もし、あなたががんにかかったら、まず間違いなく、抗がん剤治療をされるでしょう。なぜなら、日本では、老若男女を問わず、どの部位にできたがんでも、早期だろうと末期だろうと、なんらかの抗がん剤治療が行われるのがふつうだからです。

 しかし、このようなことは、日本だけの現象なのです。

 実は抗がん剤治療は、受けて得するか、逆に損して命を縮めるか、どっちかしかない危険な賭けです。日本では治療が不十分なため、抗がん剤で治るべきがんでも、命を縮めている人がまだまだいる一方、受けないほうがいい場合でも治療が続けられて、命を縮めている人がおおぜいいます。「有益か有害か、どっちかしかない。中間はない」という厳しい選択が、抗がん剤治療の第一のポイントです。そして、得するか損するかは、今までのデータで、ほぼ予測がつきます。それなのに、抗がん剤についての本当の情報は、今までタブーとして一般に公開されていませんでした。

 選択が厳しいものなら、なおのこと、患者さんには十分な情報が必要でしょう。そう考えて、本書は、どんながんだったら抗がん剤治療を受けて得するか、その場合でも、どんなことに気をつけたらいいのか、あるいは、どんながんだったら、治療を受けないほうが楽に長生きするのか、その見分け方や、対処の仕方の指南番になることを目指したものです。

 副作用に関する知識、判断の筋道、臨床試験のことなど、かなり専門的な知識も、できるだけやさしく説明しましたから、それらを総合して考えれば、自分の場合にはどうしたらいいか、答えが得られるはずです。私が診ている患者さんの多くは、抗がん剤治療を受けるかどうか、受けるとするとどのくらい続けるかなどを自分で決めていますから、本書を読む患者さんにも、それができるはずです。

 本書は、とくに、あなたが「抗がん剤をやめたい」と思った時に、納得できる理論的な根拠と、これまでのデータを示しました。どんながんでも抗がん剤治療が当たり前のように行われている現状では、「やめる」と決めることは、患者さんとしても勇気がいります。信頼している医師に勧められたら、判断の基準も分からないので、受けたほうがいいかな、と思ってしまうでしょう。専門家や家庭医学書、マスコミの流す情報も、ほとんどすべてが抗がん剤の可能性に期待を抱かせるものばかりです。

 しかし、「やめたい」というあなたの直感は、たいていの場合、正しいのです。というのも、抗がん剤が命を縮めることになるがんのほうが、圧倒的に多いのが事実だからです。

 もし、「抗がん剤治療をしましょう」「抗がん剤治療という選択肢もありますよ」と言われたら、返事をする前に、この本を読んで考えてみてください。

 医師に今後の治療方針をまだ示されていない人は、抗がん剤治療を予定しているかどうかを聞きましょう。

 今すでに抗がん剤治療をしている人は、自分のからだと相談して、いつやめるか考えてみましょう。今現在、抗がん剤治療をしている人の中には、治療でなく臨床試験の実験台にされている人もいます。実験中に死亡したり死期を早める危険もあります。八章で詳しく解説しましたので、参考にしてください。

 病名も知らず、薬の名前も知らされていないで、どうも処方された薬を飲むと具合が悪くなるという人は、医師に何の薬か聞きましょう。聞けない場合は、自分の薬が抗がん剤かどうか、巻末の索引を頼りにして、まず調べてください。飲んでいる薬の名が分かったら、薬剤別副作用の該当箇所を読んでみてください。わけも分からず苦しんでいた症状が、抗がん剤の副作用だったと、あとで思い当たることばかりだったという人もいます。

 抗がん剤の第二のポイントは、言葉にあります。世の中で問題が起こる時は、たいてい言葉がからんでいるものです。抗がん剤では「効く」「有効」「延命」「QOLクオリティー・オブ・ライフ。生活の質ないし人生の質」などが問題の言葉です。抗がん剤の専門家たちは、皆さんの常識的な理解を越えた特別の意味をこれらの言葉にもたせていますから、皆さんは素直に受け取ると、まったく誤解することになります。

 たとえば「抗がん剤が効きますよ」と聞いたら、皆さんは「それで治る」と受け取るのが自然でしょう。しかし多くの場合、単にしこりが縮小するだけで、医師は「治る」とはまったく思ってもいないのです。「延命する」も、一か月ほど命が延びるという程度のこともありますから、医師が「延命」と言った場合は、まず治らない、五年やそれ以上の長期生存は望めない、と理解するほうが間違いが少ないのです。本書では、これらの言葉の本当の意味についても解説しました。

 第三のポイントは、臨床試験(治験ともいう)です。日本の抗がん剤治療は、皆さんが驚くほどたくさんの問題を抱えています。そのそもそもの元凶は、今まで長い間、そして今も、患者さんに無断で行われている臨床試験にあるのです。この臨床試験を支えているのは、利害を共通にした医師(ことに専門家)、製薬会社、厚生省の三極構造です。本書ではこの三極構造についても詳説しました。

 新しい薬(抗がん剤)が必要なのは、患者さんではなく、実は専門家や製薬会社だということが理解できないと、抗がん剤問題の本質はつかめません。患者さんとしても、主治医から勧められた時に「命を縮める無駄で苦痛な抗がん剤治療や臨床試験」を拒否することに、自信がもてないことにもなるでしょう。

 本書は、患者さんが自らの判断で、納得して決められるように、私が知る限りの情報を洗いざらい患者さんに提供すべく企画しました。現状がひどければ、まずひどいということを認識することでしか先は開けないと思うので、医師たちの言葉もふんだんに引用しました。それらの言葉の裏側にあるものを、自分の頭で考えながら読みすすめる必要があります。  注意してほしいのは、本書は抗がん剤に視点をおいて書いたものですから、「治る」とか「治らない」というのは「抗がん剤で」という前提つきでの話です。抗がん剤で治らないがんでも、手術や放射線だけで治る人や長生きする人がおおぜいいます。それを忘れずに読んでください。

 本書によって、あなたや、あなたの家族の抗がん剤問題が解決することを願っています。

近藤誠