書名 漢字 よみ 著者名 漢字 よみ
さらに詳しく検索

トップ・ページ  新刊・近刊
辞書  電子出版  一般書  六法・法律書  教科書  参考書  教材  品切一覧

新・抗がん剤の
副作用がわかる本

祝 菊池寛賞受賞!
近藤誠先生が「乳房温存療法のパイオニアとして、抗がん剤の毒性、拡大手術の危険性など、がん治療における先駆的な意見を、一般人にもわかりやすく発表し、啓蒙を続けてきた功績」により、
第60回「菊池寛賞」を受賞されました。

新・抗がん剤の副作用がわかる本

近藤 誠 著

1,800円 四六 408頁 978-4-385-35613-6

抗がん剤が本当に効くのは、がん全体のたった1割。毒性による寿命短縮、治療や臨床試験中の死亡など、抗がん剤治療の実態を公開した本。薬の名前がわかる索引、副作用情報など10年ぶりに新しく改訂した。

1994年11月10日 初版 発行
2004年 9月10日 新版発行

 データで見る 抗がん剤のやめ方始め方
 再発・転移の話をしよう
 再発後を生きる
 明るいがん治療
 乳ガン治療・あなたの選択

 新版にあたって
 はしがき(初版)
 目  次
 読者カード
医療・健康サイト



●新版にあたって

 本書を刊行してから10年になります。十年一昔とも、十年一日の如しともいいますが、抗がん剤治療(=化学療法)に関しても、変わったことと変わらないことがあります。

 大きく変わったのは、がんという病名や、抗がん剤だということを本人に告げ、治療するようになったことです。抗がん剤で治るがんでは、これは朗報です。患者が病気や治療法をしっかり理解することができれば、治療にも前向きに取り組め、治る率が多少とも上がるはずだからです。

 しかし抗がん剤で治らない種類のがんでは、どうでしょうか。データ上はメリットが認められない場合に、再発や死への恐怖から、化学療法を延々と受け続けている人が大勢います。また患者本人は抗がん剤をやめたいけれども、医者が、病名を告げたので、ためらいがなくなったのか、「再発したらどうする」などと言って、化学療法が一向に終わらないことも多いのです。

 またこの間、相当数の抗がん剤が新たに認可されました。そのため、薬をとっかえひっかえして化学療法を続けることが、以前よりたやすくなっています。ただし、それを続けていくと、がんで死ぬより先に、蓄積された抗がん剤の毒性で先に死ぬことになります。

 この10年の間に、吐き気止めなどを用いた副作用対策が若干上手になったのも、変わった点でしょう。しかし、抗がん剤が「百%毒物」であるという本質は変わらないので、使い続ければ諸臓器に毒性が蓄積していき、回復不能の障害を引き起こす、ということは変わっていません。そうであれば抗がん剤の害作用を、回復可能な「副作用」と、回復不能な「毒性」に分けて論じるのがベターかもしれません。ただ社会では、「副作用」という用語に毒性まで含めることも多いこと、また本書は題名に「副作用」を入れているので、この新版でも「副作用」には毒性を含めます。

 抗がん剤の効力に関しては、この間、何も変わっていません。10年前に抗がん剤で治らなかった種類のがんは、現在の薬をもってしても治らないのです。それゆえ、本書中の「抗がん剤の効力別がん分類」は、今日でも基本的に妥当します。ただ少し変更すべき点があるので、この前書きの最後に変更点をまとめておきます。

─────────────────────────

 本書を10年前に出版した目的の一つは、医者たちの実験体質や、抗がん剤にかかわる臨床試験の問題点を患者や社会に知らしめることにありました。ソリブジン事件やイリノテカン事件を冒頭に置いたのもその意味です。

 出版後、抗がん剤を開発・認可するための「治験(ちけん)」の、全国共通の実施規則が新たに定められました。そこでは、被験者たる患者から書面で同意を取るなど、手続き要件が厳格になっています。それでは、治験にまつわる問題は解消したのでしょうか。

 患者のからだをつかって試される物質が毒物であり、第一相試験が毒性試験であるという治験の本質に変わりはありません。これらの本質は、規則をいくら厳格化しても、なくなることはないのです。

 そのうえ、医者たちの実験体質も変わっていません。そのため規則を変えても内実が伴わず、治験の実際が杜撰なものとなり、以前同様の薬害事件がくり返されています。肺がんに対する特効薬と期待されたゲフィチニブ(商品名イレッサ)が市販されたあと、副作用のために大勢が亡くなって社会問題化しました。この事件も、治験の最中に判明した副作用情報を軽視したために起こったもので、10年以上前と事件の構造は変わっていません。

 結局、患者が抗がん剤で苦しみ亡くなることを避けようとしたら、これらのことについてよく知っておく必要があります。ただ実験体質については、この間、患者や社会の目から隠すのが巧みになってきています。実験体質の真実に迫ろうとすると、どうしても医者たちの言葉を紹介する必要があるのですが、医者が内心のことを言うのに慎重になっているのです。10年以上前の状況や発言を収録した本書によってしか、実験体質の真実に迫れない理由はそこにあります。本書では、臨床試験と呼ばずに、あえて「臨床実験」と呼んでいますが、これも読者に、人体実験であるという側面を認識してもらいたいため、あえてそのままにしました。

 したがって、この新版でも、本文は初版当時(1994年)のままとしました。巻末の抗がん剤別の「副作用情報」は、この10年間に認可されたものを加えて全面的に新しくしました。また、抗がん剤の効果について、臨床データにもとづいて詳述した本を新たに書き起こし、同時に発売しました(拙著『データでみる抗がん剤のやめ方・始め方』三省堂)。

 また、必要以上に再発転移を恐れるあまり、抗がん剤治療を選択するということのないようにするには、がんの再発転移の仕組みを理解しておくことが大切です。がんのメカニズムから再発・転移までを、患者との会話体で易しく書いた拙著『再発転移の話をしよう』(三省堂)もあわせて読めば、安心の境地に至れることでしょう。

 これらの本を活用して、抗がん剤治療を受けるかどうか、妥当な結論に達してください。

●抗がん剤の効果に関する変更

 本書の初版刊行(1994年)以降に発表されたデータなどの影響で、「抗がん剤の効力別がん分類」に対する筆者の考えは少し変わりました。以下に、変わらない点を含め、ポイントを述べますので、三章ないし五章を読むときには、念頭においてください。本文には注記をつけました。(1)抗がん剤の効力(効き方)によって、がんを4つのグループに分類する点は変わりません。この分け方は、大筋では、化学療法を専門にしている医者たちの分け方と同じです。(2)第一グループ(抗がん剤でよく治るがん)に分類した悪性リンパ腫は、もう少し厳密に、「ホジキンリンパ腫および、中・高悪性度の非ホジキンリンパ腫」と限定しておきます。

 それと関連して、第三グループに「低悪性度の非ホジキンリンパ腫」を追加します。(3)「乳がん(臓器転移がある場合を除く)」は第二グループ(抗がん剤で治る率が上がるがん)に分類していましたが、第三グループ(抗がん剤で延命する?がん)に変更します。

 これまで行われた術後乳がんに対する化学療法のくじ引き試験データを分析した研究結果(メタアナリシス)が発表されましたが、どこかに微小な転移がある患者に、抗がん剤を使っても、治せることが証明できなかったからです(Lancet 1998;352:930-940)。(4)第三グループ「抗がん剤で延命する? がん」は、どうやら抗がん剤では延命させられないことがより一層明瞭になってきました。これらの乳がんや、卵巣がんなどについてのデータ的根拠は、拙著『データで見る抗がん剤のやめ方始め方』(三省堂)に書きました。



●はしがき(初版)



●目  次



●読者カード(2006.2.8現在)

●(無職・50代)
患者が苦しくとも抗がん剤を受け入れるのは、
「治りたい」「治る」という願望があるから。
そして医者はもう「治らない」と言わないから。
ひと昔前はガンの告知が問題になりましたが、
今はほとんどの方は病名を知っている時代です。
今後は、医者が「治らない」という『告知』を、
患者や家族がどう受け入れていくかということが
問題だと思います。そこに関心があります。

●(無職・70代)
1995年に本書の初版を購読しました。
その後、再発・再々発して抗がん剤治療。
わかっていても止める断る勇気がなかった。
今年3月まで治療、今後はやめる決心です。

●(放射線技師)
大変感動しました。内容は素晴らしいし、価格も安いです。
私は病院勤務の技師(放射線)ですが、以前から
近藤先生の本で勉強してきました。
勉強したことを自分の仕事に活かしていくつもりです。
患者さんの利益を重視するということで。
今後もこういう良書を出してください。

●(無職・30代)
読んで良かったです。

●(年金生活者・60代)
希望7分、落胆3分、諸行無常、マイペースで楽しく生きたい。

●(無職・70代)
2年前、リンパ腫と診断され数種類の抗がん剤と、
左肩の一部に60グレイの放射線の治療を受けて半年後、
左手が自由に動かず、五十肩のようになりました。
私はこれを放射線の副作用ではないかと疑っておりますが、
近藤先生は放射線の専門医ですので
次回は放射線の副作用についての本を出して頂きたいと思います。
現在、放射線の治療後、2年近くなりますが、
肩のほうは改善されてきております。

●(無職・60代)
胃がんと診断され、即手術。20日余りで退院。
1ヶ月後から抗がん剤をむりやり飲めといわれて1ヶ月間、
そのことばかりが気になっていたが、意志の弱さから
2回服用したが自分の意志でどうしても飲む気にならず、
たった2回服用したが毒を飲んだ気分におちいりました。その後、
この本を読み、やっぱり抗がん剤は恐い薬だと思いました。
今度、外来で医者が私に(薬を飲んでいない)どんな態度をとるか、
楽しみです。
自分が思っていた通りなんだなぁと、この本を読んで思いました。

●(主婦・60代)
私は抗がん剤の知識はゼロで、乳がんとわかっても
ただ病院を信じて数々の恐ろしいことをがまんしてきました。
特に抗がん剤の副作用について、
どんな症状がでたら医師に言わねばならないのか
日常生活で気をつけること、まったく教えてくれませんでした。
2回目の抗がん剤のあと(1回目の2週目にすでに3000以下に
白血球が下がっていて、ちょっと上がったからと言って
2回目をやられてしまいました。)
2週目に白血球2200、血小板減少で白血球増多剤をするといわれ、
本屋に飛び込み、この本を買いました。
今はホルモン療法の副作用で悩んでいます。

●(無職・50代)
先進国で予防医学が発達している国は?
予防にはどんなものがあるか知りたい。
医者に余命1〜2ヶ月と言われるが、
ある健康食品で少し延命しています。
日本の医療は金儲けのためにあることがよくわかりました。

●(無職・70代)
抗がん剤の恐ろしさ、医者と製薬会社、
省庁とのマイナスの結びつき等、
詳しく書かれていますが「それではどうすけば良いのか?」が
わかりません。患者の自己決定で抗がん剤をやめても、
その後のことについて記述が欲しかった。

●(会社員・60代)
本書を読んで、改めて抗がん剤を考えてみることにしました。
これから、抗がん剤を使用することになったら、また
読み直して考えることにします。

●(介護職・50代)
昨年、乳がんの方が来られ、調べることが
自分自身の知識のために役立つことが多くなり、
さらに本との出会いがうれしくなりました。

●(会社員・30代)
子どもが白血病にかってしまい、気になり買いました。
抗がん剤の副作用がどんなものか、もっと知りたくて
本日より読ませてもらいます。

●(僧侶・70代)
近藤医師を心から敬服します。

●(看護師・20代)
近藤先生の本を一度図書館で見かけて読んだことが、
この本を買うきっかけとなりました。
毎日、抗がん剤に触れ、副作用に苦しむ患者さんに触れ、
がんへの不安に一緒に悩むことが多く、
本を読んだことで自分が体のメカニズムについても、
がんについても、病院組織についても、
何も知らなかったのだと気づかされました。
今後はどう患者さんへ対応していくべきなのかを、
また考えてゆかなければいけないという思いがあります。

●(主婦・60代)
本書を読むと、抗がん剤の恐ろしさをよく理解できました。
もし自分ががんになったら、そして
抗がん剤を使用しなくてはならないことになったら、
どうしてらよいかと思いました。
いくつものヒントが提示されてあるので、
自分で考えて選ぶしかないと思いました。
もっともショックだったのは、
たいていの抗がん剤に発がん性があるということでした。

●(40代)
母がリンパ腫になり、ちょうど同時期にこの本と出合い、
食い入るように読みました。母の病院ではどうかと…。
読み進んでいくうちに、患者の訴えをきちんと聞き入れてくれて
治療に対してもメリット・デメリットを含めて話してくれたので、
これからも母のことを信頼してお願いできる医師・病院であると
思っています。この本は何も知らない人でも理解できるように、
わかりやすく書かれていて、
これからの母の治療をするうえで参考になります。
一度では忘れてしまっているところもありますので、
再度読み返すことにしたいと思います。
素晴らしい本を、ありがとうございました。

●(会社員・30代)
悪性リンパ腫で現在抗がん剤治療中なのですが、
本当に治るのか、不安なため買ってみました。

●(会社員・60代)
現在、抗がん剤治療中。正直な教本と思われた。
ただしそっくりそのまま自分で考えて決断することのように感じ、
宿題をいただいたように思われた。
次は『再発・転移の話をしよう』を読み進めたいと思った。

●(50代)
抗がん剤に対して自分が思っていたことがまったく逆でした。
この本を読んで抗がん剤ってものがよくわかりました。

●(無職・70代)
陰湿な医学界において、近藤先生の勇気ある発言には
心より尊敬申し上げます。今後のご活躍を祈ります。

このページのトップへ
トップページへのアイコン




Copyright (C) 2014 by SANSEIDO Co., Ltd. Tokyo Japan