ことばは人を育て、未来をきりひらく知の源です。三省堂はことばをみつめて135年 サイトマップお問い合わせプライバシーポリシー
三省堂 SANSEIDOトップページ 三省堂WebShop辞書総合サイト Wrod-Wise Web教科書総合サイト ことばと教科
辞書教科書電子出版六法・法律書一般書参考書教材オンラインサービス
書名検索漢字かな著者名検索漢字かな詳細検索
新刊・近刊案内
メディアでの紹介
本の注文
書店様専用
大学向けテキスト
卒業記念
名入れ辞書
品切れのご案内
「ぶっくれっと」アーカイブ
会社案内
採用情報
謹告
三省堂印刷
三省堂書店へ
三省堂書店はこちら
声に出して読めない日本語。
「ほぼ日刊イトイ新聞」
(『大辞林』タイアップ・サイト)
  六訂 物理学実験


六訂 物理学実験

吉田卯三郎・武居文助・橘 芳實・武居文雄 著

1,650円 A5 368頁 978-4-385-34146-0

すぐれた大学物理実験書として定評のある「物理学実験」の六訂版。従来の特色をいっそう拡充し,さらに光の速度,電気素量など新しい物理分野に関する実験を挿入。単位はSI,必要に応じCGS併記。

1940年 9月25日 初版発行
1979年11月25日 発行




●原著

 近年わが国において一般物理学については,あまたの特色ある著述が出版されているが,物理学実験の方面ではその種類は必ずしも多くない。この欠を補うために,本書は(旧制の)高等学校理科,高等工業学校およびこれと同程度の諸学校の物理学実験の教科書,または参考書として編集したもので,次の諸点には特に意を用いた。

 1. 実験題目は,文部省の物理実験の教授要目に準拠し,著者らの経験により,最も適切と思われる基礎的な60余題目を選定した。おそらく,たいていの高等学校および専門学校の実験設備に共通なもののみと思うが,時勢の進運に伴ない多少の新鮮味を加えたつもりである。

 2. 高等学校および専門学校においては,実験法の講義のためにさきうる時間がきわめて少ないから,各実験題目につき,その測定の根拠となる理論と方法とを理解し,結果の整理をなるべく能率よく自学自習できるように,図表および実験例をあげて具体的にかつ綿密に説述した。

 3. さらに実験中に物理学への本質的理解を助ける意味において,各実験に対して二三の実験的問題を加えてある。その大部分は,最近数年間の大学入学試験に出題されたものである。

 本書の刊行にあたり,著者らの同僚のひとり本多貞彦氏が原稿整備のために尽力してくれたことを感謝する。なお本書にはいくたの不備な点があると思われるから,読者の御批判を賜われば著者の幸いとするところである。

   昭和15年8月

吉田・武居



●六訂に際して

 吉田卯三郎,武居文助両先生の共著である本“物理学実験”は,斯界の好評を得,学制改革後は,新制大学教養課程や高等工業専門学校の教科書または参考書として数十版を重ね,また数次にわたる改定が行われてきた。しかし,最近の著しい科学の進歩にともない,電磁気あるいは原子物理の部門に関して,新たに加えるべき項目も少なくない状況となってきたので、ここに大幅な改訂を行い,この実状に適する新しい項目を多くとり入れて・最新鋭の実験書として学習者の便をはかることとした。  六訂にあたっては,特に次の点に意を用いた。

 1. 原著者の意図した,初学の実験者にもわかりやすく,また,身につけるべき心得を十分に説明するという記述方式をとるように留意した。

 2. 今回の改訂で,新しく加えた項目および大幅に改訂した項目は次のとおりである。また,本文中や巻末付表の数字は最新のデータと差し替えた。

 誤差の法則,直示天秤,光の速度,電位差計,ダイオード・トランジスタ,真空放電,ブラウン管オシロスコープ,光電効果,Geiger-Muller計数管,電気素量e,電子の比電荷e/m,X線など。

 3. 全編にわたり,単位は,国際単位系SIを主とし,必要な個所はCGS系などと併記することとした。また,用語は,すべて,現在使用されている新しい用語に改めた。

 4. 物性,熱,音などで,大きい変化のない項目は,単位と用語以外は,極力原著のままとし,原著の長所を残すように留意した。

 本書の改訂にあたっては,国岡昭夫,佐藤孝次郎,柴田武の諸氏の助力を得たことを感謝する。

 願わくは,各位のご批判を頂き,この種の著書として学習者に一層有用なものとなることを期待したい。

  昭和54年11月

橘 芳實・武居文雄



●目  次

第I章 緒  論

一般的注意/物理的計算/誤差の法則/ガラス細工/

第II章 物  性

ノギス(円筒の体積測定)/マイクロメーターおよびワイヤーゲージ(針金の直径測定)/球面計(曲率半径の測定)/Amslerの面積計/天秤/直示天秤/遊動顕微鏡(毛管の半径測定)/光のてこ(薄板の厚さ測定)/Bordaの振り子(gの測定)/Katerの振り子(gの測定)/天秤による比重の測定/比重びん/Hareの装置による密度/Fortinの気圧計/Searleの装置によるYoung率/Ewingの装置によるYoung率/ねじれ振り子による剛性率/Jollyのばねはかりによる表面張力/毛管現象による表面張力/液体の粘性率(Poiseuilleの法則)

(以下、章のみ)

第III章 熱

第IV章 音

第V章 光

第VI章 電磁気・原子物理

参考書

付表 諸定数および数学公式

このページのトップへ