ことばは人を育て、未来をきりひらく知の源です。三省堂はことばをみつめて135年 サイトマップお問い合わせプライバシーポリシー
三省堂 SANSEIDOトップページ 三省堂WebShop辞書総合サイト Wrod-Wise Web教科書総合サイト ことばと教科
辞書教科書電子出版六法・法律書一般書参考書教材オンラインサービス
書名検索漢字かな著者名検索漢字かな詳細検索
新刊・近刊案内
メディアでの紹介
本の注文
書店様専用
大学向けテキスト
卒業記念
名入れ辞書
品切れのご案内
「ぶっくれっと」アーカイブ
会社案内
採用情報
謹告
三省堂印刷
三省堂書店へ
三省堂書店はこちら
声に出して読めない日本語。
「ほぼ日刊イトイ新聞」
(『大辞林』タイアップ・サイト)
  歴史教育・社会科教育年報 2005年版


歴史教育・社会科教育年報 2005年版

歴史教育者協議会(⇒HP) (品切)

2,330円 A5 212頁 978-4-385-40831-6

民間最大の教育研究団体―歴史教育者協議会が歴史教育・社会科教育の問題点と今後の課題をまとめた年報。戦後60年を迎えた2005年版では、平和教育、憲法学習、歴史教育の意義を改めて問いかける。

2006年 1月31日 発行

歴史教育・社会科教育年報 2004年版 はじめに 目次 執筆者一覧



●はじめに

 戦後60年、被爆60年の2005年の日本は、過去の侵略戦争を正当化する流れと、その歴史観を子どもたちに教え込もうとする教科書の再登場に直面しました。全国的に展開された「新しい歴史教科書をつくる会」の教科書を子どもたちに渡さない運動によって、その歴史教科書の採択率は0.4%におさえることができました。しかし一方、9月11日の総選挙では、小選挙区制のおかげで小泉自民党は大勝しました。その後、小泉首相は五度目の靖国神社参拝を強行し、自民党は、結党50年の節目に「自衛軍」を明記する「新憲法草案」を発表しました。戦後60年の日本は、国内外の批判や憂慮をかえりみることなく、再び「戦争する国」への道を歩み出そうとしています。

 平和な日本と世界の形成をめざす土台としていままで守り続けてきた日本国憲法が、いま危機に瀕しています。日本国憲法の理想の実現をめざしてきた教育基本法も改悪の危機にさらされ、戦後の社会科教育の土台が崩されようとしています。本年報2005年版のテーマを「戦後60年と社会料教育」とした所以です。

 第一部は「戦後60年 間われる日本人の戦争認識」とのテーマで、日本がアジアの一員として生きるために、いま戦争と平和の歴史をどう認識するのかについて、さまざまな角度から論じていただきました。

 第二部は「社会認識を深める社会科教育」として、小学校から高校までの社会科教育実践の成果と課題をいくつかの学年・分野にわたって示していただきました。今日の社会と教育をめぐる状況のなかで、どんな社会科教育が求められるのかを明らかにしているものと思います。大学での社会科教員養成や、市民の歴史学習にも対象をひろげて論じています。

 第三部には、例年の通り、今年の歴史教育・社会科教育の動向と文献目録、中高校生の近現代史認識の現状についての調査結果、国際交流の動向などを掲載しました。

 ここに示された本年の歴史教育・社会科教育の動向と論点、成果と課題が、多くの読者の皆さんの研究と実践の発展のために、多少なりとも寄与することができるならば幸いです。

  2005年12月

『歴史教育・社会科教育年報』編集委員会



●目  次

 はじめに

I 戦後60年 問われる日本人の戦争認識

戦後60年における国際情勢認識への視点  浅井基文
国家はなぜ戦死者を追悼しようとするのか――「靖国問題」の核心から考える  田中伸尚
戦後補償裁判 この10年――中国人戦争被害者の裁判を中心に  山田勝彦
広島における平和教育  高橋信雄
東京の教科学書採択問題の現状と展望  富永信哉
日本の高校世界史教育を世界比較の中で考える  鳥越泰彦

II 社会認識を深める社会科教育

事実をつなぎ、イメージをふくらませて――小学校中学年の社会科学習  中妻雅彦
小学校の歴史教育を考える  白尾裕志
中学校世界史学習と子どもの歴史認識――近世「ヨーロッパ世界との出会い」の授業から  大野一夫
日本前近代史学習の新たな一歩のために――教材論を中心に  北尾 悟
主権者を育てる政治教育――広がる模擬投票とその可能性  原 幸夫
現場感覚に根ざした大学の社会科教育法の模索――民主的主権者の育成を視野に入れて  森口 等
教員も市民の一人――市民とともに学んだ私のあゆみ  金子 眞

◇2004・5年度歴史教育・社会科教育の動向  土屋直人・前田輪音・武藤拓也
◇第4回 日韓歴史教育者交流会シンポジウム報告  山口剛史
◇中学生・高校生の近現代史認識の現状――近現代史アンケートを実施して  川口芳彦
◇歴史教育・社会科教育のための文献目録  今野日出晴・石井建夫



●執筆者一覧

浅井基文  広島平和研究所
田中伸尚  ノンフィクション・ライター
山田勝彦  弁護士・青葉総合法律事務所
高橋信雄  広島教育研究所
富永信哉  桐朋中学高校
鳥越泰彦  麻布中学高校
中妻雅彦  東京都杉並区立久我山小学校
白尾裕志  鹿児島県霧島市立牧之原小学校
大野一夫  千葉大学・講師
北尾 悟  立命館宇治中学高校
原 幸夫  大阪府立東住吉工業高校
森口 等  立命館宇治中学高校
金子 真  埼玉県歴史教育者協議会
土屋直人  岩手大学
前田輪音  北海学園大学
武藤拓也  鹿児島国際大学
山口剛史  琉球大学
川口芳彦  埼玉県立所沢北高校
今野日出晴 愛媛大学
石井建夫  歴史教育者協議会副委員長

このページのトップへ