ことばは人を育て、未来をきりひらく知の源です。三省堂はことばをみつめて135年 サイトマップお問い合わせプライバシーポリシー
三省堂 SANSEIDOトップページ 三省堂WebShop辞書総合サイト Wrod-Wise Web教科書総合サイト ことばと教科
辞書教科書電子出版六法・法律書一般書参考書教材オンラインサービス
書名検索漢字かな著者名検索漢字かな詳細検索
新刊・近刊案内
メディアでの紹介
本の注文
書店様専用
大学向けテキスト
卒業記念
名入れ辞書
品切れのご案内
「ぶっくれっと」アーカイブ
会社案内
採用情報
謹告
三省堂印刷
三省堂書店へ
三省堂書店はこちら
声に出して読めない日本語。
「ほぼ日刊イトイ新聞」
(『大辞林』タイアップ・サイト)
  裁判員時代の法廷用語 法廷用語の日常語化に関するPT最終報告書

法律書ジャンル別案内


裁判員時代の法廷用語 法廷用語の日常語化に関するPT最終報告書

後藤 昭 監修  (品切)
日本弁護士連合会裁判員制度実施本部
 法廷用語の日常語化に関するプロジェクトチーム 編

2,000円 A5判 224頁 978-4-385-36367-7

法律家は裁判員にどう語りかけるのか? 裁判員制度のスタートにあたって、法廷で使われる専門用語を一般市民にも理解できるような「日常語」に置き換えるための、弁護士と言語学者・アナウンサー等の有識者で構成された日弁連PTによる最終報告書。裁判員裁判にかかわるすべての法律家に必携の書!

2008年4月20日 発行
はじめに 目 次 編者紹介


はじめに

裁判員裁判のための本プロジェクトの意義

 2009年5月までに、裁判員の参加する刑事裁判が始まります。一般の市民が裁判員として、法律専門家である裁判官とともに、一定の刑事事件について、有罪・無罪と有罪の場合の量刑を判断します。

 裁判員の参加する刑事裁判に関する法律(以下「裁判員法」)は、裁判員候補者を無作為に選出することとしています(同法13条、20条以下)。その任務は、担当事件の公判廷における審理にすべて参加し、判決言渡しによって終了するものとしました(同法48条1号)。このことは、刑事裁判を、法律の知識も裁判の経験もない一般市民が担えるものとして構想、設計したことを意味します。しかし裁判員は、裁判官になるのではありません。また、裁判官が正解を持ち、市民がその正解に到達することを求められてそこに座るわけでもありません。

 裁判員への期待は、むしろ法律の知識と裁判の経験を持っていない点にあります。裁判員制度は、法に基づく事実認定、法の適用、量刑判断に、彼らの判断が必要であるとの前提に立っています。だから裁判員法は、「裁判官、検察官及び弁護人は、裁判員の負担が過重なものとならないようにしつつ、裁判員がその職責を十分に果たすことができるよう、審理を迅速で分かりやすいものとすることに努めなければならない」(同法51条)、「裁判長は……裁判員に対して必要な法令に関する説明を丁寧に行うとともに、評議を裁判員に分かりやすいものとなるように整理し、裁判員が発言する機会を十分に設けるなど、裁判員がその職責を十分に果たすことができるように配慮しなければならない」(同法66条5項)と規定しています。裁判員が主体的、実質的にその職責を果たせなければ、裁判員制度の意味は失われてしまうからです。

 裁判員が十分にその法律上の職責を果たせるためには、充実した審理が分かりやすく行われる必要があります。これまでの日本の法廷は、法律専門家が法律専門家を説得する場でした。否、説得する書面を提出する場であったと言っても過言ではないでしょう。しかし裁判員制度では、説得の対象は法律の知識や裁判の経験を持たない市民であり、また説得の場は法廷以外にはありません。法廷で用いられる言葉の重要性が議論される理由です。裁判員裁判の法廷に立つ法律専門家は、多様な経験を持つ一人一人の裁判員に理解してもらえる言葉で話し、コミュニケーションをとり、裁判官・検察官・弁護人としての職責を果たさなければなりません。弁護士には、依頼者に対する説明の場や市民向けの法律問題講演会など、法律や裁判手続を分かりやすく話す機会はこれまでにもありましたが、市民とともに刑事裁判手続を行うのは、未知の世界です。

 2004年6月に設置された日本弁護士連合会・裁判員制度実施本部は、活動の開始と同時に「法廷用語の日常語化に関するプロジェクトチーム」(以下「本PT」)を立ち上げ、この新しい世界への取組みを開始しました。

検討はどのように行われたか

 本PTにおける法廷用語の検討は、市民の法律用語に対する認識の調査から出発し、国語学者、法言語学者、アナウンサー、テレビ報道局解説委員、社会心理学者など言語の専門家である有識者委員と、刑事法学者、弁護士という法律家委員が、分かりやすくかつ正確な法廷用語はいかにあるべきかを繰り返し議論してきました。それは、単なる言葉の言い換えではなく、裁判員が、法律専門家としての裁判官とは別の判断主体として、実質的にその権利を行使し責務を果たしうるために、コミュニケーション・ツールとしての「言葉」はいかにあるべきかを探ろうとしたものです。

 本PTは、検討開始後1年間の結果を、2005年11月に中間報告書として公表し、広く意見を募りました。その後寄せられた意見も踏まえ、2007年12月まで延べ37回の会合を重ねた結果をまとめたものが、本報告書です。

 各用語の検討は、次のように行われました。

 事前に、有識者委員が、用語そのものから受ける理解を前提に「たたき台」を作成しました。検討は冒頭に、弁護士委員が検討用語のレジメを準備し、有識者委員に向けて法律的解説を行うことから始めました。その上で、前述のたたき台を元にしながら、議論に入りました。この方法によると、用語そのものが一般に与える印象や理解がどのようなものであるかが分かり、それが、「定義」としてその用語に込めている専門家の世界における特殊な意味合いとどのようにずれているかがよく分かります。また、国語辞典や法律用語辞典などの用語解説を一覧表にし、その過不足を考える検討資料として参考にしました。

 検討のベクトルは、「非専門家を専門家の理解に引き寄せる」のではなく、「専門家が非専門家に近づいていく」方向です。法律専門家も、当然のことながら「非専門家」であった時代がありました。法律学者委員や弁護士委員にとっては、過去の自分にさかのぼり、立ち帰る作業でもありました。また専門用語とはいえ、日常的に使われている言葉も多くあります。やっかいなのは、日常語に専門語としての特別な意味合いを持たせて、法律家内部の「了解」ができあがっている言葉でした。長年使い慣れている専門家は、日常語との「違い」に気づきにくいです。そういう意味で、法律用語の日常語化の作業は、法律専門家のみの内部検討では限界があります。言語に関して一般市民の視点に立つ有識者を委員に迎えたことが、本PTの最大の意義であったことを強調したいと思います。各語の説明案は、できたものを読めば何ということはないと思われるものもあるでしょうが、法律用語としての定義からはずれず、正確性を求めながら、議論を重ねた末に至った結論のものも多くあります。

 

本報告書の構成  ― 裁判員裁判の流れに添って

 中間報告は、手探りで行った前半の検討用語の大まかなまとめでしたが、この最終報告は、中間報告の用語も含めて、全体を再構成しました。各用語の説明は、まず冒頭に簡易な「説明」を置いています。これが本PTにおけるコンパクトな検討結果です。次に「使用例」として、裁判のどのような場面で登場する言葉であるか、どのような使い方をされるかを示しました。3番目に「裁判員のための解説」として、できるだけ分かりやすい言葉で、裁判員に必要と思われる法律解説をしています。最後に「法律家のための解説」として、本PTにおける議論の中で出された問題点を主に、法律家が、何に、なぜ、どのような注意を払ってその用語を使ったり、言い換えたり、説明する必要があるのかをまとめました。これらを参考にして、法律家一人一人が、自らの言葉で臨機応変に、市民に分かりやすい言葉を紡ぎ出していただきたいと思います。

 もとより、裁判員に選ばれた人は法律を学んで法廷に臨む必要はありません。この報告書は、そういう意味で、裁判員になる方々にあらかじめ勉強していただくことを目的とするものではありません。第1の「刑事裁判の基礎知識」も、第2の用語の検討結果における「裁判員のための解説」も、法律専門家がかみ砕いて詳細に説明するための参考にしてもらいたいという趣旨であり、この報告書は第一に、法律家が市民に近づいてもらうためのものです。

 他方で、刑事裁判や裁判員制度に対する関心は、大きく高まりつつあります。裁判所では法廷傍聴者が増え、傍聴席の多くが埋まるようになりました。事件関係者が数人傍聴席に座るのみであった頃を考えると、隔世の感があります。裁判員制度がスタートする前から、既に市民は、裁判を他人事とせず、自らかかわるものとしての意識が高まっています。テレビでは、弁護士もの、法廷もののドラマが途切れることがなく、主役も弁護士から検察官、そして裁判官へと広がりを見せています。このような中で、法律に関心を持ち、少し学んでみたいと考える市民も生まれてきています。この報告書は、そのような関心にも応えることができるものと考えています。

 本報告書の構成は、「第1 刑事裁判の基礎知識」で刑事裁判の原則、裁判員が臨む法廷の構造、刑事裁判手続の流れを簡単にまとめて刑事裁判の基本的な枠組みを紹介し、「第2 用語の検討結果」は、おおむね裁判と評議の進行に従ってまとめました。

 

 本PTの活動は、おそらくわが国では初めての試みでしょう。検討結果にはなお不十分なものもあると思われます。しかし、このような試みなしに、裁判員と法廷でコミュニケーションをとることは不可能であることは疑いないでしょう。

 法廷における言葉――それは、刑事裁判の担い手として裁判員が参加するこの新しい制度に生命を与えるものです。そしてそのことは、「統治主体・権利主体としての国民が、司法の運営に主体的・有意的に参加し(中略)法曹との豊かなコミュニケーションの場を形成・維持するように努め、国民のための司法を国民自らが実現し支えなければならない」として裁判員制度を提言した、司法制度改革の理念が求めるものでもあります。このような生命が与えられて初めて、国民は自らの判断に信頼を置くことができるでしょう。そしてそれは、国民の主体性・自律性の確保に貢献すべきプロフェッションとしての、法律家の責務でもあります。

 この報告書が、裁判員裁判に関わる市民と法律家への刺激の一つとなって、より分かりやすく正確な法廷用語を紡ぎ出す契機になることが本PTの願いです。

 

  2007年12月19日

日本弁護士連合会・裁判員制度実施本部
法廷用語の日常語化に関するプロジェクトチーム

座長   酒井 幸


目   次

  • はじめに  1
    • 日本弁護士連合会 裁判員制度実施本部
       法廷用語の日常語化に関するプロジェクトチーム名簿  10
  • 参考文献     11
  • 会議開催日程 12
  • 第1 刑事裁判の基礎知識
    1. 刑事裁判の原則     14
    2. 法廷の登場人物     15
    3. 刑事裁判手続の流れ 18
  • 第2 用語の検討結果
    • 1)冒頭手続     20
      1. 公判期日     20
      2. 起訴・起訴状・公訴事実     22
      3. 黙秘権     25
    • 2)証拠調べ手続     28
      1. 冒頭陳述     28
      2. 証拠     29
      3. 実況見分・実況見分調書     31
      4. 検証・検証調書     33
      5. 検察官調書(検面調書)     35
      6. 特信情況(特信性)     38
      7. 員面調書     41
      8. 証拠能力     43
      9. 違法収集証拠・違法収集証拠排除の法則     45
      10. 自白・自白の任意性     47
      11. 伝聞法則・伝聞証拠・伝聞供述     50
      12. 弾劾証拠     54
      13. 合意書面     56
    • 3)論告・求刑・弁論     58
      1. 論告・求刑・弁論     58
    • 4)評議     61
      1. 合理的な疑問(合理的な疑い)     61
      2. 刑の量定(量刑)     67
      3. 刑の減軽     69
      4. 情状・情状酌量     72
      5. 勾留・未決勾留日数の算入     74
      6. 累犯     76
      7. 前科・前歴     78
    • 5)共犯     81
      1. 共犯ストーリー     81
      2.  共同正犯・共謀共同正犯     83
      3.  教唆犯     86
      4.  従犯(幇助犯)     88
    • 6)犯罪の成立にかかわる用語     90
      1. 故意・確定的故意(殺意)・未必の故意(殺意)・認識ある過失     90
      2. 正当防衛・過剰防衛     93
      3. 緊急避難・過剰避難     98
      4. 責任能力     102
      5. 心神喪失・心神耗弱     105
      6. 既遂・未遂・中止未遂(中止犯)     108
    • 7)裁判員裁判が行われる犯罪     111
      • ・放火罪に関連する用語
        1. 現住建造物・非現住建造物     111
        2. 焼損     113
      • ・略取・誘拐罪に関連する用語
        1. 略取・誘拐     115
      • ・強盗罪に関連する用語
        1. 反抗を抑圧する     117
  • 資料編
    1. 法廷用語に関する面接調査
      1. ―市民の語彙と既知感を知る手がかりとして     122
      2. はじめに     122
      3. 方 法        122
        • (1)用語の選択  122
        • (2)面接の実施  124
        • (3)弁護士による用語重要度の評定  125
      4. 結 果        125
        • (1)面接対象者   125
        • (2)質問紙の結果  126
        • (3)面接の結果   133
      5. まとめと考察     134
        • (1)裁判員裁判における、法廷用語の日常語化のために  134
        • (2)要因の検討の必要性  135
        • (3)法教育に関する意義  136
        • (4)今回の調査の制約について  136
        • (5)今後の課題  137
    2. 法廷用語に関する面接調査〈追加報告書〉     139
      1. 公訴事実     139
      2. 証拠の取調べ     142
      3. 証拠能力     145
      4. 自白の任意性     149
      5. 合理的疑い     152
      6. 刑の量定(量刑)     155
      7. 未必の故意     158
      8. 教唆する     161
      9. 正当防衛・過剰防衛     164
        • (1)正当防衛  164
        • (2)過剰防衛  169
      10. 反抗を抑圧する     172
  • 〈法令〉
    • 裁判員の参加する刑事裁判に関する法律     175
    • 裁判員の参加する刑事裁判に関する規則     207
    • 裁判員の参加する刑事裁判に関する法律第16条第8号に規定するやむを得ない事由を定める政令     220

編者紹介

日本弁護士連合会 裁判員制度実施本部
 法廷用語の日常語化に関するプロジェクトチーム

【座長】

酒井  幸 (東京弁護士会)

【副座長】

幸田 儔朗 ((財)NHK放送研修センター 日本語センター部長・エグゼクティブアナウンサー)

【外部学識委員】(50音順)

大河原 眞美 (高崎経済大学教授・地域政策学部長、法言語学)

後藤  昭 (一橋大学大学院法学研究科教授、刑事法)

杉戸 清樹 (国立国語研究所所長)

田中 牧郎 (国立国語研究所研究開発部門言語問題グループ長)

藤田 政博 (政策研究大学院大学助教授、社会心理学)

箕輪 幸人 (フジテレビ報道局解説委員)

【弁護士委員】(50音順)

荒木 理江 (東京弁護士会)

池永 知樹 (埼玉弁護士会)

鍜治 伸明 (埼玉弁護士会)

四宮  啓 (第二東京弁護士会)

高野  隆 (第二東京弁護士会)

西村  健 (大阪弁護士会)


このページのトップへ