書名 漢字 よみ 著者名 漢字 よみ
さらに詳しく検索

新刊・近刊  トップ・ページ  辞書  電子出版  一般書  六法・法律書  教科書  参考書  教材  品切一覧

法律書ジャンル別案内
六法・辞典・シリーズ  憲法・法学一般  行政法・教育法  民事法  商法・経済法  刑事法  労働・社会法  国際法・法律実務書  資格試験対策 
法律書・六法 品切一覧

教材 国際労働法 教材 国際労働法

中山和久 編著

2,900円  A5 256頁 978-4-385-31448-X (品切)

待望の中山国際労働法の教材。わかりやすい解説+国際文書( ILO憲章、ILO条約・勧告、OECD条約などの国際条約 )の立体的構成。ILO条約・勧告一覧(英文の略語付)など資料も豊富。

1998年 4月15日 発行



●著者紹介

中山 和久 (なかやま・かずひさ)

1930年7月生まれ。
1952年、早稲田大学法学部卒業
      故野村平爾教授に師事。労働法専攻。
      同大学院、同大学助手、講師、助教授を経て
現 在 、早稲田大学法学部教授
      (この間)1963年、ILO理事会の招集した公務専門家会議に参加。1970年、1981年、早稲田大学とパリ大学の交換研究員 としてそれぞれ1年、 パリ第1大学においてジュラール・リヨン・カーン教授に師事。

<主要著書>
『ILOと労働基本権』日本評論社、1963年
『ストライキ権』岩波書店、1970年
『公務員の労働基本権』労働句報社、1972年
『不当労働行為論』一粒社、1981年
『ILO条約と日本』岩波新書、1983年



●目  次

開講にあたって
第1講  国際労働法の原点ー1906年ベルリン条約と日本
第2講  ベルサイユ条約第13編と日本
第3講  ILO原加盟国日本
第4講   ILOの機構
第5講  三者構成と結社の自由
第6講  ILO条約の適用監督
第7講  フィラデルフィア宣言と人権宣言
第8講  国連の人権規約
第9講  強制労働
第10講 平等と差別
第11講 労働時間
第12講 休日と休暇
第13講 夜 業
第14講 最低賃金
第15講 解雇・失業からの保護
第16講 女 性
第17講 パートタイム労働   
第18講 家族責任労働者・在宅労働者
第19講 団 結 権
第20講 団結権・団体交渉権
第21講 団結権の保護とストライキ権
第22講 労使協議と労働者代表制
第23講 教員の地位
第24講 看護職員
第25講 公務労働
第26講 OECDと国際労働基準法

このページのトップへ




Copyright (C) 2014 by SANSEIDO Co., Ltd. Tokyo Japan