ことばは人を育て、未来をきりひらく知の源です。三省堂はことばをみつめて135年 サイトマップお問い合わせプライバシーポリシー
三省堂 SANSEIDOトップページ 三省堂WebShop辞書総合サイト Wrod-Wise Web教科書総合サイト ことばと教科
辞書教科書電子出版六法・法律書一般書参考書教材オンラインサービス
書名検索漢字かな著者名検索漢字かな詳細検索
新刊・近刊案内
メディアでの紹介
本の注文
書店様専用
大学向けテキスト
卒業記念
名入れ辞書
品切れのご案内
「ぶっくれっと」アーカイブ
会社案内
採用情報
謹告
三省堂印刷
三省堂書店へ
三省堂書店はこちら
声に出して読めない日本語。
「ほぼ日刊イトイ新聞」
(『大辞林』タイアップ・サイト)
  日本一読みやすい 会社六法 関連政省令付き条文集

法律書ジャンル別案内


日本一読みやすい 会社六法  関連政省令付き条文集

浜田道代 監修

2,400円 A5判 656頁 978-4-385-15952-2

条文が複雑な「会社法」を、画期的に読みやすくレイアウトした会社法関連法令集。カッコ書き部分に色アミをかけることで、文章構造が一目瞭然に。さらに、「引用条文要旨」を注記することで、孫引きの面倒を省いた。会社法・会社法整備法・会社法施行令・会社法施行規則・会社計算規則・電子公告規則を収録。2色刷。

2017年4月14日 販売会社搬入

  はしがき   目 次   監修者紹介
  本文見本ページ




はしがき

「会社法」の条文は、読みにくい。

21世紀の初頭、「商法第2編 会社」は毎年のように改正された。谷間に建てられた旧式の木造旅館が、改築や増築を重ね、別館も建てて、旺盛な需要に応えたようなものである。廊下は迷路のようになり、慣れない者は思わぬ段差につまづく。そこで、2005年に、会社法制の全面的な建替えが行われた。編・章・節・款などが、現代風の全体設計に沿って合理的に配置され、使い勝手が良くなった。条文も、ひらがな口語文ですっきり表現されており、日本語として読みにくいわけでは決してない。

それにもかかわらず、「会社法」の条文は分量が多いうえに、読みにくい。理由の一。条文中に引用条文が多く登場する。引用元を探して読んでいるうちに、当初は何を調べていたのかさえ忘れてしまう。理由の二。括弧書きが多い。長々しい括弧書きの中にさらに括弧書きがあったりすると、本文がどこへ続くのかさえ分からなくなってしまう。

「会社法」の基調は、規制緩和である。規制緩和は、規制を増やす。自由な空間を広げても弊害が生じないようにするには、複雑で精緻で膨大な規制が必要になる。「会社法」条文の分量の多さと読みにくさは、読み手が耐えるほかない。

しかし、「会社法」を読みやすくするために、何らかのお手伝いはできるのではないか。これが、デイリー六法の編修委員を長年務めている私の思いである。

デイリー六法の「会社法」では、条文中の引用条文全ての要旨を、〔  〕(亀甲括弧書き)で表記している。この工夫は、全て本書に活かされている。

括弧書きの読みにくさは、括弧書き部分をマーカーで塗りつぶせば半減するということを、関俊彦東北大学名誉教授がデイリー六法の編修会議でつとに指摘されていた。本書は、会社法のみを切り出して2色刷に踏み切ることで、括弧書き部分にマーカーの代わりとなる「地アミかけ」ができた。引用条文要旨の色刷りも可能となった。

本書は、大判化と横組みにも踏み切った。その読みやすさを実感されたい。

このように本書は、会社法制のみを切り出して出版することで、格段の読みやすさを実現できた。もっとも、デイリー六法に盛り込んだ「定義条文」の工夫は、今回は取り入れることができなかった。「会社法」のある条文中のある用語が、他の条文で定義されているか否かの判別については、引き続き、デイリー六法中の「会社法」を参照されたい。

この「日本一読みやすい会社六法」が多くの方々に利用されることを期待している。

浜田 道代


目  次

@ 会社法[参照条文・引用条文要旨つき]

A 会社法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律[引用条文要旨つき]

B 会社法施行令

C 会社法施行規則

D 会社計算規則

E 電子公告規則


監修者紹介

浜田 道代(はまだ みちよ)

1972年 名古屋大学大学院法学研究科(修士課程)修了
1986年 ハーバードロースクール法学修士(LL.M)取得
1972年〜 名古屋大学 法学部助手、助教授を経て、法学部教授
1999年 名古屋大学大学院法学研究科教授
2008年 名古屋大学法科大学院長
2009年 公正取引委員会委員(2014年まで)
     名古屋大学名誉教授

<代表著作物等>

「株式会社という仕組みは、どこから来て、どこへ行くのか」山形大学法制論叢66・67合併号(2017年)
「日本の競争法政策の制度構造と変遷〔上〕〔下〕」商事法務2053号・2054号(2014年)
「新会社法の下における基準日の運用問題〔上〕〔下〕」商事法務1772号・1773号(2006年)
『日本会社法の歴史的展開(北澤正啓古稀祝賀論文集)』編著(商事法務研究会、1999年)
『アメリカ閉領会社法』商事法務研究会(1974年)

デイリー六法の創刊時(1991年)から、会社法・商法担当の編修委員を務めてきている。



本文見本ページ

*PDFファイルです




このページのトップへ