書名 漢字 よみ 著者名 漢字 よみ
さらに詳しく検索

新刊・近刊  トップ・ページ  辞書  電子出版  一般書  六法・法律書  教科書  参考書  教材  品切一覧

法律書ジャンル別案内
六法・辞典・シリーズ  憲法・法学一般  行政法・教育法  民事法  商法・経済法  刑事法  労働・社会法  国際法・法律実務書  資格試験対策 
法律書・六法 品切一覧

土地法口話1 公法 土地法口話1 公法

篠塚昭次 著

2,000円 四六 256頁 978-4-385-31470-X (品切)

好評の篠塚 "口話" シリーズの土地法刊行開始。身近な例を引きながら、難しい専門用語も日常用語にして、語りかけるように土地法の基礎理論を解説。バブル崩壊後の課題と展望を語る。

1998年12月10日 発行

 土地法口話2 私法



●まえがき

 人間は土から生まれて土に帰る。生きている時も、体内を通過してゆく食物はすべて土から生まれたものである。衣も住も土から生まれる。土なしで、生物としての人間は存在しえない。人間は土の一部である。この根源的テーマは、まず法律の対象として自覚されなければならない。それを扱うのが土地法である。しかし、現代の社会は法律を論理学で仕立て上げたため、先進各国はそれぞれに、立派なスーツを身につけている。

 この本は日本の土地法のスーツを剥いで浴衣に着がえさせたものである。公法という権力立法の素顔をのぞいてもらうためである。土地をめぐっては、有史以来、人間の欲望が渦まいてきた。温和しい人、控え目な人は押し退けられ、小さな借家に家賃の値上げに脅えながら必死に生きてきた。今でもそうである。この本は、土や土地に関する問題が「法律」や「法律学」でどういう姿をしているか、その実像を知ってもらいたくて早稲田大学での私の講義をまとめたものである。市民や学生諸君にはゆっくり読んでほしいけれども、司法書士・土地家屋調査士・建築士・税理士・不動産鑑定士・測量士・公認会計士・行政職員・技術士・弁護士など、土地にかかわる職業の人にはさらに踏み込んだ読みかたをしてほしいと思っています。

   1998年10月

篠塚昭次



●目  次

まえがき

第1章 土地法の体系 

 1 土地バブルとその崩壊
 2 解説か理論か──土地法の学び方
 3 土地所有権とは何か
 4 ヨーロッパの土地問題
 5 dominium
 6 ローマの奴隷制
 7 所有権と利用権
 8 所有権と経済
 9 国土利用計画法
 10 所有権と利用権
 11 「法」の進歩否定
 12 土地私法
 13 中国の土地使用権
 14 食の変化と農業
 15 土地問題と人権 

第2章 土地法と経済──法則? 

 1 土地問題と哲学・科学
 2 国土総合開発法・1950年〔昭和25年〕
    「立ち上がれ!がんばろう!」
 3 都市計画法・1968年〔昭和43年〕
    「ちょっと待て!環境も考えよう!」
 4 市街化調整区域
 5 農業体験の必要性
 6 食糧自給
 7 国土利用計画法・1974年〔昭和49年〕
    「止まれ!休め!」
 8 景気循環論?
 9 国土利用計画法
 10 家族農業?
 11 外国人の土地買い
 12 土地基本法・1989年〔平成元年〕
     「反省しよう」 

第3章 都市計画法 

 1 都市と農村
 2 田園都市論
 3 コルビジェの影響
 4 低層か高層か
 5 容 積 率
 6 都市計画法第2条
 7 機能か美か
 8 江戸の街並み
 9 容積率の法理
 10 ストックホルム
 11 容積率と所有・建築の自由
 12 マンハッタン計画
 13 バブル発生
 14 公 聴 会
 15 所有権は高貴なもの?
 16 富士の見える街を!
 17 都市計画法第9条
 18 建築基準法第48条
 19 二種低層
 20 一種中高層
 21 二種中高層
 22 一種住居
 23 二種住居
 24 準 住 居
 25 近隣商業
 26 商  業
 27 準 工 業
 28 工業・工業専用
 29 都市計画の崩壊
 30 生産緑地地区
 31 市街化調整区域 

第4章 建築基準法 

 1 建築自由の原則
 2 耕作の自由?
 3 建築の自由
 4 確認と許可
 5 建築主事
 6 開発行為
 7 相隣関係
 8 日 照 権
 9 民法の理論
 10 民法と建築基準法
 11 知事と市民
 12 市民エゴ?
 13 フランスのバブル
 14 景観・風景
 15 条例と指導要綱 

第5章 土地区画整理法 

 1 減歩とは?
 2 憲法訴訟
 3 区画整理の新理念
 4 組合の設立
 5 地価と区画整理
 6 借 家 人
 7 憲法と借家権
 8 個人施行
 9 国・自治体
 10 住都公団
 11 換地処分
 12 飛び換地?
 13 共同住宅
 14 地震の経験
 15 清 算 金
 16 減価補償
 17 ユースバリュー
 18 減  歩
 19 保 留 地 

第6章 都市再開発法 

 1 立法の趣旨
 2 フランスと高層ビル
 3 超高層の安全性
 4 借家人と憲法
 5 欲と二人連れの再開発?
 6 借家人追い立て
 7 自称再開発?
 8 参加組合員
 9 庶民は賢い?
 10 住都公団・地方自治体
 11 一種・二種の再開発 

第7章 土地収用法 

 1 オスマニザッシオン
 2 ローマの土地所有
 3 ヘーゲルの土地所有論
 4 土地公有化立法
 5 公共性と土地所有権
 6 産廃・ダム・空港
 7 公団・公社・公営住宅の建設と収用
 8 農地の収用
 9 太郎杉事件
 10 公共性の実態
 11 遊休資産
 12 公共性と生存権
 13 山の所有権
 14 鑑定の理論
 15 ヘーゲルの理論
 16 取引事例比較法
 17 値上がり益
 18 補償の理論
 19 民法の賠償理論
 20 慰 謝 料
 21 正常な取引価格
 22 利益の還元
 23 土地の返還
 24 土地収用手続・まとめ図
 25 手続の改革必要
 26 同居人・間借人
 27 補償金と鑑定評価のしくみ
 28 鑑定と法の哲学 

第8章 震災復興法 

 1 建築基準法
 2 消防自動車と街並み
 3 大火のあと・函館
 4 住宅の共有化?
 5 復興共同住宅
 6 復興資金
 7 罹災都市法
 8 借家人の再築権
 9 東京地震
 10 貴 重 品 

 事項索引

このページのトップへ




Copyright (C) 2014 by SANSEIDO Co., Ltd. Tokyo Japan