書名 漢字 よみ 著者名 漢字 よみ
さらに詳しく検索

新刊・近刊  トップ・ページ  辞書  電子出版  一般書  六法・法律書  教科書  参考書  教材  品切一覧

法律書ジャンル別案内
六法・辞典・シリーズ  憲法・法学一般  行政法・教育法  民事法  商法・経済法  刑事法  労働・社会法  国際法・法律実務書  資格試験対策 
法律書・六法 品切一覧   新判例マニュアルに戻る

新判例マニュアル 民法 II
目次・執筆者

執筆者

◇序――判例を学ぶ意味[民法の場合]川井  健

 

◆第1章 物権総則

I 物権法定主義

01 慣習上の物権[鷹の湯事件]●大判昭15・9・18民集19巻1611頁

II 物権的請求権

02 物権的請求権と消滅時効●大判大5・6・23民録22輯1161頁
03 敷地不法占拠と家屋収去請求の相手方●最判昭35・6・17民集14巻8号1396頁
04 建物収去請求の相手方と登記名義の所在●最判平6・2・8民集48巻2号373頁
05 物権的請求権の行使と費用負担●大判昭5・10・31民集9巻1009頁

III 物権変動1般

06 所有権の移転時期●最判昭33・6・20民集12巻10号585頁

IV 不動産の物権変動

07 民法177条における物権変動の範囲●大連判明41・12・15民録14輯1301頁
08 取消と登記●大判昭17・9・30民集21巻911頁
09 解除と登記●最判昭35・11・29民集14巻13号2869頁
10 取得時効と登記●最判昭46・11・5民集25巻8号1087頁
11 共同相続と登記●最判昭38・2・22民集17巻1号235頁
12 遺贈と登記●最判昭39・3・6民集18巻3号437頁
13 遺産分割と登記●最判昭46・1・26民集25巻1号90頁
14 相続放棄と登記●最判昭42・1・20民集21巻1号16頁
15 賃料請求と登記●最判昭49・3・19民集28巻2号325頁
16 民法177条の「第3者」の範囲[第3者制限説判決]●大連判明41・12・15民録14輯1276頁
17 民法177条の「第3者」――背信的悪意者●最判昭43・8・2民集22巻8号1571頁
18 背信的悪意者からの転得●最判平8・10・29民集50巻9号2506頁
19 権利者の意思によらないで抹消された登記の効力●最判昭36・6・16民集15巻6号1592頁
20 中間省略登記の効力●大判大5・9・12民録22輯1702頁
21 中間省略登記の抹消請求●最判昭35・4・21民集14巻6号946頁
22 中間省略登記請求権●最判昭40・9・21民集19巻6号1560頁
23 仮登記後の本登記の効力●最判昭36・6・29民集15巻6号1764頁

V 動産の物権変動

24 民法178条の「第3者」――受寄者●最判昭29・8・31民集8巻8号1567頁
25 登録済自動車の即時取得●最判昭62・4・24判時1243号24頁
26 強制競売と即時取得●最判昭42・5・30民集21巻4号1011頁
27 占有改定と即時取得●最判昭35・2・11民集14巻2号168頁
28 指図による占有移転と動産の即時取得●最判昭57・9・7民集36巻8号1527頁

VI 明認方法

29 立木所有権取得の対抗要件としての明認方法[源兵衛山林墨書事件]●大判大10・4・14民録27輯732頁
30 売却土地上の立木の対抗要件●最判昭34・8・7民集13巻10号1223頁
31 植栽した立木所有権と土地譲受人への対抗●最判昭35・3・1民集14巻3号307頁
 

◆第2章 占有権

32 所有の意思の推定の及ぶ範囲●最判平8・11・12民集50巻10号1頁
33 法人による占有●最判昭32・2・15民集11巻2号270頁
34 民法185条の「新権原」と相続●最判昭46・11・30民集25巻8号1437頁
35 占有承継における承継人の善意・無過失●最判昭53・3・6民集32巻2号135頁
36 相続と民法187条1項の承継人●最判昭37・5・18民集16巻5号1073頁
37 交互侵奪と占有訴権[小丸船事件]●大判大13・5・22民集3巻224頁
38 占有の訴えと本権に基づく反訴●最判昭40・3・4民集19巻2号197頁
 

◆第3章 所有権

39 分割譲渡と囲繞地通行権●最判平2・11・20民集44巻8号1037頁
40 不動産の附合(1)――建物賃借人による増改築の場合●最判昭44・7・25民集23巻8号1627頁
41 不動産の附合(2)――種苗の場合●大判大10・6・1民録27輯1032頁
42 建物の合体と抵当権●最判平6・1・25民集48巻1号18頁
43 建築途中の物件への第3者の追加工事――附合か加工か●最判昭54・1・25民集33巻1号26頁
44 持分権に基づく共有物妨害排除請求●最判昭31・5・10民集10巻5号487頁
45 1部の共有者から使用を承認された第3者に対する明渡請求●最判昭63・5・20裁判集民154号71頁
46 共有物分割の方法(1)――1般論[森林法186条違憲訴訟]●最大判昭62・4・22民集41巻3号408頁
47 共有物分割の方法(2)――全面的価格賠償●最判平8・10・31民集50巻9号2563頁
 

◆第4章 地役権

48 地役権の時効取得●最判昭30・12・26民集9巻14号2097頁
49 未登記通行地役権の承役地譲受人に対する効力●最判平10・2・13民集52巻1号65頁
 

◆第5章 入会権

50 国有地上の入会権●最判昭48・3・13民集27巻2号271頁
51 分け地の慣行と入会権●最判昭40・5・20民集19巻4号822頁
 

◆第6章 留置権

52 売買目的物の転売と留置権●最判昭47・11・16民集26巻9号1619頁
53 債権と物との牽連性(1)――造作買取請求の場合●最判昭29・1・14民集8巻1号16頁
54 債権と物との牽連性(2)――債務不履行による損害賠償請求権の場合●最判昭43・11・21民集22巻12号2765頁
55 無権原占有者と民法295条2項●最判昭46・7・16民集25巻5号749頁
56 留置物の継続使用●最判昭30・3・4民集9巻3号229頁
 

◆第7章 先取特権

57 債務者の破産と物上代位の可否●最判昭59・2・2民集38巻3号431頁
58 他の債権者による差押えと物上代位の可否●最判昭60・7・19民集39巻5号1326頁
59 民法306条2号・308条の「雇人」●最判昭47・9・7民集26巻7号1314頁
60 集合動産譲渡担保と動産売買先取特権●最判昭62・11・10民集41巻8号1559頁
 

◆第8章 質権

61 質権設定後の質物返還●大判大5・12・25民録22輯2509頁
62 指名債権質権の設定と対抗要件●最判昭58・6・30民集37巻5号835頁
63 質入れされた債権の拘束●大判大5・9・5民録22輯1670頁
 

◆第9章 抵当権

I 抵当権の設定

64 無効な抵当権登記の流用[抵当権登記流用事件]●大判昭11・1・14民集15巻2号89頁
65 無効貸付による金銭交付と抵当権の効力●最判昭44・7・4民集23巻8号1347頁

II 抵当権の効力の及ぶ目的物の範囲

66 抵当不動産から分離した物と抵当権の効力●大判大5・5・31民録22輯1083頁
67 土地の従物と抵当権の効力●最判昭44・3・28民集23巻3号699頁
68 建物の従物と抵当権の効力●最判平2・4・19判時1354号80頁
69 建物抵当権と敷地利用権[借地上建物競落事件]●最判昭40・5・4民集19巻4号811頁

III 物上代位

70 賃料債権への物上代位●最判平1・10・27民集43巻9号1070頁
71 賃料債権の包括的譲渡と物上代位●最判平10・1・30民集52巻1号1頁

IV 法定地上権

72 更地への抵当権設定後の建物築造と法定地上権●大判大4・7・1民録21輯1313頁
73 建物再築と法定地上権(1)――土地単独抵当の場合●最判昭52・10・11民集31巻6号785頁
74 建物再築と法定地上権(2)――共同抵当の場合●最判平9・2・14民集51巻2号375頁
75 土地・建物の同1人への帰属と法定地上権●最判昭44・2・14民集23巻2号357頁
76 土地共有と法定地上権●最判昭29・12・23民集8巻12号2235頁
77 建物共有と法定地上権●最判昭46・12・21民集25巻9号1610頁
78 土地・建物双方共有と法定地上権●最判平6・4・7民集48巻3号889頁

V 短期賃貸借

79 民法602条の期間を超える賃借権と短期賃貸借●最判昭36・6・23民集15巻6号1680頁
80 期間の定めのない建物賃貸借と短期賃貸借●最判昭43・9・27民集22巻9号2074頁
81 併用賃貸借●最判平1・6・5民集43巻6号355頁
82 詐害的短期賃貸借解除の要件●最判平8・9・13民集50巻8号2374頁

VI 滌除

83 譲渡担保権者の滌除権●最判平7・11・10民集49巻9号2953頁
84 共有者の滌除権●最判平9・6・5民集51巻5号2096頁

VII 抵当権の侵害

85 抵当権の侵害に基づく損害賠償請求の時期●大判昭7・5・27民集11巻1289頁
86 抵当権侵害行為の停止請求●最判昭57・3・12民集36巻3号349頁
87 抵当権侵害に基づく代位権行使●最大判平11・11・24判例集未掲載

VIII 抵当権の処分

88 転抵当における原抵当権者の競売権●大決昭7・8・29民集11巻1729頁

IX 抵当権の消滅

89 抵当不動産の第3取得者の時効取得●大判昭15・11・26民集19巻2100頁

X 共同抵当

90 共同抵当権への1部弁済と代位権●最判昭60・5・23民集39巻4号940頁
91 共同抵当権の1部放棄と後順位抵当権の権利●最判昭44・7・3民集23巻8号1297頁
92 後順位抵当権者の代位(1)――債務者所有不動産競売の場合●最判昭44・7・3民集23巻8号1297頁
93 後順位抵当権者の代位(2)――物上保証人所有不動産先行競売の場合●最判昭53・7・4民集32巻5号785頁

XI 根抵当権

94 根抵当権の被担保債権の範囲●最判平5・1・19民集47巻1号41頁
 

◆第10章 譲渡担保

95 動産譲渡担保設定の対抗要件●最判昭30・6・2民集9巻7号855頁
96 譲渡担保の被担保債権の範囲●最判昭61・7・15判時1209号23頁
97 譲渡担保権者の清算義務●最判昭46・3・25民集25巻2号208頁
98 譲渡担保権者による処分(1)――実行前の処分●最判昭34・9・3民集13巻11号1357頁
99 譲渡担保権者による処分(2)――被担保債権弁済後の処分●最判昭62・11・12判時1261号71頁
100 譲渡担保設定者の1般債権者と譲渡担保権者●最判昭56・12・17民集35巻9号1328頁
101 譲渡担保設定者の会社更生と譲渡担保権者●最判昭41・4・28民集20巻4号900頁
102 受戻権の消滅時効●最判昭57・1・22民集36巻1号92頁
103 集合物譲渡担保の有効要件●最判昭54・2・15民集33巻1号51頁
 

◆第11章 仮登記担保

104 仮登記担保の実行(1)――仮登記担保法5条1項通知の懈怠●最判昭61・4・11民集40巻3号584頁
105 仮登記担保の実行(2)――競売優先の原則●最判平3・4・19民集45巻4号456頁
 

◆第12章 所有権留保

106 自動車販売における転売授権●最判昭50・2・28民集29巻2号193頁
107 買主の1般債権者による差押え●最判昭49・7・18民集28巻5号743頁
  

判例索引/245
事項索引/251


執筆者

【編集】川井健・帝京大学、鎌田薫・早稲田大学、山野目章夫・早稲田大学

今尾 真 明治学院大学
占部洋之 大阪学院大学
岡田康夫 東北学院大学
鎌田 薫 早稲田大学
鎌野邦樹 千葉大学
澤野和博 名古屋経済大学
柴原宏昭 早稲田大学大学院
関 武志 新潟大学
田高寛貴 専修大学
花房博文 杏林大学
舟橋秀明 早稲田大学大学院
山田創1 山梨学院大学
良永和隆 専修大学

このページのトップへ

トップページへのアイコン




Copyright (C) 2006 by SANSEIDO Co., Ltd. Tokyo Japan