ことばは人を育て、未来をきりひらく知の源です。三省堂はことばをみつめて135年 サイトマップお問い合わせプライバシーポリシー
三省堂 SANSEIDOトップページ 三省堂WebShop辞書総合サイト Wrod-Wise Web教科書総合サイト ことばと教科
辞書教科書電子出版六法・法律書一般書参考書教材オンラインサービス
書名検索漢字かな著者名検索漢字かな詳細検索
新刊・近刊案内
メディアでの紹介
本の注文
書店様専用
大学向けテキスト
卒業記念
名入れ辞書
品切れのご案内
「ぶっくれっと」アーカイブ
会社案内
採用情報
謹告
三省堂印刷
三省堂書店へ
三省堂書店はこちら
声に出して読めない日本語。
「ほぼ日刊イトイ新聞」
(『大辞林』タイアップ・サイト)
  能楽ハンドブック 第3版


能楽ハンドブック 戸井田道三 監修・小林保治 編

1,500円 A5変 304頁 978-4-385-41060-9

本書は、1993年6月初版発行、2000年11月改訂版を発行、能楽の案内書として定評のあるロングセラーです。改訂版から7年が経過し若手能楽師の台頭も著しい現状を踏まえ、各流派の系図を最新の情報に改め、新作能54曲を追加し、薪能一覧を新設するなど、大幅に増補・改訂しました。また写真40点を増補しています。

1993年 6月10日 発行
2000年11月10日 改訂版 発行
2008年4月20日 発行

本書の特色 序(初版) 目次 掲載写真ピックアップ(撮影:堀上 謙)
薪能一覧(全国の主なもの)

ハンドブック・シリーズ



本書の特色

  1. 能には約束事や舞台上の慣習が数多くある。能を鑑賞するために必要な、そうした基礎知識をもれなく解説した「能のすべてがわかる」小事典。
  2. 現在上演される能の全レパートリー237曲のあらすじを解説。また、明治以降に生まれた新作能97曲を紹介。
  3. シテ方、ワキ方、囃子方、狂言方の流派とそれぞれの演者を、各流派の詳しい系図とともに歴史的に解説。
  4. 能面、扮装・装束、作り物と小道具、舞、謡と囃子など、能の意匠(デザイン)と演技の種類、それぞれの役割をわかりやすく解説。
  5. 能の理解に役立つ写真・イラスト約340点を掲載。
  6. 能の用語解説、年表、関係書一覧、薪能一覧、能名所地図一覧、索引など、資料編も充実。


序(初版)

 能は現在たいへんな盛況を呈している。昨年(一九八三年)は国立能楽堂もできた。能の保護育成につくし、国民に優れた能を提供するためである。一層の繁栄が予測されるの である。

 かつて能は一部の人達に愛好されるだけであった。羽織袴でないと能楽堂へはいりにくい気分があった。今はひろく各階層の人びとに愛され支持されて、ジーパンにジャケットという若者も堂々と見に来ている。つまり拝見するものから鑑賞するものへと変わったのである。

 新しい観客は、それなりに自由な見方をし、面白いと感じているのであろう。しかし、まだ古い伝統との間にしっくりしない何かが残っていそうに思われてならない。能には固有の約束ごとや舞台上の慣習が、あまりにも多いからである。あたりまえすぎるので簡単にひとに訊くわけにもいかず、さりとて捨てておくといつまでも十全な理解に届かぬもどかしさが残る。この種の事柄は、能の研究書や解説書にも、くわしくはのべられていない。その欠をおぎない、能を百パーセントわかるための案内書として、この事典は編集したものである。

 能という古い酒が常に新しく保持されているのは古い皮袋によってであった。

戸井田道三


目   次

第1部 能への招待

  • 能・狂言の歴史
  • 能の芸術的性格
  • 能の舞台展開

第2部 曲目編

  • 能の作者
  • 曲の種類
  • 曲目の部

第3部 事項・用語編

  • 役の種類と演者
  • 能面、扮装と装束
  • 作り物と小道具
  • 舞とその関連語
  • 謡と囃子、一般用語

第4部 資料編

  • 能の歴史(年表)
  • 能楽関係書一覧
  • 薪能一覧
  • 能名所地図一覧
  • 能楽堂一覧・能楽協会

索引

 


掲載写真ピックアップ(撮影:堀上 謙)

※曲目の部「新作能」より

「仲麻呂」

仲麻呂

「紅乙女」

紅乙女

「能リア王」

能リア王

このページのトップへ