ことばは人を育て、未来をきりひらく知の源です。三省堂はことばをみつめて135年 サイトマップお問い合わせプライバシーポリシー
三省堂 SANSEIDOトップページ 三省堂WebShop辞書総合サイト Wrod-Wise Web教科書総合サイト ことばと教科
辞書教科書電子出版六法・法律書一般書参考書教材オンラインサービス
書名検索漢字かな著者名検索漢字かな詳細検索
新刊・近刊案内
メディアでの紹介
本の注文
書店様専用
大学向けテキスト
卒業記念
名入れ辞書
品切れのご案内
「ぶっくれっと」アーカイブ
会社案内
採用情報
謹告
三省堂印刷
三省堂書店へ
三省堂書店はこちら
声に出して読めない日本語。
「ほぼ日刊イトイ新聞」
(『大辞林』タイアップ・サイト)
  オペラ・ハンドブック 改訂版


オペラ・ハンドブック 改訂版

堀内 修・石戸谷結子 編

1,900円 A5変型判 296頁 978-4-385-41062-3

17世紀初頭のオペラの成立から今日の世界オペラ事情まで、オペラの魅力を総合的にとらえ、解説した小事典。オペラの名作、歌手・作曲家・指揮者・演出家、オペラハウス、用語などを大幅に増補した改訂版。

2009年2月5日 発行

改訂版での増補   目 次
本文&資料より「世界のオペラハウス・音楽祭」 ※抜粋



改訂版での増補

  • 第1部「世界のオペラ歌手」は「魅惑の名歌手」「現代のスター歌手」に分け、現代のニュースターを大幅に増やした。顔写真も最新の写真にかえた。
  • 第2部「名作の鑑賞」では11作品を増補、また「CD&LD」情報は「DVD&CD」情報にかえ、最新の録画・録音情報とした。
  • 第4部「オペラ人名事典」は「作曲家」「指揮者」「演出家」に分け、新しい指揮者、演出家を大幅に増やした。
  • 第4部「世界のオペラハウス・音楽祭」ではオペラハウスとともに、オペラの上演されるおもな音楽祭を紹介した。

目   次

第1部 オペラの魅力

  • オペラへの招待 オペラの舞台模様 世界のオペラ歌手

第2部 名作の鑑賞

  • わが国で上演される94作品のあらすじ、作曲・台本・原作・初演・演奏時間・時と場所、DVD&CD情報を紹介

第3部 オペラの教養を深める

  • オペラの歴史 オペラの種類 声の種類と歌手、役柄

第4部 用語・資料編

  • オペラ人名事典(作曲家・指揮者・演出家) オペラの用語
  • 世界のオペラハウス・音楽祭

オペラ年表

索引


本文&資料より「世界のオペラハウス・音楽祭」 【抜粋】 ※書籍はモノクロ写真

マリインスキー歌劇場(ロシア)

マリインスキー歌劇場
マリインスキー歌劇場

キーロフからマリインスキー歌劇場へと名前を変え、音楽監督ワレリー・ゲルギエフに率いられた同歌劇場は、いまや世界中に名を知られたエキサイティングな歌劇場になっている。古い都サンクト・ペテルブルクの街中に、淡いグリーンの外観を持つ歌劇場は、内装も美しい。ただ舞台機構が古くなっており、現在は隣り合わせの場所に新しい歌劇場が建設されている。ロシアものはもちろんだが、ヴェルディからロッシーニなど、レパートリーも広い。座席数は1625。

バイロイト音楽祭(ドイツ)

バイロイト音楽祭会場
バイロイト音楽祭会場

数ある夏の音楽祭のなかでも、伝統と格式、またユニークさの点でも他を引き離している。御大ワーグナー自身が、畢生ひつせいの大作、『ニーベルングの指環』全曲を理想的な形で上演するために、ドイツの小さな町バイロイトに、祝祭劇場を建設したのだ。いまではワーグナー・ファン(ワグネリアンという)のメッカといわれ、7月末からの約1カ月間、世界中からワーグナー詣での人々が結集する。  4部作は上演に4日かかるが、毎日は上演されないので1週間はバイロイトに滞在しなければならない。チケットの入手が最も難しい音楽祭といわれる。『指環』が上演されない年もあるが、ほかに3演目ほどが上演される。   

エクサンプロヴァンス音楽祭(フランス)

エクサンプロヴァンス音楽祭メイン会場
エクサンプロヴァンス音楽祭メイン会場

2008年で創立60周年を迎えた伝統ある音楽祭。近年になって一段とレベルアップし、先鋭な演出家やスター指揮者が出演する人気の音楽祭になっている。エクサンプロヴァンスは南仏のリゾート地として知られ、世界中から観光客が集まってくる。音楽祭が開催される会場は、メイン会場は司教館の中庭に建設された野外劇場だ。07年になって、1600人収容のプロヴァンス大劇場がオープンし、09年まで、ラトル指揮、ベルリン・フィルによる『ニーベルングの指環』全曲上演のプロジェクトが上演中だ。演出家もパトリス・シェローやピーター・セラーズなど一流の演出家が常連だ。ミンコフスキ、ルセ、クリスティなど古楽系指揮者が登場することでも知られる。