書名 漢字 よみ 著者名 漢字 よみ
さらに詳しく検索

トップ・ページ  新刊・近刊
辞書  電子出版  一般書  六法・法律書  教科書  参考書  教材  品切一覧

英語教育と辞書

英語教育と辞書

山岸勝榮 著

2,500円 四六 224頁 978-4-385-35763-X (品切)

日本人のための英語教育、夢ある英語教育をめざした本書では、充実した辞書論・教育論が展開されている。中学・高校・大学で教えた経験からの発言は、これからの英語教育に多大の貢献をなすだろう。

1997年 4月20日 発行


●著者紹介

山岸 勝榮(やまぎし かつえい)

 1944年、山口県宇部市生まれ。法政大学大字院博士課程修了(英語学・言語学学専攻)、口ンドン大学ユニパーシティ・コレッジ大学院留学(英語学・音声学専攻)。法政大学教授を経て、現在、明海大学教授、慶応義塾大学講師、国際教育研究所副会長。

 我が国の英語教育・英語辞書を改善すべく、確固たる信念に基づいた独自の発言と実践を行なっており、今回のCIE Ed.D.論文はその集大成である。

 著書に『日英言語文化論考』『現代英米語の諸相』(正・続・続々の三部作)、『イギリスの言葉と社会』(以上、こびあん書房)ほか多数がある。『ニューアンカー和英辞典』『スーパー・アンカー英和辞典』(ともに学習研究社)の編集主幹、『ケンブリッジ・インターナショナル英英辞典』の日本人顧問でもある。


●目  次

目次1
目次2


●『英語教育と辞書』

自著自讃(「ぶっくれっと」1997.7 no.125より)

山岸勝榮

 本書は、私が国際教育協議会(Council of International Education)認定教育学博士号を取得した論文集「英語教育の思想と実践」(Philosophy of Teaching English to Japanese Learners and Its Practice)中より、標記の題名のもとにまとめたものである。英語のタイトルはEnglish Language Teaching and Dictionariesとした。

 本書で私は、実践的辞書論・教育論を詳述しており、辞書に関しては、特に「学習者にとって有益な英和とは」、「学習者にとって有益な和英とは」という二点に焦点を絞りながら、主に学習英和辞典、学習和英辞典の質的向上を意図した理論・実践論を展開した。

 また、英語教育論に関しては、私自身が受けた英語教育の問題点を浮き彫りにしながら、より望ましい英語教育、夢ある英語教育を目指す私の具体的教育論・実践論を展開した。そこには、生徒に教えたい単語の話・辞書の話、言語のセンスを身につけさせる方法、夢ある英語教育の実現方法、目標言語変種としての英米語の捉らえ方なども収録されている。

 審査(計四名)に当たって下さった小川邦彦・山梨大学教授からは、「理論と実践の融合が精緻に展開された本書は、国際理解教育としての英語教育の深化に、多大の貢献をするものである」と、また、本名信行・青山学院大学教授からは、「日本人のための英語教育を目指した本書は、充実した辞書論・実践的教育論を中心に、有意義で興味深い発見を記録している」と、それぞれご高評いただいた。「我が国の英語教師に自信と示唆を与えてくれる指導書である」、「本書には、英語研究者、英語教師としての著者のなみなみならぬ情熱、意気込み、使命感が満ちあふれている」このような評を寄せて下さった一般読者(共に大学教授)もある。

 ちなみに、「日本人に英語を教えるプロ中のプロ」を認定する制度(英語科教員上級職認定プログラム)下での教育学博士号(CIE Ed. D.)取得は、第一号の東京学芸大学名誉教授・羽鳥博愛氏についで、私が第二号である。

このページのトップへ
トップページへのアイコン




Copyright (C) 2014 by SANSEIDO Co., Ltd. Tokyo Japan