ことばは人を育て、未来をきりひらく知の源です。三省堂はことばをみつめて135年 サイトマップお問い合わせプライバシーポリシー
三省堂 SANSEIDOトップページ 三省堂WebShop辞書総合サイト Wrod-Wise Web教科書総合サイト ことばと教科
辞書教科書電子出版六法・法律書一般書参考書教材オンラインサービス
書名検索漢字かな著者名検索漢字かな詳細検索
新刊・近刊案内
メディアでの紹介
本の注文
書店様専用
大学向けテキスト
卒業記念
名入れ辞書
品切れのご案内
「ぶっくれっと」アーカイブ
会社案内
採用情報
謹告
三省堂印刷
三省堂書店へ
三省堂書店はこちら
声に出して読めない日本語。
「ほぼ日刊イトイ新聞」
(『大辞林』タイアップ・サイト)
  英語授業実践学の展開


英語授業実践学の展開

(品切)
齋藤榮二先生記念論文集編集委員会 編

5,000円 A5 372頁 978-4-385-36079-9

わが国英語教育界の重鎮である齋藤榮二先生の関西大学御退職を記念する論文集。「英語授業の実践」に関する諸テーマをめぐって、関西大学を中心とする研究者たちが寄せる日本語と英語による全26編からなる。

2007年2月28日 発行

齋藤榮二教授 近影
はじめに   執筆者紹介   目次




●齋藤榮二教授 近影

齋藤榮二教授 近影
(2006年11月、関西大学にて)



●はじめに

平成18 年度末をもって、我々の敬愛する齋藤榮二先生が関西大学をご退職になります。先生は、大学院外国語教育学研究科の初代研究科長として揺籃期にあった研究科のかじ取りを担われ、その円満な人格と卓越した教育経験で、多くの教え子たちを導いて下さいました。本書は、先生のご退職を記念し、今までのご恩に報いるために、同僚、教え子の有志たちにより企画・編集されたものです。

齋藤先生は、小学校から大学院まで、( 幼稚園と高専を除く) すべての学校種で教鞭を取られた経験のある希有な先生です。これほど多種多様な教育経験をお持ちの方は、日本中を探してもそうたくさんは居られないでしょう。先生はこの経歴から、教育現場を常に意識する立場を堅持しつつ、学生たちの指導にあたってこられました。とかく学問の迷路に迷いがちな学生たちを、教育現場の実情というところへ引き戻し、進むべき道を示していただいたことは、彼らにとってどれほど心強い指導・助言となったか想像に難くありません。

先生は、平成17 年度教員養成GP、平成17 年度・18 年度文部科学省委嘱「英語指導力開発ワークショップ」事業など、競争的資金の獲得にも大きな役割を担われました。創設5年目をようやく迎えようとする若い研究科が、2年間で合計3つもの競争的資金を獲得できたのは、齋藤先生のご尽力とご指導のおかげであり、先生のリーダーシップに対して、学内外から高い評価が与えられていると聞いております。また、教員養成GP 獲得を契機に設置された「英語教育連環センター」(e-LINC) は、「英語教育の関大」と識者からいわれるようにしよう、と奮闘されてこられた先生のご努力の Culmination ともいえるもので、地域の学校との連携や、英語教員養成の分野で着実に成果を上げ始めています。

ようやく揺籃期を脱して新しいステージに達したとはいえ、まだ十分に成熟したとはいえない我々の組織としては、先生の定年によるご退職は大きな痛手であります。しかしながら、こればかりは抗えないことであり、受け止めなければなりません。我々は、今までの先生のご指導に感謝し、薫陶を胸に着実に歩んでいく所存です。 齋藤先生がこれからもご健康を保たれ、外国語教育学研究科とその修了生たちを暖かい目で見守り続けていただけるよう切に祈りながら、「はじめに」の稿を終えることにしたいと思います。

最後になりましたが、本書出版にあたり、株式会社三省堂の田村優光、松田徹両氏には大変お世話になりました。ここにお名前を記して感謝したいと思います。また、出版に対して補助をいただきました学校法人関西大学関係者各位にも、編集委員会一同、心よりお礼申し上げます。

     2007 年2月

記念論文集編集委員会
竹内 理(編集代表)
菊地 敦子
名部井 敏代
八島 智子
山根 繁
住 政二郎
池田 真生子




●執筆者紹介 (掲載順、所属等は平成18年12月現在)

石原 敏子(いしはら としこ)関西大学教授・Ph.D.(英米文学)
菊地 敦子(きくち あつこ)関西大学教授・Ph.D.(言語学)
北村 裕(きたむら ゆたか)関西大学教授
カイト 由利子(かいと ゆりこ)関西大学教授・Ph.D.(言語学)
靜 哲人( しずか てつひと)関西大学教授・Ph.D.(応用言語学)
高橋 寿夫(たかはし としお)関西大学教授
竹内 理(たけうち おさむ)関西大学教授・博士(学校教育学)
山根 繁(やまね しげる)関西大学教授・博士(外国語教育学)
八島 智子(やしま ともこ)関西大学教授・博士(文化科学)
吉田 信介(よしだ しんすけ)関西大学教授
吉澤 清美(よしざわ きよみ)関西大学教授・Ed.D.(応用言語学)
パーマー  ロジャー関西大学特任外国語講師
池田 真生子( いけだ まいこ)姫路獨協大学専任講師・博士(外国語教育学)
小山 敏子( こやま としこ)大阪大谷大学短期大学部専任講師・博士(外国語教育学)
神谷 佳郎(かみたに よしろう)立命館大学言語教育センター・外国語嘱託講師、関西大学大学院外国語教育学研究科・博士課程後期課程単位取得満期退学
安部 純子(あべ じゅんこ)関西国際大学特任講師、関西大学大学院外国語教育学研究科・博士課程後期課程
川部 和世(かわべ たかよ)関西大学大学院外国語教育学研究科・博士課程後期課程
水本 篤(みずもと あつし)関西大学大学院外国語教育学研究科・博士課程後期課程
岡本 清美(おかもと きよみ)関西大学大学院外国語教育学研究科・博士課程後期課程
杉田 麻哉(すぎた まや)関西大学大学院外国語教育学研究科・博士課程後期課程
住 政二郎(すみ せいじろう)姫路獨協大学専任講師、関西大学大学院外国語教育学研究科・博士課程後期課程
鈴木 義孝(すずき よしたか)関西大学大学院外国語教育学研究科・博士課程後期課程
田尻 利恵子(たじり りえこ)関西大学大学院外国語教育学研究科・博士課程前期課程修了
高橋 昌由(たかはし まさゆき)大阪府立山田高等学校教諭、関西大学大学院外国語教育学研究科・博士課程後期課程
薮越 知子(やぶこし ともこ)関西大学大学院外国語教育学研究科・博士課程後期課程
楊 涛(やん たお)龍谷大学経済学部特任講師、関西大学大学院外国語教育学研究科・博士課程後期課程



●目  次

はじめに
竹内 理……… i

David Macaulay, Black and White を読む
−絵本の可能性をひらく試み−
石原 敏子………3

Conceptual Systems and the Process of Translation
Atsuko Kikuchi………20

Registers and Academic Language Acquisition for English Language Learners in the United States
Yutaka Kitamura………39

第二言語習得理論と言語教育
カイト 由利子………53

小学校段階での英語学習が高校段階での英語力および動機づけに与える影響( I )
靜 哲人………66

授業研究:「協同学習」(Cooperative Learning) と授業(Writing) への導入
高橋 寿夫………78

学習者、教授者、メディア−外国語教育研究の統合的枠組みに向けて−
竹内 理………90

テレビニュース映画の音声と文法の特徴
山根 繁………103

異文化接触のクリティカルな瞬間におけるコトバの理解−社会文化論の観点から−
八島 智子………116

TV 番組による遠隔学習と現職教員研修−開発途上国における実践−
吉田 信介………130

英語リーディングテストに使われる並べ替え項目における局所依存性と適切な採点方法に関して
吉澤 清美………144

Communication Strategies in the ESL Classroom
Roger Palmer………159

読解方略の質問紙の開発:量・質両面からの分析
池田 真生子………167

外国語学習と電子辞書−今、教員に求められる姿勢−
小山 敏子………180

授業改善の取り組み−グループワークを活用し英語を用いた授業を目指して−
神谷 佳郎………190

英語教師の外国語不安−研究の展望と課題−
安部 純子………

質的研究 −ハワイの日本語学習者の投資概念と言語的社会化−
川部 和世………216

The Role of Learning Styles in Vocabulary Learning Strategies
Atsushi Mizumoto………229

Do Nurses Use the Same Words as Doctors in Research Articles?: A Courpusbased
Comparative Study of Academic Vocabulary between Nursing and Medicine
Kiyomi Okamoto……… 245

中学校英語授業における動機づけ方略:教員の視点から
杉田 麻哉……… 256

外国語教育のための授業環境デザイン
住 政二郎……… 267

日英語における「主観性」の問題について−英文法教育との接点を目指して−
鈴木 義孝……… 281

児童期の英語教育におけるprosody 指導の考察−オーラル・コミュニケーションの基盤作りをめざして−
田尻 利恵子……… 294

Ten Principles in the Assignment of English Homework in Japan: A Modeling Version of Saito's In-Class Principles
Masayuki Takahashi……… 308

Language Learning Strategies Used in SL/FL Contexts: Clarifying Issues
Tomoko Yabukoshi……… 320

Changes in Learner Autonomy by Means of Journal Writing: From the Point of View of Learners
Tao Yang……… 334

齋藤榮二先生 略歴・研究業績一覧……… 347

執筆者紹介……… 361

このページのトップへ