書名 漢字 よみ 著者名 漢字 よみ
さらに詳しく検索

トップ・ページ  新刊・近刊
辞書  電子出版  一般書  六法・法律書  教科書  参考書  教材  品切一覧

新明解
古語辞典
第三版

新明解古語辞典 第三版

金田一京助 監修 編者代表 金田一春彦

2,800円 B6変 1,440頁 978-4-385-13304-X

伝統ある古語辞典の最新版。類書中最大の45,000語を収録。用例は有名古典作品から47,000を精選。助詞・助動詞,敬語を中心に基本語を大幅改訂。組立欄・接続欄・語誌欄を新設し,参考欄もいっそう充実。初句から引ける「名歌名句全釈」欄を新設。百人一首をはじめ、教科書・教材に頻出する著名な和歌・俳句の全釈を掲げる。古文学習上の重要語を二段階に標示。最重要語は大見出しを採用。最新の考証による豊富な挿絵、約650点。巻頭にカラーの付図32ページ。「敬語について」「平安貴族の生活」などを加え付録もいっそう充実。

明解古語辞典の歴史

1953年 4月15日 明解古語辞典    初版発行
1958年11月 5日 明解古語辞典   改訂版発行
1962年10月 1日 明解古語辞典    新版発行
1967年11月 1日 明解古語辞典 修訂新装版発行
――――――――――――――――――――――
1972年12月15日 新明解古語辞典   初版発行
1977年12月 1日 新明解古語辞典  第二版発行
1995年 1月20日 新明解古語辞典  第三版発行


 第三版序
 初版序
 第二版序
 あとがき
 付録一覧
 付図一覧

 見本ページ (新規画面)



 ●第三版序

 『新明解古語辞典』が世にお目見えしてから、はや二十年。社会情勢も大きく変わり、辞典の内容も改めなければいけなくなった。

 何より学界の進歩である。従来の語彙の解釈があやまりとなって、訂正しなければならなくなったものも多く、文法的説明のし方の変わったものが多い。これらはすべてこの版で訂正して掲げることにした。

 時世の変化でことに著しいものは、古典の文章が一般の人、ことに高校生諸君にとって縁の遠いものになったことである。衣食住の生活が変わり、機械文明が進歩した今日は、私ども老人の知らないような言葉を若い諸君はたくさん使っている。マルチメディア、グローバル、デジタル何とか、ドコサへキサエン酸、等々。これでは、昔の言葉「小春日」「五月やみ」「日だまり」「村雨」「野分」「しののめ」「花野」「尾花」「帰雁」などという言葉は忘れ去られてもしかたがない。

 また、文語体そのものが今の若い人たちには外国語のように響いているようだ。「夏は来ぬ」や「いかにいます父母」のような言い方は、自分らの言葉とは受け取られないだろう。そういうわけで何より、歴史的仮名遣いというものがうとましく、「蝶(ちょう)」とか「葵(あおい)」とかいう言葉を古語辞典で探し出すことは大変であろう。

 それを思い、まず古典語の基本的な単語に親しんでいただくために、重要語の解説の形に工夫をこらし、その内容も一層の充実をはかった。助詞・助動詞については、重要なものには大きな活用表を掲げたり、どのような語や活用形に接続するかということを、特別に欄を設けて詳細に述べるようにした。また、古典語が現代仮名遣いから、容易に引けるようにしたつもりであるがどうであろうか。和歌や歌謡、また俳句は別に初句の五十音順にまとめて、本文の「あ」の部、「い」の部…のはじめに掲載して全訳を添えたのも、古典に親しんでいただきたいという念願からである。

 私は今までこの辞典の改訂に当たっては、原稿の作成をしていたが、今回は全面的に桑山俊彦氏に中心になって差配していただいた。

 最後に、今回の改訂に当たり執筆をはじめ、さまざまな御協力をいただいた方々のお名前をあげ、深甚の謝意を表する。

執筆・編修協力者 (敬称略、五十音順)
《本文執筆》
川岸敬子・桑山俊彦・小林千草・染谷裕子・森野崇・若林俊英・鷲山茂雄
《「名歌名句全釈」執筆》 井實充史・市村栄理・宇都宮譲・梅原章太郎・纓片真王・小野恭靖・兼築信行・気多恵子・高松寿夫・ 玉川満・中田大成・人見恭司・満田達夫・安田吉人・吉井美弥子
《編修補助》
市川次郎・伊藤好英・木村義之・笹原宏之・高松正毅 《
図版》
<考証>五味充子・藤本正行  <作成>伊藤礼子・南波忠雄・信定孝郎・安田鏡子

  平成六年十二月

編者代表 金田一春彦



 ●初版序

 姉辞書『明解国語辞典』が装を新たにして『新明解国語辞典』として脚光を浴びたのに従い、妹辞書『明解古語辞典』も『新明解古語辞典』としてお目見えすることを、産みの親として嬉しくまたおもはゆく思う。

 『明解古語辞典』がこの世に呱々の声を挙げたのは昭和二十八年で、その後、行き届かなかったところを三十七年に改訂して『明解古語辞典新版』の名で世に送った。今度の版は、生を受けてから二十年、まことに娘盛りになったわが子を送り出す母親の心境である。長いことひいきにして御愛用くださった方々にその成長ぶりを見ていただきたいとともに、ここに至る間にたえず有益な御忠言・親身の御叱正をくださった各位に厚く御礼申し上げる。

 この辞書はもともと専門の学者を相手としたものではなかった。古典を勉強する高校以上の学生諸君や、古典に親しもうとする一般社会人の方々に、利用・活用していただくための辞書として誕生した。今度はその個性を一層はっきり打ち出してみた。用例を広く高校以上の古典の教科書から集めたこと、また名歌・名句と言われる作品は、その全体の解釈をもそえたこと、語釈は今まで以上に現代向きに、平易にと改めたことなど、それである。もちろん、学界での研究の進展とともに新しい解釈・訓み方が定説となったもの、用例にあげた本文が訂正されたものは、すべて取り入れる労を厭わなかった。

 今度の全面改訂に当たっては、平安朝の語彙については、その方面の解釈の第一人者、石川徹氏に重要語はすべて改めて稿を起こしていただいたことを特記する。また、上代語は、新たに委員として西宮一民氏の参加を得たのは幸せだった。辻村敏樹・永野賢・秋永一枝三氏の協力は従前どおりである。なお、基本的な語彙については、特に高校古典教育に詳しい堀内武雄氏をわずらわして適切な表現に改めた。また、めんどうな幹事の役は、今度は新進気鋭の関谷浩君が寝食を忘れてつとめてくれた。ここに感謝の意を表する。

 最後に、辞書がいよいよ出来上がるに当たり、三省堂の方々のお世話になることが大きかったことを銘記しておきたい。ことに、この前の『新版』の時もこの辞書を担当され、辞書作りにかけてはベテランである倉島節尚氏がその経験をフルに生かして辞書の出来上がりに尽力してくださったことは、永く忘れまい。

 巻頭に掲げた見事な色刷りの口絵は、その語句の理解に絶好のものと思うが、編修に関係された多くの方々の苦心の配慮になるもので、私にとっては、成人式に臨む娘のお祝いに豪華な晴着を贈られたような思いがする。

  昭和四十七年十二月   編者代表 金田一春彦



 ●第二版序

 新明解版を世に送ってから五年、教育界・学界の進歩に応じて、この辞書も多少の改訂を施さざるを得なくなった。今回の改訂は、本文では、基本語の解説の整備、重要語彙の指示、参考事項の注記などが主で、付録では「枕詞一覧」「掛け詞一覧」の新設、「用例出典一覧」「古典文法事項一覧」の充実が主なものであるが、全般に亘り、新しい学説の尊重すべきものを大幅に取り入れた。意のあるところを汲まれ、活用していただくことをお願いする。今度の改訂に当たっては、辻村・西宮・秋永の三委員のお力にすがることが大きく、また幹事を設けることをしなかったので、その分三省堂編修所の倉島節尚氏に労力奉仕を強いた。ここに慎んで感謝の意を表する。

  昭和五十二年十月一日   編者代表 金田一春彦



 ●あとがき

 古語辞典などというものは、毎日のように発生する新語・流行語を追って採録する現代語の辞典とはちがい、一度作れば、二十年でも三十年でも使用に堪えられそうなものである。それが、この辞典は、昭和二十八年に旧版を出してから、ほぼ十年目の昭和三十七年に『新版』を出し、今度また十年目でこの『新明解版』を世に送ることになった。
 この前の改訂の時は旧版の不備が目立ったからだった。今度また 版を改めるのは、それよりも、学界の研究の進歩についていこうということである。また、このところ、高校教科書の類にとられる古典教材が大体安定したように見える、そこでそれに合うようにという配慮もあった。『新版』をお買いくださった方に申し訳ない気持もするが、お許しいただきたい。

 今度の版の成るについては、原稿執筆に関しては、序文に名をあげた、石川徹・辻村敏樹・永野賢・西宮一民・秋永一枝・堀内武雄の諸氏のほか、稲垣正幸・新井智・神保五弥・内山美樹子・雲英末雄・谷脇理史・五味充子・木藤久代・都竹通年雄・中島繁夫および平野健次の諸氏のお世話になった。ここに謝意を表する。
 巻頭に掲げた見事な口絵については、五味充子氏の丹念きわまりない考証に基づき、川上成夫アートディレクター、与志田章二イラストレーターの尽力によって出来上がったもので、これは有難かった。「付図1・2 襲の色目」は社団法人日本流行色協会刊「日本伝統色」を参考にさせていただいた。また、大東急記念文庫および築島裕氏からは得がたい資料の提供を受けた。

 ところでこの新明解版の編修の出発は、実は、ちょっとまごついた。全共闘学生による大学騒動の矢先に、私の両腕にも等しい辻村・永野両委員が勤め先の大学で文学部長や学生部長の任をふりあてられ、そちらに手を取られてしまった。か細い女性の秋永一枝氏まで、学園封鎖の折りは、助教授であるという名目から駆り出されて、夜の警備に当たったというから無茶苦茶な話だった。そうして、幹事をつとめてくれるはずの若い人材が見つけにくかったことも出航を遅らせた。
 この時、国学院大学国文科出身の関谷浩君の出現は、この仕事のために天から降った神の使者に接した思いがあった。かれは大学を卒業したばかりという若年であったが、寝食の時間をもつめて、執筆依頼、原稿の整備、用例・出典の検討から校正というめんどうな仕事を全部引き受けてくれた。私は彼を知り、これならば新明解編修の仕事は成功するという自信を得、改訂の出発に踏み切った。平野多恵子・関谷三佐子・神崎洋子の諸君も、よくその仕事を助けて、和気あいあいのうちに、辞典の完成に尽力してくれた。本書の刊行を前にして、これらの方々に深い感謝をささげる。

 が、この新明解版の完成には、もう一つ大きくお蔭を蒙った向きがある。出版社である三省堂の編修部で、倉島節尚氏という優秀な編集者が、この新明解の担当責任者になってくれたことである。
 かれは、この辞典に愛情を注ぐこと私たち著者と変わらず、ひたすら原稿の辞句の推敲・参照項目の呼応整備に心を労し、ために、会社の帰りはいつも夜の八時、九時に及んだ。同じこの辞典を担当していた持田孝男氏はいつ見ても笑顔をたたえながら黙々とかれと同じように仕事に精出しておられた。あとで聞くと、この辞典の最終段階には、倉島氏のグループの全員が、休日も返上してその完成に協力してくださったという。また、こういう型の辞典では、組版が非常に複雑でよほどの熟練を要するが、整版関係者の皆さんの努力により、著者の希望通りに実現してくださった。しかも四校・五校に亘る書き込み・訂正を許された。  これらの隠れた各位にも慎しんで御礼申し上げる。

 私はこの新明解版を世に送るに当たり、一つの本を作るのには、著者側と出版社側との協力ということがいかに大切なものであるかということをつくぐ思う。「和を以て貴しと為す」とは千古の名言である。
 こんなことは一般読者各位は、想像のほかであろうが、著者と出版社との関係は、その本その本により、百様百態である。中には、著者と出版社とが意見の衝突の連続で、互いに争いあい、憎みあいながら、それでもその敵意が精力の根源になって完成させるものもある。中には出版社側がすべて著者に任せ、文句もつけない代りにまことに機械的でそっけなく、出来上がっても、著者と出版社とが別々に喜ぶという場合もある。
 こういう中にあって、著者と出版社とが完全に気持を一致させ、その出来上がりまでを共に苦しみ、共に喜ぶという例は、実は暁の星のように少ない。

 この明解古語辞典は、この前の版の時は、幹事の秋永一枝氏の超人的な働きがあって出来上がったが、会社側にもう少し理解があったらという感が深かった。
 それに引き換え、今度の新明解は、会社側が著者側と完全に一体となって作ったもので、著者側はその持っている実力をフルに発揮することができた。多年編修の仕事に関係してきた私としては、理想に近い状態で出来た数少ない仕事の一つとして、いつまでも懐しく思い起こすことであろう。先日仕事が終ったことを祝って、ささやかな集まりを開いたが、倉島氏の手を握ったとき目がしらが覚えず熱くなった。それは、決して、そろそろ老境に入るもののセンチメンタリズムによるものではない。
 このような編修の状況は、かならずやこの辞典の出来上がりに反映しているにちがいない。ぱらぱらと見られて、前の版とあまり変わっていないじゃないか、とつぶやかれる方があるかもしれないが、二度・三度お使いいただくうちに、隅々まで思いがけない細かい配慮のあることを知って、なるほどと思っていただけることを信じてやまない。

  四七・一二・一〇

春 彦 生記

第三版付記 新明解古語辞典は三省堂側の人としてこれまで倉島節尚氏が専ら面倒を見て下さっていたが、今回ははじめて加賀山悟氏の担当となった。彼は寝食を忘れて何から何までお世話をして下さったので、同氏の家の方には足を向けて寝られない思いがする。

  平成六年十二月

春 彦 生記



 ●付  録

古典解釈のしおり
平安貴族の生活
敬語について
読解用語便覧
用例出典一覧
主要古典文法事項一覧
  動詞活用表
  形容詞・形容動詞活用表
  重要動詞活用表
  重要助詞一覧表
季語一覧表
枕詞一覧
主要年中行事一覧表
貨幣表
官職表
  公家官職対位表
  武家官職表I  (鎌倉時代)
  武家官職表II (室町時代)
  武家官職表III(江戸時代)
日本文化史年表
年号・西暦対照表
時刻と方位・干支表
難読語読み方一覧
歴史的かなづかい一覧



 ●付  図

襲の色目
服飾(女子)
服飾(男子)
冠・烏帽子
武具
乗り物
建築
仏像・梵鐘・印
楽器
舞台・音組織票
能面
訓点資料
書誌学
旧国名地図
奈良付近図
京都付近図
大阪付近図
江戸付近図
大内裏
内裏・清涼殿
紋所



●付図見本

付図見本

このページのトップへ
トップページへのアイコン




Copyright (C) 2014 by SANSEIDO Co., Ltd. Tokyo Japan