらだ。平社員だろうが重役だろうが会議で「その件については、失念しておりました」などと言おうものなら、能力ゼロの烙印を押され即刻クビだろう(?)。

 ところが国会答弁・証人喚問などでは、トーゼンのように使われる。本当に失念しちゃうのだったら、それは本人の不幸。しかし、そうとは思えないシチュエーションでのみ使われるのはご承知の通りだ。

 かつてロッキード事件の証人喚問でのやりとりでは「記憶にございません」というコトバがさかんに使われ、流行語になったという。驚くべきことに、「(忘れるのは)ある種の病気なのだ」というが、どうしても仮病にしか見えない。

 このニューバージョンが「失念いたしました」だ。「公約は破るためにある」というのが、政界の常識。演説でいくらウソをついても罪に問われないらしいが、いったん議場に入るとそうはいかない。なぜなら国会は国権の最高機関である。その証人喚問で宣誓した限りにおいては、ウソをつくと議院証言法に基づき偽証罪が成立する。そこで、苦しまぎれに、ウソのかわりに「失念」するわけだ。

 そして、今世紀初頭、「失念いたしました」に続く第3のバージョンが誕生したのである。

 官房機密費について、野党の追及を受けたシオジイこと塩川正十郎(元財務大臣)が、連発した答弁がコレ。

 いやァ〜 わすれェちゃいましたァ〜



●あとがきに代えて

 ある日、テレビを見ていた時のこと。政治家が自らの不正行為に対して、「慚愧に耐えません」。

 またある日、官僚の作成した公共事業についての文章を見ていた時のこと。それについては、「遺漏のなきよう……、鋭意努力します」。

 それはまっとうな表現のように一瞬思えてしまうが、よく考えてみると難しい言葉を使うことで、ボクたちを煙に巻こうとしていたり、責任逃れをしているようにしか思えない。だって、本当に意味が分からないんだもの。

 官僚や政治家になる東大生は多い。でも彼らが、大学生のうちからそんな言い回しを使っているわけでは、もちろんない。では、どうして今は普通の日本語を話しているクラスメイトや、友達が、そんな意味不明な言葉を使うようになってしまうのだろう。そう不思議に思ったのが本書を企画するきっかけだった。

 相手と円滑なコミュニケーションがしたいと思うから、人は同じ言語を話そうと努力する。例えばドイツに旅行するときは、多少なりともドイツ語を学んでいくように。

 それなのに、「お役人コトバ」はマイナスの方向に努力しているように思える。相手の分からないコトバをわざと使って、コミュニケーションを断絶しようとしているに違いない。

 もし今のような、お役人コトバが使われ続けられれば、いつまでたっても、役人と国民は分かり合えることはないだろう。

 そのような理由から、本書ではお役人コトバに対して皮肉を言ったり、揶揄したりしてしまった。尊敬すべき先輩方に対して、そのようなことを言うのは躊躇われることではあったが、それでも先輩方が普通の日本語を使わないかぎりは、先に述べたように、国民とのコミュニケーションは成立しないとボクたちは考えた。

 もし本書が、国民と乖離する、おかしなお役人コトバを少しでも普通の日本語に正せるのならば、そのきっかけになるのならば、ボクたちがお役人コトバを調べ、この本を記した苦労も報われる。

2005年11月

東大ベストセラー出版会 PICASO 一同



読者カード(是非ともご協力ください)

読者カード

このページのトップへ
トップページへのアイコン




Copyright (C) 2014 by SANSEIDO Co., Ltd. Tokyo Japan