ことばは人を育て、未来をきりひらく知の源です。三省堂はことばをみつめて135年 サイトマップお問い合わせプライバシーポリシー
三省堂 SANSEIDOトップページ 三省堂WebShop辞書総合サイト Wrod-Wise Web教科書総合サイト ことばと教科
辞書教科書電子出版六法・法律書一般書参考書教材オンラインサービス
書名検索漢字かな著者名検索漢字かな詳細検索
新刊・近刊案内
メディアでの紹介
本の注文
書店様専用
大学向けテキスト
卒業記念
名入れ辞書
品切れのご案内
「ぶっくれっと」アーカイブ
会社案内
採用情報
謹告
三省堂印刷
三省堂書店へ
三省堂書店はこちら
声に出して読めない日本語。
「ほぼ日刊イトイ新聞」
(『大辞林』タイアップ・サイト)
  みんなの健康 男と女の更年期


写真

奈良昌治 著、村沢英治 漫画

1,200円 B6 200頁 978-4-385-41256-6(品切)

更年期といえば女性に特有のものと言われてきたが,最近男性にも更年期障害があると言われている。老年期への入り口に当たる更年期を男女の理解と協力でじょうずに乗りきるための知恵と工夫をわかりやすく伝授。

2001年8月10日 発行

みんなの健康 リウマチとプール療法 みんなの健康 子どもの誤飲・事故(やけど・転落など)を防ぐ本 みんなの健康 お口のさわやかエチケット みんなの健康 笑いの健康学 みんなの健康 冷え性・貧血・低血圧 みんなの健康 心筋梗塞・狭心症は怖くない みんなの健康 上手なストレス対処法


更年期といえば女性に特有のものと言われてきましたが,最近では男性にも更年期障害があると言われています。

更年期は体が老年期へ移行するときで,ホルモンの影響で体調がきわめて不安定になり,時には精神的にも変調をきたすこともあります。人生八十年といわれる現在,この時期をじょうずに乗りきって,健康で豊かな後半の人生を過ごしたいものです。

そのためにはまず,男性女性ともに自分の更年期の理解とともに,異性の更年期についても知っておく必要があります。

ドクター・ナラが更年期を上手にのりきるための健康法と,男と女の生き方の心構えをおもしろく伝授します。


●著者紹介

奈良昌治(なら まさはる)

1931年(昭和6)生まれ。1956年,慶応義塾大学医学部卒業。1991年から足利赤十字病院院長。(社)日本病院会副会長,日本人間ドック学会理事長,慶応義塾大学医学部客員教授,日本脳卒中学会評議員,日本老年医学会評議員,厚生労働省医療審議会委員など歴任。著書に「ドクター・ナラの40歳からの健康学」「新版ドクター・ナラの成人病診察室」など多数。


●本書の構成

序章 男にもある更年期

      更年期障害,男性にも
      メノポーズとアンドロポーズ
      更年期を上手にのりきる

第1章 男と女はここが違う

      脂肪はなぜ女性に多く,男性に少ないか
      男女で差がある味覚と色彩感覚
      女を求め続ける男の「性」
      より良い遺伝子を残すための競争
      性の違いーー遺伝子とホルモンの働き
      男性を演出するホルモン
      女性ホルモンとライフステージ
      女の更年期障害,男の更年期障害
         ◎女性の喫煙は禁物

第2章 女性の更年期障害

     閉経と更年期
     更年期のいろいろな症状
      1-ホットフラッシュ
      2-冷え 
      3-肩こり・腰痛・背中の痛み
      4-疲労感・疲れやすい
      5-目まい
      6-気持ちが落ち込む
      7-婦人科の異常
      8-排尿にまつわる悩み
      9-胃や腸の不調
      10-皮膚のかゆみ,手足のしびれ・ふるえ
      11-心筋梗塞・狭心症,骨折などにも御用心
      更年期をすぎると元気に
◎孫が生まれたからといって「おばあさん」「おじいさん」と
呼ばないようにしましょう

第3章 男性の更年期障害

     じょじょに低下する男性ホルモンの分泌
     男性の更年期の症状
       1-疲れやすい
       2-「抑うつ」「うつ病」に御用心
       3-性衝動(リビドー)の減少と精力減退
       4-肩こり・腰痛・不眠
     男性の「社会的更年期」
        ◎お互いの更年期を理解しないと大変なことに

第4章 老化のシグナル

     体のシグナルを素直に受け止める
     髪に悩み皮膚の老化ーしわ・しみなど
     歯の老化ー歯周病
     目の衰え
     飛蚊症(UFOのような物体が目の前を飛び回る)
     白内障・緑内障
     耳ー高い音が聞こえにくくなる
     突発性難聴
     男性の前立腺肥大の兆候
     女性の排尿の悩み
     体力の衰えを実感する
     疲れやすくなる

第5章 更年期の性

    「閉経」は「閉性」ではありません
    「心と体で楽しむ性」への進化を
    火縄銃が錆びたときの対策
    EDの治療
      1-薬による治療
      2-ペニスに注射する方法
      3-補助器具を用いる方法
      4-インプラント法
    男性の精力減退を回復させるには
       運動で負荷をかけて体力維持
       たんぱく質・ビタミン・ミネラルを十分に
       精がつくヌルヌル食品
       漢方薬が功を奏すことも
       QOLの維持のための工夫を
    滑らかなインターコースのために
    合理的かもしれません「人生2回結婚説」
    いつまでも男と女

第6章 更年期をのりきる健康法

   (1)更年期に大切な水分の補給
       枕元に水をおいておく
       水が涸れるとお肌も涸れる
       水で腎臓の働きを高める
       いくら飲んでも太らない水
       水は下痢と便秘の妙薬
       女性の膀胱炎の予防にも水は効果的
       かるい風邪なら水を飲んでなおす
       一日一升が努力目標
   (2)歩くことは全身運動
       1週間に八万歩を歩く作戦を
       歩くことで骨も鍛えられる
       サイクリングも手軽な運動
   (3)肥満を防ぐ
       現代人は簡単に太る
       種族保存本能の減退もふとる一因
       女性が卵料理やケーキが好きな理由
       食べ過ぎないために一工夫を
      ◎食べ過ぎないための一工夫
      ◎更年期を迎えると,中年太りになぜなるのでしょうか?
   (4)十分な睡眠をとる
   (5)夫婦そろって生活習慣病の予防
       高血圧の予防を
       血圧値は精神状態と関係が深い
       血圧コントロールの切り札は減塩
          ◎奈良流の減塩指南
       糖尿病の予防は肥満の予防から
       通風の予備軍は男性の20人に一人
   (6)年1回の定期健康診断は必ず受ける。ガンの早期発見を。
   (7)かかりつけ医の大切さ
      ◎夫婦で長生きする七カ条

第7章 豊かな更年期をおくるために

   (1)欠かせない男女の理解と協力
   (2)積極的にいたわりの気持ちを相手に伝えよう
   (3)「夫婦旅行」のすすめ
   (4)でしゃばる,キザ,おしゃれ,そして楽天的に
   (5)自分の優れたところを生かす
   (6)新しいことにチャレンジする
   (7)趣味を持つことでストレス発散
   (8)自分が主人公になる疑似体験の楽しみを
   (9)疲れをためず心を元気に

このページのトップへ