【内容紹介】 >>> 書籍個別ページに戻る
  刑事訴訟法

目次

  • 序 章 刑事訴訟法の意義と目的
    • 第1節 刑事訴訟法の意義と目的
    • 第2節 刑事訴訟法の基礎原理
      • 「訴訟の目的」に関する原理
      • 「訴訟構造」に関する原理
      • 「刑事裁判の運営」に関する原理
    • 第3節 刑事訴訟法の場所的適用範囲
  • 第1章 刑事手続の関与者
    • 第1節 裁判所
      • 裁判所の意義
      • 裁判所の種類と権限
      • 除斥,忌避及び回避
      • 裁判所の管轄
      • 裁判所の職員
    • 第2節 裁判員
      • 裁判員の参加する刑事裁判の目的
      • 裁判員の参加する刑事裁判の基本構造
      • 裁判員選定手続
      • 裁判員等の義務及び解任
      • 裁判員等の任務の終了
      • 裁判員等の保護のための措置
    • 第3節 検察官
      • 検察官の意義
      • 検察官の種類と組織
      • 検察庁
      • 捜査機関としての検察官・検察事務官
    • 第4節 司法警察職員
      • 司法警察職員の意義
      • 行政警察と司法警察
      • 司法警察職員と検察官との関係
    • 第5節 被疑者・被告人
      • 被疑者・被告人
      • 訴訟能力
    • 第6節 弁護人
      • 弁護人依頼権
      • 弁護人の訴訟法上の権限
      • 弁護人の任務と義務
      • 私選弁護人
      • 国選弁護人
      • 当番弁護士制度
    • 第7節 犯罪被害者等
      • 犯罪被害者等と捜査
      • 犯罪被害者等と公訴の提起
      • 犯罪被害者等と公判
      • 犯罪被害者等の救済
  • 第2章 捜査概説
    • 第1節 捜査の意義
    • 第2節 捜査の方法
      • 任意捜査と強制捜査
      • 任意捜査の限界
      • 強制処分法定主義と令状主義
    • 第3節 おとり捜査とコントロールド・デリバリー
      • おとり捜査
      • コントロールド・デリバリー
    • 第4節 捜査のための任意同行
    • 第5節 公務所等への照会
    • 第6節 捜査機関による写真撮影
      • 犯罪捜査と写真撮影
      • 捜査のための写真撮影の法的性質
      • 自動速度取締装置による写真撮影
      • 犯罪発生前のビデオカメラによる自動的継続的録画
      • 犯人特定のためにする写真撮影
    • 第7節 実況見分
  • 第3章 捜査の端緒
    • 第1節 職務質問・所持品検査・自動車検問
      • 職務質問
      • 所持品検査
      • 自動車検問
    • 第2節 告訴,告発・請求
      • 告訴,告発・請求の意義
      • 告訴権者
      • 告訴期間
      • 告訴の効力
      • 告訴の追完
      • 告訴の取消し
      • 告訴権の放棄
      • 告訴前の捜査
      • 告発権者
      • 告発の効力
      • 告発の取消し
      • 告発前の捜査
    • 第3節 その他の捜査の端緒
      • 現行犯人の発見
      • 変死体の検視
      • 自首
  • 第4章 逮捕・勾留
    • 第1節 被疑者の逮捕
      • 通常逮捕
      • 緊急逮捕
      • 現行犯逮捕・準現行犯逮捕
      • 逮捕後の手続
      • 引致場所及び留置場所
    • 第2節 被疑者の勾留
      • 被疑者の勾留の要件
      • 勾留の手続
      • 勾留状の執行
      • 勾留の場所
      • 勾留理由開示
      • 勾留に関する裁判に対する準抗告
    • 第3節 逮捕・勾留に関する諸問題
      • 逮捕前置主義
      • 違法な逮捕と勾留請求
      • 逮捕・勾留の効力の及ぶ範囲
      • 再逮捕・再勾留
      • 別件逮捕・勾留
  • 第5章 捜索・押収
    • 第1節 捜索・押収
      • 令状主義と捜索・押収
      • 捜索・差押えと捜索差押許可状
      • 令状による捜索・差押えの執行
    • 第2節 逮捕に伴う捜索・差押え
      • 逮捕に伴う捜索・差押えの根拠
      • 令状によらない捜索・差押えの要件
      • 差押物の還付
    • 第3節 捜索・差押え実施後の措置
      • 捜索証明書・押収品目録
      • 還付・仮還付
    • 第4節 緊急捜索・押収及び別件捜索・差押え
      • いわゆる「緊急捜索・押収」
      • 別件捜索・差押え
    • 第5節 領置
    • 第6節 検証・身体検査
      • 検証の意義
      • 検証許可状及び身体検査令状の請求と発付
      • 検証令状の執行
    • 第7節 鑑定などの嘱託
      • 鑑定嘱託
      • 鑑定処分許可状の請求・発付
      • 鑑定留置
    • 第8節 身体の検査
      • 捜索としての身体検査
      • 検証としての身体検査
      • 鑑定処分としての身体検査
    • 第9節 体液の強制採取
      • 強制採尿
      • 強制採血
      • 毛髪,唾液,爪等の採取
      • 体腔内に隠匿したり,嚥下された証拠物の採取
      • 呼気検査
    • 第10節 通信傍受令状
      • 通信傍受法における「通信の傍受」
      • 通信傍受の要件・手続
      • 通信の秘密の尊重
    • 第11節 電磁的記録の捜索・差押え
      • 電磁的記録の捜索・差押え方法
      • 電磁的記録の捜索・差押えと法改正
  • 第6章 被疑者・被告人及び参考人の取調べ
    • 第1節 被疑者の出頭要求・取調べ
      • 被疑者の出頭要求・任意同行
      • 被疑者の取調べ
      • 逮捕又は勾留されている被疑者の取調べ
      • 余罪の取調べ
    • 第2節 参考人の取調べ
    • 第3節 証人尋問
    • 第4節 被告人の取調べ
  • 第7章 被疑者の防御活動
    • 第1節 被疑者の黙秘権
      • 憲法38条1項と黙秘権
      • 被疑者の黙秘権が及ぶ対象・範囲
    • 第2節 弁護人依頼権
      • 弁護人依頼権
      • 弁護人選任権
      • 弁護人依頼権と接見交通権
      • 余罪捜査の必要と接見の指定
    • 第3節 証拠保全の手続
      • 証拠保全の手続
      • 証拠の閲覧
    • 第4節 違法捜査の救済
  • 第8章 公 訴
    • 第1節 検察官の事件処理
      • 検察官への事件送致
      • 検察官の事件処理
    • 第2節 公訴の提起
      • 公訴の提起
      • 公訴権と国家訴追主義・起訴独占主義
    • 第3節 検察官の訴追裁量と起訴便宜主義
      • 一罪の一部起訴
      • 起訴便宜主義と起訴法定主義
      • 検察官の訴追裁量のコントロール
    • 第4節 検察官の不当な職務執行に対する救済
      • 不当な「不起訴」の場合
      • 不当な「起訴」の場合:いわゆる「公訴権濫用論」
    • 第5節 公訴提起の方式
      • 起訴状の提出
      • 起訴状の記載事項
      • 起訴状一本主義
      • 公訴提起の効果
      • 公訴時効
  • 第9章 訴因と公訴事実
    • 第1節 訴因制度
      • 訴因と公訴事実
      • 審判の対象
      • 訴因の機能
    • 第2節 訴因の特定
      • 「訴因の特定」の意義
      • 「訴因の概括的記載」と「訴因の特定」
      • 罪名・罰条の特定
    • 第3節 訴因と罪数
    • 第4節 訴因と訴訟条件
      • 訴訟条件の判断基準
      • 訴訟条件を欠く場合の措置
    • 第5節 訴因の変更
      • 訴因変更の意義
      • 訴因変更が必要になる場合
      • 訴因変更が許される範囲
      • 訴因変更の時期
      • 訴因変更命令
  • 第10章 第1審公判手続
    • 第1節 公判の諸原則
      • 公判手続
      • 公判手続の諸原則
    • 第2節 公判準備
      • 裁判所の行う公判準備
      • 当事者の行う準備
      • 被告人の召喚・勾引・勾留・保釈
    • 第3節 公判前整理手続・期日間整理手続
      • 公判前整理手続の目的と意義
      • 公判前整理手続の流れ
    • 第4節 公判期日
      • 公判期日の出席者
      • 訴訟指揮権と法廷警察権
    • 第5節 公判手続
      • 冒頭手続
      • 証拠調べ手続
      • 被害者等の意見陳述
      • 被害者参加
      • 被告人質問
      • 弁論の分離,併合,再開
      • 公判手続の停止・更新
      • 論告,弁論,結審
  • 第11章 証拠法総説
    • 第1節 証拠
      • 証拠の意義
      • 証拠の種類
    • 第2節 証拠裁判主義
      • 証拠裁判主義
      • 証明 ── 厳格な証明と自由な証明 ──
      • 証明の必要
    • 第3節 証拠能力と証明力
      • 証拠能力と証明力の意義
      • 証拠の関連性
      • 証拠排除(証拠禁止)
      • 証明力
    • 第4節 科学的証拠
      • DNA型鑑定
      • ポリグラフ検査
      • 警察犬による臭気選別
      • 声紋鑑定・言語学的鑑定
      • 筆跡鑑定
      • 毛髪鑑定
      • 指紋鑑定・足跡鑑定
      • 写真・音声録音・映像録画
    • 第5節 悪性格の立証
      • 悪性格証拠による事実認定
      • 量刑資料としての余罪
    • 第6節 挙証責任と推定
      • 挙証責任の意義
      • 推定
  • 第12章 違法収集証拠の証拠排除
    • 第1節 排除法則
    • 第2節 証拠排除の根拠と判断基準
    • 第3節 判例の動向
    • 第4節 「毒樹の果実」の法理
    • 第5節 違法収集証拠と量刑
    • 第6節 申立て適格
    • 第7節 私人によって違法に収集された証拠の証拠能力
    • 第8節 弾劾証拠としての許容性
  • 第13章 自 白
    • 第1節 自白と証拠法則
    • 第2節 自白法則
      • 自白法則の根拠
      • 排除される自白の具体例
    • 第3節 自白調書の任意性の立証
    • 第4節 補強法則
      • 補強法則
      • 補強証拠が必要な範囲
      • 補強証拠の取調べ時期
      • 補強の程度
      • 補強証拠能力
    • 第5節 自白の信用性
      • 自白の信用性の判断基準
      • 自白の内容
      • 自白の経過
  • 第14章 伝聞法則
    • 第1節 伝聞法則
      • 伝聞証拠と伝聞法則
      • 伝聞法則と直接主義
      • 伝聞法則の適用範囲
    • 第2節 伝聞法則の例外
      • 伝聞法則の例外
      • 被告人以外の者が作成した供述書・供述録取書
      • ビデオリンク方式による証人尋問調書の証拠能力
      • 被告人以外の者の公判準備又は公判期日における供述録取書
      • 裁判所又は裁判官の検証調書(321条2項後段)
      • 捜査機関の検証調書・実況見分調書
      • 鑑定書
      • 被告人の供述書及び供述録取書
      • 特に信用すべき書面
      • 伝聞供述と再伝聞
    • 第3節 供述の任意性の調査
    • 第4節 同意の意義
    • 第5節 証明力を争う証拠
  • 第15章 共同被告人の供述
    • 第1節 共同被告人の証人適格
    • 第2節 公判廷における供述
    • 第3節 公判廷外の供述
    • 第4節 共犯者の供述と補強証拠
      • 共犯者の供述と補強証拠
      • 「共犯者の供述」の補強証拠適格
      • 複数の共犯者の供述による相互補強
    • 第5節 共同被告人の証拠に関する諸問題
      • 証拠調べ請求
      • 共同被告人の一部が同意した供述調書
      • 共同被告人の一部が不出頭の場合の証人尋問
  • 第16章 裁 判
    • 第1節 裁判の意義と種類
      • 裁判の意義
      • 裁判の種類
      • 形式裁判
      • 実体裁判
    • 第2節 裁判の成立と内容
      • 裁判の成立
      • 裁判の内容
      • 択一的認定
    • 第3節 裁判の効力
      • 裁判の効力の意義
      • 内容的確定力の本質
      • 内容的確定力の及ぶ範囲
      • 一事不再理の効力
    • 第4節 即決裁判手続
      • 即決裁判手続の意義
      • 即決裁判手続の申立て
      • 即決裁判手続の申立てがなされた場合の公判準備
      • 即決裁判手続による審判
  • 第17章 上訴・非常救済手続
    • 第1節 上訴一般
      • 上訴の意義と種類
      • 上訴の目的と効果
      • 上訴権
      • 上訴審の審判の範囲
      • 不利益変更の禁止
      • 破棄判決の拘束力
    • 第2節 控訴
      • 控訴審の構造
      • 控訴申立て理由
      • 控訴審の手続
      • 控訴理由の調査と事実の取調べ
      • 審理手続
      • 控訴審の裁判
    • 第3節 上告
      • 上告審の機能
      • 上告申立て理由
      • 上告趣意書
      • 上告審の審理
      • 上告審の裁判
    • 第4節 抗告・準抗告
      • 抗告審の構造
      • 一般抗告
      • 特別抗告
      • 準抗告
    • 第5節 再審
      • 再審の意義
      • 再審請求の事由
      • 再審請求の手続
      • 再審請求に対する裁判
      • 再審の審判
    • 第6節 非常上告
      • 非常上告の意義
      • 非常上告申立て理由
      • 非常上告の手続
      • 非常上告の裁判
  • 第18章 略式手続
    • 第1節 略式手続
      • 略式手続の意義
      • 略式命令の特徴
    • 第2節 略式命令の手続
      • 検察官による略式命令の請求
      • 裁判所における略式命令の手続
      • 正式裁判の請求
  • 第19章 裁判の執行
    • 訴訟費用の負担
    • 費用の補償・刑事補償
    • 裁判の執行
  • 第20章 訴訟行為
    • 第1節 訴訟行為の種類・主体・内容
      • 訴訟行為の種類
      • 訴訟行為の主体
      • 訴訟行為の内容
    • 第2節 訴訟行為の方式・時・場所
      • 訴訟行為の方式
      • 訴訟行為の時
      • 訴訟行為の場所
    • 第3節 訴訟行為の効力
      • 成立・不成立
      • 適法・不適法
      • 有効・無効
      • 撤回
      • 無効の治癒
    • 第4節 訴訟に関する書類
    • 第5節 送達
  • ■主要刑法犯罪名表
  • ■判例索引
  • ■事項索引

>>> ページトップに戻る   >>> 書籍ページに戻る