ことばは人を育て、未来をきりひらく知の源です。三省堂はことばをみつめて135年 サイトマップお問い合わせプライバシーポリシー
三省堂 SANSEIDOトップページ 三省堂WebShop辞書総合サイト Wrod-Wise Web教科書総合サイト ことばと教科
辞書教科書電子出版六法・法律書一般書参考書教材オンラインサービス
書名検索漢字かな著者名検索漢字かな詳細検索
新刊・近刊案内
メディアでの紹介
本の注文
書店様専用
大学向けテキスト
卒業記念
名入れ辞書
品切れのご案内
「ぶっくれっと」アーカイブ
会社案内
採用情報
謹告
三省堂印刷
三省堂書店へ
三省堂書店はこちら
声に出して読めない日本語。
「ほぼ日刊イトイ新聞」
(『大辞林』タイアップ・サイト)

女脳文学特講 芙美子・翠・晶子・らいてう・野枝・弥生子・みすゞ


女脳文学特講 芙美子・翠・晶子・らいてう・野枝・弥生子・みすゞ

山下聖美 著

1,500円 四六判 208頁 978-4-385-36565-7

書いた、闘った、恋した ──。権威に媚びず、世に流されず、明治・大正・昭和の激動の時代を、熱く、ひたむきに、やさしく、おおらかに、誇り高く生き抜いた、日本近代文学史・思想史に名を刻む女性たちの〈本気〉の生きざまが鮮やかに甦る。

  目 次   著者プロフィール   見本ページ

2011年9月10日 発行




●目  次

◎第1話 林芙美子 ── 7

気取らず飾らず
真っ向勝負、
信じる道を突き進む

◎第2話 尾崎翠 ── 31

孤独とつながり
つむぎだされた
新感覚の幻想世界

◎第3話 与謝野晶子 ── 49

恋、闘い、労働、子育て、
すべてを包み込む
母性の力

◎第4話 平塚らいてう ── 73

時代の波頭を舞台に、
太陽のごとく輝く
天性のヒロイン

◎第5話 伊藤野枝 ── 107

野性の勘、
炎の情熱、
カオスパワー全開の人生

◎第6話 野上弥生子 ── 135

沈着冷静、
ねばり強く拓いた
円熟の境地

◎第7話 金子みすゞ ── 169

見えないものを信じる力
心のうちに秘めた
一途な思い

年譜 ── 190

参考文献 ── 204



著者プロフィール

山下聖美(やました・きよみ)

文芸研究家。
1972年生まれ。日本女子大学文学部卒業。日本大学大学院芸術学研究課博士後期課程修了。博士(芸術学)。現在、日本大学芸術学部文芸学科准教授。著書に『検証・宮沢賢治論』、『一〇〇年の坊っちゃん』(以上、D文学研究会)、『賢治文学「呪い」の構造』(三修社)、『新書で入門 宮沢賢治のちから』(新潮新書)などがある。



見本ページ

*PDFファイルです



このページのトップへ