ことばは人を育て、未来をきりひらく知の源です。三省堂はことばをみつめて135年 サイトマップお問い合わせプライバシーポリシー
三省堂 SANSEIDOトップページ 三省堂WebShop辞書総合サイト Wrod-Wise Web教科書総合サイト ことばと教科
辞書教科書電子出版六法・法律書一般書参考書教材オンラインサービス
書名検索漢字かな著者名検索漢字かな詳細検索
新刊・近刊案内
メディアでの紹介
本の注文
書店様専用
大学向けテキスト
卒業記念
名入れ辞書
品切れのご案内
「ぶっくれっと」アーカイブ
会社案内
採用情報
謹告
三省堂印刷
三省堂書店へ
三省堂書店はこちら
声に出して読めない日本語。
「ほぼ日刊イトイ新聞」
(『大辞林』タイアップ・サイト)
花育のすすめ 親子ではじめるフラワーアレンジ12か月

優秀なる羊たち 米国エリート教育の失敗に学ぶ


優秀なる羊たち 米国エリート教育の失敗に学ぶ

ウィリアム・デレズウィッツ 著、米山裕子 訳

2,500円 四六判 336頁 978-4-385-36578-7


一様に賢く、才能に溢れ、意欲的なアメリカのエリート学生たち。しかしその一方で彼らは、小心で常に不安を抱え、真の意味での知的欲求は乏しく、自分の将来を自分で決めることもできない。元イェール大教授の著者は、そんな「優秀なる羊たち」の実態を経験に基づいて明らかにし、歴史を踏まえて分析。大学教育のあるべき姿を問い、若者たちを真の学びへと誘う。日本語版解説は、阿部公彦(東京大学准教授)。原題は、EXCELLENT SHEEP The Miseducation of the American Elite and the Way to a Meaningful Life 。

  日本語版解説   目 次   著者・訳者紹介

2016年2月10日 発行



日本語版解説 阿部公彦(東京大学准教授)

 あれこれびっくりする本だ。日本でもこのところ教育改革をめぐる熱い議論が続いているが、そうした場ではたいていアメリカ風の教育スタイルを理想として掲げる声が大きな力を持つ。ところが、理想とされているはずの当のアメリカの教育現場で、さまざまな問題が発生しているというのだ。

 『優秀なる羊たち』の著者ウィリアム・デレズウィッツ氏は、世界の大学ランキングでいつもトップクラスにあるイエール大学の教授だった人。彼が教えたのはアメリカの学生でもエリート中のエリートだ。しかし、そのエリート学生におかしなことが起きていたという。「今日のエリート学生たちが世間に見せることを習得した、人当たりがよく自信に満ち、そつなく適応している表の顔を一枚剥いでみれば、往々にして、有害なまでの恐怖や不安、抑鬱、虚無感、喪失感や孤独を見ることができる」というのである。

 彼らの能力が落ちているわけではない。学力はしっかりある。それだけではない。運動もできる。趣味もある。外国語もできるし、ボランティアだってしっかりやっている。手際もいいし、自信にもあふれている。きわめて有能な青年たちなのだ。決してがつがつ受験勉強ばかりしてきた「頭でっかち」や「もやしっ子」ではない。むしろ私たち日本人が羨望のまなざしで見仰いできた、何でもできるアメリカン・エリートの典型なのだ。

 ところがそんな学生たちが希望を失い、精神的な失調を訴えはじめているという。デレズウィッツ氏自身もそうした状況を目の当たりにしてきたし、間接的にも症例がたくさん耳に入ってくる。これはいったいどういうことなのか? そう言えば彼自身にも思い当たるふしがある──これが本書の出発点だ。だから著者はこの本を二十歳の自分への手紙として書き始める。あの頃、知っておきたかったこと。あの頃、耳にしたかったこと。それを今の自分があの頃の自分に伝えたい。

 本書はアメリカのエリート主義への批判として書かれている。ハーバード、イェール、プリンストンといった超エリート大学の優秀な学生に訪れつつある危機。その根にあるのは、「焦点の定まらない野心」(unfocused ambition)だと著者は言う。彼らは何でもできるし、何でもやろうとする。次々と目の前の目標をクリアし、成果を得る。問題解決はいくらでもできるのだ。

 ただ、欠けているものがある。「いったい何で?」という問いである。問題を解くことはできるが、そもそもそれが解かれるべき問題なのかどうかについて考えられない。その好例が大統領だったビル・クリントン。有能で、どん欲で、ほしい物はどんどん手に入れ、やりたいことは何でもやった。でも、彼に根本的にかけていたのは「いったい何で?」という思考だった。国のリーダーからしてこれだから、若者が迷走するのはもっともだ。そもそもアメリカという国そのものが、目標を失いつつあるのではないか。冷戦に勝利すること。人種差別を撤廃すること。アメリカはつねにそうやって目標を設定し、それらをクリアすることに力を注いできたが、今のアメリカはいったい何をしたいのかが見えないのだという。

 さて、みなさんはこの本をどう読むだろう。すべてについて納得できただろうか。実は解説を書いている私も不満がないではない。冒頭部、エリート学生たちの「危機」を描いた部分はやや印象が先走っているように思える。もう少しデータや複眼的なアプローチがあれば説得力が増したかもしれない。あるいは中程、著者から若者へのメッセージが熱を帯びるあたりは、自己啓発本めいた過剰さと内容の大味さとに戸惑いをおぼえた。行きすぎた能力主義への処方箋として著者が提示する青年像も、さほど目新しいものではない。自分を見つめ直す、時間をとって考える、ほんとうにやりたいことをやる……。どこかで聞いたようなセリフのような気もする。

 しかし、アメリカの一流大学がどのように学生を選抜し、どのように教育し、またそれが歴史の中でどのように方向転換を迫られてきたのかといった話になると、さすが元教員、きわめて具体的で生々しいエピソードが多く、おおいに引き込まれる。思わずあちこちに線を引きながら読みたくなってしまう。

 それというのも、アメリカがたどってきた軌跡のうちのいくつかが、まさに日本がこれからたどろうとしている道筋とだぶるからだ。日本の論者や政策立案者たちは、旧アメリカン・モデルを採用するにあたってあまりに楽観的であるように思えるのだ。とりあえずアメリカ式にすれば大丈夫、とりあえずアメリカ流でやれば何とかなる、そんな無根拠な安心感が現在の教育論には蔓延しているのではないだろうか。

 たとえばこのところ日本でもあらためて脚光を浴びている「人物主義」。たしかにアメリカのエリート大学では、選抜方法として面接や推薦書を積極的に取り入れている。しかし、これはもともと学力テストだけではユダヤ系ばかりが合格してしまうので、合格者の出自をコントロールするために導入されたものだったという。こうした歴史的事情の説明は、著者自身がユダヤ系であることを勘案したとしても、いろいろ考えるための種を与えてくれると思う。人は既得権益を守ろうとするものだ。自分の家族や血縁だけではなく、自分と似たような人、自分が好きな人、自分を好きになってくれる人を好む。それが人間というものだ。つまり、放っておけばイヤでも階級は固定され、同じような価値観をもつ人間が再生産され、やがて社会は煮詰まって停滞する。

 そういうわけで、本書の核心を成すのも階級固定化への批判なのである。1920年代のアメリカではいわゆる WASPがヘゲモニーを握っていた。時間をかけてその偏重が正され、1960年代になってようやく伝統校でもマイノリティを積極的に受け入れるようになった。それができたのは確かにすごいことだ。しかし、そこを基点に次なる階級が台頭することになる。それが今に至るまでアメリカを支配してきた新しいエリート主義だと著者は言う。勉強で優等であるのはもちろんのこと、スポーツに秀で、課外活動をこなし、趣味を持ち、もちろん雄弁でほがらかで自信に満ちているというスーパーエリートたち。一流大学はこうした学生にあふれるようになる。

 エリートたちは言うだろう。自分たちは努力したのだ。能力もあるし、実績もある。報われて当然だ、と。しかし、そのように努力をしたり、報われたりするためには、裕福な家庭に生まれ、同じような価値観を持つ親によって大事にされながら育つ必要があるということを彼らは知らない。つまり、能力主義といえども決して階級の固定化とは無縁ではないのである。むしろ能力主義を取り入れさえすれば階級問題が解消すると考えてしまうところに落とし穴がある。

 階級格差、教育格差はどんどんひろがっている。だから本書の終盤、著者は教育格差解消のために、思い切った教育政策を提言するに至る。富裕層の子弟に有利になるような現在の審査方式をあらため、貧困層の子どもの活躍ぶりにもっと焦点をあてること。より強靱なリーダーを育てるために、むしろ失敗の経験をこそ評価すること。若い頃の自分に向けた手紙は、こうしてきわめて具体的な政策論議へとつながっていくのである。

 私たち日本の読者は、こうした議論をいったいどう読むべきなのだろう。「ほお。アメリカはやっぱり進んでおりますなあ。別世界のようですなあ」と感心していればいいのか。しかし、考えてほしい。先の人物主義にしても、能力主義にしても、今必死に日本の大学が取り入れようとしているものなのである。多様な人材を取り入れるための面接重視。特定の分野での突出した活動の評価。課外活動やボランティアの奨励。いずれも日本の入試システムの中では比較的新しく、かつ濃厚にアメリカ臭がこびりついている。だから多くの大学が飛びつこうとする。文科省も奨励する。私たちはまだそんな旧アメリカ式システムの確立にすら至っていない段階なのだが、私たちのはるか先を行くアメリカが生み出したエリートたちはすでにすっかり疲弊し、大きな危機に直面しているというのである。そして、その処方箋として「自分を見つめ直す」という、どこかで聞いたような価値観に回帰すべきだという話が出ている。

 グローバリズムを唱え、熱心にアメリカの一流大学に学生を送りこもうとする潮流は日本ですっかりお馴染みになった。しかし、本書でも指摘のあるように、アメリカの一流大学にとってみればそうやって海外の青年たちを呼び込むのは、何より資金集めのためなのである。ほんとにそれでいいんですか?といったん立ち止まって考える時ではないだろうか。威勢のいいグローバリズムのかけ声が聞こえる一方で、国立大学への補助金は着々と削られ、近い将来の学費の大幅な値上げが噂される。著者が警鐘を鳴らす教育格差の拡大は、日本でもとっくに現実の問題となりつつある。この本から学ぶべきことは多々あるだろう。

 本書の著者はイエール大学では英文学を教えていた。同じく英文学を教えている私に解説の依頼が来たのもそのためだろう。実際、本書はあちこちに英文学的思考があふれている。ジョージ・エリオットの『ミドルマーチ』が英文学の最高峰だと考えるあたり、まったく同感。その主人公の生きざまを通して、学生達の現況を見つめ直すという視点にも「いいね!」と言いたい。『闇の奥』、『日陰者ジュード』といった名作が引っ張り出されるのもいい。筆者は声高に言う。今だからこそ、人文学なのだ、と。能力主義に引きずられ、目先のテクニックや出世や成功に人が踊らされている今、人間の深い感情の動きを見つめ直し、人間にとって何が一番大切なのかを考えねばならない。

 たしかにどこかで聞いたような話だ。でも、どこかで聞いたような話を、まるで初めて聞くように耳にする、それがまさに物語の世界で起きることなのである。一度でも「物語とは何だろう?」と問うたことのある人なら必ず気づくことだ。まったく新しい物語などない。物語はつねに繰り返される。しかし、人はそのたびにそれを、まるで新しい物語のように新鮮に──ときには痛みとともに──聞いてしまう。そういう能力が人間には備わっている。この本もまた、まるで新しいものであるかのように古い物語をフレッシュに語ってくれる。加えて、古い物語を新しいものとして聞くとはいったいどういうことか、じわっと考えさせてくれるのである。これはまさに人間についての学問が果たす最大の使命ではないだろうか。



目   次

はじめに

第一部 羊たち

第一章 学生たち

第二章 歴史

第三章 トレーニング

第四章 大学

第二部 自己

第五章 大学はなんのため?

第六章 人生はその手で創る

第七章 リーダーシップ

第三部 大学

第八章 偉大な本

第九章 魂のガイド

第十章 君のためのランキングガイド

第四部 社会

第十一章 エリートクラブへようこそ

第十二章 世襲制能力主義社会との決別

謝辞

日本語版解説(阿部公彦)



著者・訳者紹介

<著者>

ウィリアム・デレズウィッツ William Deresiewicz

作家・ジャーナリスト。元イェール大学教授。コロンビア大学卒。学生・講師・教授として通算24年をアイビーリーグで過ごす。著書に、『人生で大切なことは、みんなジェーン・オースティンに教わった』(未訳、原題A Jane Austen Education : How Six Novels Taught Me About Love, Friendship, and the Things That Really Matter)がある。

<訳者>

米山 裕子 Hiroko Yoneyama

翻訳家。1961年、神奈川県生まれ。『生き方のコーチング』『弱気な声をやっつけろ!』、『原爆投下決断の内幕』(共訳)ほか、訳書多数。



 

このページのトップへ