書名 漢字 よみ 著者名 漢字 よみ
さらに詳しく検索

新刊・近刊  トップ・ページ  辞書  電子出版  一般書  六法・法律書  教科書  参考書  教材  品切一覧

法律書ジャンル別案内
六法・辞典・シリーズ  憲法・法学一般  行政法・教育法  民事法  商法・経済法  刑事法  労働・社会法  国際法・法律実務書  資格試験対策 
法律書・六法 品切一覧

憲法問題 [13] 憲法問題 [13]

全国憲法研究会 編

2,600円 A5 208頁 978-4-385-41522-X (品切)

全国憲法研究会の機関誌第13号。2001年度の研究会報告と憲法記念講演会を収録。日本国憲法をとりまく環境が数年来変貌をし続けるなかで、新世紀における問題を検証する。

2002年 5月 3日 発行



●目  次

第一部 人権状況の変容と憲法学――個人・集団・国家

序論 近代人権論批判と憲法学…辻村みよ子 7

アメリカ型「表現の自由」理論の動揺と展開…市川正人21

現代的課題への対応と過去の清算――人間中心主義のドイツ基本権…井上典之 34

非キリスト教移民の統合をめぐるフランス人権論――国民国家における人権の「普遍性」再考…建石真公子 49

 春季研究集会シンポジウムのまとめ…67

第二部 統治状況の変容と憲法学――民主主義・立憲主義

序論――民主主義・立憲主義とわが国憲法学…小林武 81

イギリスにおける統治状況の変容と憲法学…元山健 98

アメリカ憲法学における民主主義論の動向と立憲主義の動揺――ポピュリズム、共和主義、リベラリズム…阪口正二郎 112

現代フランス憲法学における立憲主義と民主主義…山元 一 127

 秋季研究総会シンポジウムのまとめ…144

第三部 憲法記念講演会

ドメスティック・バイオレンスをなくすために…戒能民江 153

憲法愛国主義について…栗城壽夫 168

首相公選制について少し落ちついて考えてみよう…長谷部恭男 182

全国憲法研究会の活動記録 二〇〇一年…192

憲法問題の動き 2001年…203

編集後記…204

テロ対策特別措置法・自衛隊法改正を憂慮する憲法研究者の声明…205



●編集後記

北川善英(きたがわ・よしひで)

 二〇年余、国立大学の教員養成学部に所属している私にとって、学会誌『憲法問題』は講義のいわば「種本」である。教員養成学部(課程)では、憲法学の基本的かつ現代的な理論的課題を分かりやすく提示する講義が必要であると考えてきたからである。学生も、高校時代までの退屈な「暗記科目」というイメージが覆えされ、新鮮な気分で受講しているようである。しかしながら、教育現場では、相変わらず物神崇拝的な日本国憲法理解が一般的であり、それに反発する若い教員の「現実離れした日本国憲法」という理解が増えている。社会全体の意識のありようの教育現場への反映と言ってしまえば身もふたも無いが、ますます全国憲とその成果である『憲法問題』の理論的役割が重要になっていると思う。

 ところで、本号が会員の皆さんのお手元に届くころには、教員養成学部の統合を軸とした国立大学の統合・再編問題も一定の「決着」を見ているかもしれない。渦中(火中)にいる団塊の世代の私は、ある「感慨」を抱かざるを得ない。私の大学時代は、外では「ベトナム戦争」という暴力に対する、内では学生を無視した大学運営と講義内容に対する異議申立てがあり、私たちにとって二つは結びついていた。娘が大学生になろうとする今、外では再びアメリカによる新しい暴力があり、内では学生(教育)を軽視した大学再編・統合の波が押し寄せている。この三〇年余、何が変わり、何が変わらなかったのか、今、変えるべきものは何か、変えてはならないものは何かをしっかりと見据えたいと思っている。

* * *

 多忙の中、原稿をお寄せくださった皆さん、ご協力ありがとうごさいます。とりわけ、早々と九月中旬に原稿を提出された長谷部さんには感謝申し上げます。本号の編集委員は北川善英(委員長)、今関源成(総務)、福岡英明(庶務)、蛯原健介(総務・会計)の四人です。北川・今関が元山健・江島晶子両氏と交代し、福岡・蝦原が留任です。元山さん、江島さん、二年間、ご苦労様でした。最後に、本書の刊行に関してお骨折りいただいている三省堂の皆さん、ありがとうごさいました。

このページのトップへ

トップページへのアイコン




Copyright (C) 2014 by SANSEIDO Co., Ltd. Tokyo Japan