ことばは人を育て、未来をきりひらく知の源です。三省堂はことばをみつめて135年 サイトマップお問い合わせプライバシーポリシー
三省堂 SANSEIDOトップページ 三省堂WebShop辞書総合サイト Wrod-Wise Web教科書総合サイト ことばと教科
辞書教科書電子出版六法・法律書一般書参考書教材オンラインサービス
書名検索漢字かな著者名検索漢字かな詳細検索
新刊・近刊案内
メディアでの紹介
本の注文
書店様専用
大学向けテキスト
卒業記念
名入れ辞書
品切れのご案内
「ぶっくれっと」アーカイブ
会社案内
採用情報
謹告
三省堂印刷
三省堂書店へ
三省堂書店はこちら
声に出して読めない日本語。
「ほぼ日刊イトイ新聞」
(『大辞林』タイアップ・サイト)
  やさしく読み解く 裁判員のための法廷用語ハンドブック

法律書ジャンル別案内


やさしく読み解く 裁判員のための法廷用語ハンドブック 日本弁護士連合会裁判員制度実施本部  (品切)
 法廷用語の日常語化に関するプロジェクトチーム 編

1,200円 B6変型判 160頁 978-4-385-36369-1

09年春から裁判員制度がスタート。難解な刑事裁判用語を日常語で読み 解き、具体的な使用例とくわしい解説を収めた、イラストつきでよくわかる法廷用語集。日弁連PT最終報告書の市民向け大幅改訂版。

2008年5月15日 発行

読者のみなさまへ 目 次 編者紹介



読者のみなさまへ

 2009年5月までに、裁判員裁判がスタートします。市民6人が裁判官と一緒に、刑事裁判が行われる法廷正面の法壇に並びます。

 国民は、国の主人公として立法や行政に「選挙」を通じて参加していますが、ようやく、80か国以上の世界の国々と肩を並べた、司法における市民参加が実現します。

 この新しい制度のスタートをひかえて、市民の方々から「法廷用語は難しくてわからない」という不安の声を耳にします。これまで裁判官・検察官・弁護士は、専門用語を使って刑事裁判を行っていました。それは、ふつうの人々にはまるで外国語の会話のように聞こえたことでしょう。

 裁判員裁判では、市民の参加により、さまざまな経験や常識が裁判に反映され、刑事裁判の質が高まると期待されています。法律の知識や裁判の経験のない方にこそ、参加してもらう意義があります。存分に役割を果たしていただくために、わかりやすい日常の言葉で話し、理解しやすい法廷を実現するのは、法律家の役割です。

 日本弁護士連合会の「法廷用語の日常語化に関するプロジェクトチーム」は、3年半の検討を経て、2007年12月に61語の検討結果を報告書としてまとめました(『裁判員時代の法廷用語−法廷用語の日常語化に関するPT最終報告書』2008年4月、三省堂より刊行)。わかりやすい表現のモデルを示し、各言葉の問題点を分析して、法律家に参考にしてもらうためです。検討メンバーにはアナウンサーやテレビ報道局解説委員、国語学者など日常用語の専門家を迎え、言葉のプロはわかりやすさを、法律家は正確さを求めて意見を出し合い、議論を重ねました。

 こうしてできあがった報告書は、法律を知らない方にも、わかりやすく理解していただけるものになりました。

 もちろん裁判員は、法律を学んで法廷に臨む必要はありません。しかし、もし多少の予備知識があれば、裁判員になることへの不安が小さくなり、裁判の内容もより理解しやすくなるでしょう。刑事裁判に対する社会的な関心も広がっている昨今、報道される刑事事件をきちんと理解したいと考える方も増えています。このような方たちのために、報告書にさらに手を加えて、このハンドブックを作りました。

 さあ、法廷の入り口にお立ちください。この本が、刑事裁判の世界にみなさんをご案内します。

  2008年3月

日本弁護士連合会 裁判員制度実施本部
法廷用語の日常語化に関するプロジェクトチーム 座長

酒井 幸(弁護士)

  

目   次

    • 読者のみなさまへ
    • 本書の使い方
  • 裁判員制度と刑事裁判の大原則
    • 裁判員制度とは何ですか?   2
    • 裁判員が参加する裁判はどのように進みますか?   8
    • 刑事裁判の大原則とは何ですか?   17
  • やさしく読み解く法廷用語 
    1. 冒頭手続
      • 01 公判期日 こうはんきじつ   22
      • 02 起訴・起訴状・公訴事実 きそ・きそじょう・こうそじじつ〉   24
      • 03 黙秘権 もくひけん   26
    2. 証拠調べ手続
      • 04 冒頭陳述 ぼうとうちんじゅつ   30
      • 05 証拠 しょうこ   32
      • 06 実況見分・実況見分調書 じっきょうけんぶん・じっきょうけんぶんちょうしょ   35
      • 07 検証・検証調書 けんしょう・けんしょうちょうしょ   37
      • 08 検察官調書(検面調書) けんさつかんちょうしょ(けんめんちょうしょ)   39
      • 09 特信情況(特信性) とくしんじょうきょう(とくしんせい)   42
      • 10 員面調書 いんめんちょうしょ   46
      • 11 証拠能力 しょうこのうりょく   48
      • 12 違法収集証拠・違法収集証拠排除の法則
           いほうしゅうしゅうしょうこ・いほうしゅうしゅうしょうこはいじょのほうそく   51
      • 13 自白・自白の任意性 じはく・じはくのにんいせい   53
      • 14 伝聞法則・伝聞証拠・伝聞供述
           でんぶんほうそく・でんぶんしょうこ・でんぶんきょうじゅつ   56
      • 15 弾劾証拠 だんがいしょうこ   60
      • 16 合意書面 ごういしょめん   62
    3. 論告・求刑・弁論
      • 17 論告・求刑・弁論 ろんこく・きゅうけい・べんろん   66
    4. 評 議
      • 18 合理的な疑問(合理的な疑い)
           ごうりてきなぎもん(ごうりてきなうたがい)   70
      • 19 刑の量定(量刑) けいのりょうてい(りょうけい)   74
      • 20 刑の減軽 けいのげんけい   77
      • 21 情状・情状酌量 じょうじょう・じょうじょうしゃくりょう   81
      • 22 勾留・未決勾留日数の算入
      • こうりゅう・みけつこうりゅうにっすうのさんにゅう   84
      • 23 累犯 るいはん   87
      • 24 前科・前歴 ぜんか・ぜんれき   89
    5. 共 犯
      • マンガ 共犯ストーリー   94
      • 25 共同正犯・共謀共同正犯 きょうどうせいはん・きょうぼうきょうどうせいはん   98
      • 26 教唆犯 きょうさはん   101
      • 27 従犯(幇助犯) じゅうはん(ほうじょはん)   104
    6. 犯罪の成立にかかわる用語
      • 28 故意・確定的故意(殺意)・未必の故意(殺意)・認識ある過失
           こい・かくていてきこい(さつい)・みひつのこい(さつい)・にんしきあるかしつ   108
      • 29 正当防衛・過剰防衛 せいとうぼうえい・かじょうぼうえい   112
      • 30 緊急避難・過剰避難 きんきゅうひなん・かじょうひなん   115
      • 31 責任能力 せきにんのうりょく   120
      • 32 心神喪失・心神耗弱 しんしんそうしつ・しんしんこうじゃく   123
      • 33 既遂・未遂・中止未遂(中止犯) きすい・みすい・ちゅうしみすい(ちゅうしはん)   126
    7. 裁判員裁判が行われる犯罪にかかわる用語
      • ●放火罪
      • 34 現住建造物・非現住建造物
           げんじゅうけんぞうぶつ・ひげんじゅうけんぞうぶつ   132
      • 35 焼損 しょうそん   135
      • ●略取・誘拐罪
      • 36 略取・誘拐 りゃくしゅ・ゆうかい   137
      • ●強盗罪
      • 37 反抗を抑圧する はんこうをよくあつする   139
    • 教えて!  裁判員 (1) 裁判員の辞退   28
    • 教えて!  裁判員 (2) 意見が一致しない場合   64
    • 教えて!  裁判員 (3) 裁判員法の罰則規定   92
    • 教えて!  裁判員 (4) 「悪い人」をなぜ弁護するのか   106
  • 事項索引  142

編者紹介

日本弁護士連合会 裁判員制度実施本部
 法廷用語の日常語化に関するプロジェクトチーム

【座長】

酒井  幸 (東京弁護士会)

【副座長】

幸田 儔朗 ((財)NHK放送研修センター 日本語センター部長・エグゼクティブアナウンサー)

【外部学識委員】(50音順)

大河原 眞美 (高崎経済大学教授・地域政策学部長、法言語学)

後藤  昭 (一橋大学大学院法学研究科教授、刑事法)

杉戸 清樹 (国立国語研究所所長)

田中 牧郎 (国立国語研究所研究開発部門言語問題グループ長)

藤田 政博 (政策研究大学院大学助教授、社会心理学)

箕輪 幸人 (フジテレビ報道局解説委員)

【弁護士委員】(50音順)

荒木 理江 (東京弁護士会)

池永 知樹 (埼玉弁護士会)

鍜治 伸明 (埼玉弁護士会)

四宮  啓 (第二東京弁護士会)

高野  隆 (第二東京弁護士会)

西村  健 (大阪弁護士会)


このページのトップへ