書名 漢字 よみ 著者名 漢字 よみ
さらに詳しく検索

新刊・近刊  トップ・ページ  辞書  電子出版  一般書  六法・法律書  教科書  参考書  教材  品切一覧

法律書ジャンル別案内
六法・辞典・シリーズ  憲法・法学一般  行政法・教育法  民事法  商法・経済法  刑事法  労働・社会法  国際法・法律実務書  資格試験対策 
法律書・六法 品切一覧

情報公開法 情報公開法

右崎正博・田 泰彦・三宅 弘 編

2,400円 四六 296頁 978-4-385-32106-X (品切)

日本の情報公開制度はどうあるべきか、立法上の議論を深めるために、研究者、弁護士、ジャーナリストがホットな論点を提示。市民の「知る権利」を確立するためのポイントを明らかにする。

1997年11月30日 発行



●目  次

 3 情報公開と個人情報保護
 4 法人情報における任意提供情報の扱い
 5 「国の安全」と情報公開
 6 犯罪の予防・捜査情報の保護と公開
 7 行政情報の保護と公開
 8 存否自体も明らかにしない情報
 9 不服審査会の意義と機能
 10 司法救済の手続
 11 特殊法人の情報の公開
 12 自治体の情報公開制度との関係

第2部 実態報告ー情報公開の現状
 1 市民オンブズマンによる官官接待の暴露
 2 教育情報はだれのもの?
 3 環境保護・まちづくりをどう進めるか
 4 だれが薬害を止めるのか
 5 「賢い選択」を可能に

第3部 外国の情報公開の動向
 1 アメリカ
 2 イギリス
 3 ドイツ
 4 フランス
 5 オーストリア
 6 韓国

■資料ー情報公開法要網案/情報公開法要網案の考え方

このページのトップへ

トップページへのアイコン




Copyright (C) 2014 by SANSEIDO Co., Ltd. Tokyo Japan