ことばは人を育て、未来をきりひらく知の源です。三省堂はことばをみつめて135年 サイトマップお問い合わせプライバシーポリシー
三省堂 SANSEIDOトップページ 三省堂WebShop辞書総合サイト Wrod-Wise Web教科書総合サイト ことばと教科
辞書教科書電子出版六法・法律書一般書参考書教材オンラインサービス
書名検索漢字かな著者名検索漢字かな詳細検索
新刊・近刊案内
メディアでの紹介
本の注文
書店様専用
大学向けテキスト
卒業記念
名入れ辞書
品切れのご案内
「ぶっくれっと」アーカイブ
会社案内
採用情報
謹告
三省堂印刷
三省堂書店へ
三省堂書店はこちら
声に出して読めない日本語。
「ほぼ日刊イトイ新聞」
(『大辞林』タイアップ・サイト)
  歴史教育・社会科教育年報 2007年版 ─世界に問われる日本の歴史教育─


歴史教育・社会科教育年報 2006年版

歴史教育者協議会(⇒HP) 編 (品切)

2,381円 A5 224頁 978-4-385-40833-0

2007年版は、「世界に逆行する『日本の常識』」「今 こそ憲法の理念を教室に」「歴史教育・社会科教育の動向」 の3部構成です。巻末には、1年間の歴史教育・社会科教 育関係の文献目録を掲載。

2007年 12月20日 発行

歴史教育・社会科教育年報 2006年版 はじめに 目次 執筆者一覧




●はじめに

 日本国憲法施行60年の今年は、世界から日本の歴史認識・歴史教育が問われています。

 昨年九月に発足した安倍内閣は、1947年教育基本法「改正」と改憲手続き法などの法案を、自公政権の多数のもとで強行採決し成立させました。こうした負の遺産を残した政権ですが、一年後の今年9月、臨時国会で所信表明演説後に突然、首相を辞任するという前代未聞の結末を迎えました。安倍首相が自ら辞任したことは、「改憲」「戦後レジームからの脱却」路線の行き詰まりを示したといえます。その表れの一つが、高校教科書検定の沖縄戦強制集団死(「集団自決」)から「日本軍の強制」記述の削除・修正問題です。沖縄戦の事実を歪曲することは、沖縄県民をはじめ国民の怒りとなって、九月二九日沖縄県民集会には一一万人が参加しました。この沖縄の人たちの願いが政府を動かし、検定の見直しに踏み出すことになりました。

 また、世界では新しい潮流が生まれています。米国下院は、日本政府の正式な謝罪を求める「従軍慰安婦」決議を採択し、この動きは各国にひろがりを見せています。イラク開戦から四年、ブッシュ大統領の支持率は30%を下回り、盟友の英国ブレア首相も退陣しました。イラクから撤退する国も増え、今日、「イラク戦争は失敗」は、世界の認めるところです。

 このような情勢をうけて、2007年版の『年報』のテーマは、「世界に問われる日本の歴史教育」としました。

 第I部は、「世界に逆行する『日本の常識』」とし、日本政府の歴史認識と世界の認識のズレを、さまざまな角度から論じていただきました。第II部は、「今こそ、憲法の理念を教室に」とし、国民主権・基本的人権の尊重・平和主義の実践の成果と課題を、いくつかの学年・分野にわたって示していただきました。第III部は、例年の通り、今年の歴史教育・社会科教育の文献目録、中・高校生の近現代認識の現状について調査結果、国際交流や歴史研究・歴史教育研究の動向などを掲載しました。

 今年の『年報』に示された歴史教育・社会科教育の動向と論点、成果と課題が読者のみなさんの研究と実践の発展に寄与することを願っております。

  2007年12月

『歴史教育・社会科教育年報』編集委員会  



●目  次

はじめに

第I部 世界に逆行する「日本の常識」
 世界が見る日本軍「慰安婦」問題  西野瑠美子
 教科書検定と大江・岩波沖縄戦裁判  小牧 薫
 「日本の青空」─国民が支持した日本国憲法─日本国憲法はどのようにして生まれたか─  金子 勝
 改憲論議の真の争点を見極めよう─集団的自衛権論議に惑わされないために─  浅井基文
 戦後史のなかの集団的自衛権  小沢隆一
 格差社会と高校生  吉川悦夫
 全国一斉学力テストの実態とこれからの課題  山口 隆
 国会審議に見る教育三法の問題点と今後の課題  村田智子

第II部 今こそ憲法の理念を教室に
 中学校公民で議論してきたこと─憲法学習を中心に─  中尾 忍
 なぜ戦争は起きるのか─感想に示された戦争学習の問題点と九・一一テロの学習  吉池俊子  食糧・農業─主権者としての食・農  大里敏彦
 人権と国際連帯をめぐる歴史教育の課題 ─これまでとこれから─  小牧薫・田所顕平・千葉誠治
 高校世界・世界史学習の現状  田城賢司
 生活科のこれまで  満川尚美

第III部 歴史教育・社会科教育の動向
 第15回日韓歴史教育交流会  今井英夫
 昭和天皇の戦争責任─受け継がれる「聖断論」を越えて─  纐纈 厚
 中学生・高校生の近現代史認識の現状について─近現代史アンケートを実施して─  小出 伸
 歴史教育・社会科教育の動向  久保田 貢
 歴史教育・社会科教育のための文献目録  石井建夫



●執筆者一覧

西野瑠美子(にしの るみこ)  アクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」館長
小牧  薫(こまき かおる)  大阪大谷大学
金子  勝(かねこ まさる   立正大学
浅井 基文(あさい もとふみ  広島平和研究所
小沢 隆一(おざわ りゅういち 東京慈恵会医科大学
吉川 悦夫(よしかわ えつお  神奈川県歴史教育者協議会
山口  隆(やまぐち たかし) 全日本教職員組合
村田 智子(むらた ともこ)  クラマエ法律事務所・弁護士
中尾  忍(なかお しのぶ)  香川県高松市立庵治中学校
吉池 俊子(よしいけ としこ  法政大学女子高校
大里 敏彦(おおさと としひこ)横浜市戸塚高校
田所顕平(たどころ けんぺい) 和歌山歴史教育者協議会
千葉誠治(ちば せいじ)    北海道標茶町標茶小学校
田城 賢司(たしろ けんじ)  和歌山県立熊野高校
満川 尚美(みつかわ なおみ) 東京都練馬区立練馬小学校
今井 英夫(いまい ひでお)  愛知教育大学附属高校
纐纈  厚(こうけつ あつし) 山口大学
小出  伸(こいで しん)   法政大学中・高校
久保田 貢(くぼた みつぐ)  愛知県立大学
石井 建夫(いしい たてお)  大東文化大学

このページのトップへ