書名 漢字 よみ 著者名 漢字 よみ
さらに詳しく検索

トップ・ページ  新刊・近刊
辞書  電子出版  一般書  六法・法律書  教科書  参考書  教材  品切一覧

ことば学習まんが

 全点品切

ことば学習まんが 小学生の漢字早わかり辞典1・2・3年

ことば学習まんが 小学生の漢字早わかり辞典4・5・6年
ことば学習まんが 知っておきたい 反対語・同意語
ことば学習まんが 知っておきたい 四字熟語
ことば学習まんが 知っておきたい ことわざ
ことば学習まんが 知っておきたい百人一首
ことば学習まんが グループでおぼえる四字熟語
ことば学習まんが グループでおぼえることわざ
ことば学習まんが まちがえやすい漢字の読み書き
ことば学習まんが まちがえやすい同音同訓異義のことば

三省堂編修所 編

各 1,000円 A5

「調べ学習」や「宿題」「自由研究」に役立つ,小学生のための学習まんがの決定版。教科書に準拠した内容で、わかりやすい辞書的説明をほどこした本格派。楽しい四コマまんがでことばの使い方を示してあり、漢字やことばに関する知識がどんどん身につく。


 

ことば学習まんが 小学生の漢字早わかり辞典 1・2・3年

176頁 978-4-385-13760-X  1996年11月15日 発行

 「本文の使い方」「見本ページ」

●この本のしくみ

(1)まんがでおぼえるページ……国立国語研究所が行った小学校の漢字のしらべで、100人のうち15人までぐらいしか音やくんの読み・書きができなかった漢字をえらんで、それぞれの学年のはじめに、音読みの五十音じゅんにならべ、まんが入りでたのしく学べるようにしました。そのあとに、のこりの漢字を一らんにしてならべてあります。

(2)「音訓さくいん」ページ……この本のおわりには「音訓さくいん」かありますので、知りたい漢字をさがして学んでください。音読みはカタカナ、くん読みはひらがなでしめし、学習する学年を数字でしめしました。

(3)「ふろく」ページ
(ア)「知っておきたい四字じゅく(熟)語」……漢字四字からできている、あるまとまった意味のことばを集めてあります。
(イ)「からだの一部を先ったかん(慣)用句」……二ついじょうのことばがむすびついて、もとの意味をはなれたことばがかん用句です。ふだんよく使われますので、しっかり学びましょう。

●くりかえし学んでおぼえよう

 漢字は国語だけでなく、ほかのどの科目を学ぶうえでも、また、これから中学校・高校へと進んでもっといろいろのことを学ぶうえでも、ぜひしっかりとおぼえておかなければなりません。

 このたいせつな漢字を、小学校1年で80字、2年で160字、3年で200字と、三年までで合計440字を学習するように定められています。これだけたくさんの漢字の一字一字について、書きじゅん、きめられた音読み・くん読み、もとになる意味を身につけるには、それこそくりかえしくりかえし書いておほえるしかありません。とりわけ、それぞれの学年の多くの人が読みあやまりやすい漢字・書きあやまりやすい漢字は、いっそう力をいれて勉強する必要があります。

 この本は、小学生のみなさんが、そのような学び方ができるように、たのしいまんが入りで作ってあります。じゅ業の予習とふく習にじょうずに利用するのはもちろん、じぶんで使い方をくふうして、くりかえし学習を習かんづけ、早く漢字に強くなってください。

このページのトップへ


ことば学習まんが 小学生の漢字早わかり辞典 4・5・6年

192頁 978-4-385-13765-X  1996年11月15日 発行

 「本文の使い方」「見本ページ」

漢字をてばやく確実におぼえよう

 漢字の力は国語の学習だけでなく、ほかのどの科目でももっとも大事な基そとなるものです。そして、中学・高校へと進んで学習の程度が高くなり、科目のはん囲が広がるにつれて、漢字力がいっそう必要になってきます。

 みなさんは、この大切な漢字をどのように学んでいるでしょうか。5年生はさらに185字、6年生は181字増えて三学年合計566字となります。このようにたくさんの漢字を学ぶには、いろいろな方法が考えられるでしょう。しかし、かんじんなことは、漢字の一字一字について、書き順を正確におぼえ、音読み・訓読みによる読み方、基本的な意味と、その漢字をふくんだ代表的な熟語をしっかり学んでいくことです。それには、なによりもくりかえしくりかえし書いておほえるのかいちばん効果的です。

 とくに、多くの人が読みあやまりやすい漢字・書きあやまりやすい漢字については、しっかりとこの“くりかえし学習”をする必要があります。

 また、作文や日記をすすんて書いたり、本などを数多く読んだりして、漢字の使い方の知識を広げるように心がけることです。

 この本は、小学生のみなさんに、そのような漢字学習がてばやく着実にできるように、かずかずのくふうをこらして作ってあります。また、まんが入りでわかりゃすく説明しましたので、たのしみながら漢字力を身につけることができます。

 まいにち、この本をじょうずに使って、早く漢字に強くなってください。

このページのトップへ


ことば学習まんが 知っておきたい 反対語・同意語

くわしい説明

「善、悪」などの反対語・対照語、「感動・感覚」などの同意語・同類語、おのおのの意味と使い分けを解説。四コマまんがで実際の使い方を示す。

160頁 978-4-385-13776-X  1996年11月15日 発行

このページのトップへ


ことば学習まんが 知っておきたい 四字熟語

くわしい説明

教科書および私立中学入試に出る四字熟語を収録。漢字の組みたて、意味、使い方、関連熟語などを解説。四コマまんがで使い方が楽しく学べる。

      160頁   978-4-385-13773-X  1996年11月15日 発行
ポケット版(文庫判) 978-4-385-13774-X  2001年10月30日 発行 600円

このページのトップへ


ことば学習まんが 知っておきたい ことわざ

 ⇒くわしい説明

小学生が目にし耳にすることわざを五十音順に配列。意味と用例を四コマまんがでわかりやすく解説。類似・反対のことわざも紹介。

       192頁  978-4-385-13770-X  1996年11月15日 発行
ポケット版(文庫判) 978-4-385-13771-X  2001年10月30日 発行 600円

このページのトップへ


ことば学習まんが 知っておきたい百人一首

160頁 978-4-385-13775-X  2001年1月1日 発行

▼歌番号順のならべかた……百人一首の順序はほぼ時代じゅんになっている。その順序にしたがって、(1)〜(3)の番号をつけてならべてある。

▼五十音順もくじ……歌のはじめの語の「あいうえお順」でもひけるように、そのもくじをもうけた。

▼かなづかい……歌の中の歴史的(旧)かなづかいの部分には、その左がわに現代かなづかいをそえた。

▼語句の説明……2ページ立てのものには囲みらんで、1ページのものはまんがの中で説明した。

▼便利なふろく……「百人一首地名マップ」「百人一首ゲームのいろいろ」「百人一首のきまり字」「五七五七七さくいん」「作者名さくいん」をつけた。

見本ページ

 小倉百人一首

このページのトップへ


ことば学習まんが グループでおぼえる四字熟語

192頁 978-4-385-13759-X  2001年1月30日 発行

動物の名前、数字、気持ち・行動・自然に関する言葉、同じ漢字・反対の意味の漢字が使われる言葉などをグループ別に構成。意味、使い方、言葉の由来を解説。「参考欄」で、意味の似た四字熟語、反対の意味の四字熟語も掲載。パズル、コラムもまじえ、グループ分けで楽しく四字熟語を覚える「学習まんが」の決定版。

●この本の組み立てと特長

▼155の四字熟語を八つにグループ分け……教科書などに出てくる四字熟語や、ふだんよく使われる四字熟語をとりあげ、それぞれのグループの中はあいうえお順にならべました。

▼解説は理解しやすい四つの項目……「意味」「使い方」「ことば」「由来」で、知りたいことがズバリわかるようにしてあります。

▼関連知識がひろがる「参考」欄……「意味のにた四字熟語」「反対の意味の四字熟語」をはじめ、たとえば「努力の意味の四字熟語」「読書かんに関する四字熟語」のように、280あまりの四字熟語を、同じような意味や関連でまとめた記事ものせました。

▼大画面と小画面とを組み合わせたまんが……もともとの意味を迫力ある大画面で、いまの使われ方を小画面で描きました。

▼四字熟語の活用に強くなるさくいん……巻末の「意味のにた四字熟語さくいん」「意味から引く四字熟語さくいん」で、作文や日ごろの会話などに四字熟語が効果的に使えます。

見本ページ

このページのトップへ


ことば学習まんが グループでおぼえることわざ

192頁 978-4-385-13764-X  2001年1月30日 発行

▼148のことわざを「からだ、動物・植物、数字、自然、衣食住や道具、心・言葉・神、人間関係」の7つにグループ分け……教科書などに出てくることわざや、ふだんよく使われることわざを選んで、それぞれのグループの中にあいうえお順にならべた。

▼解説は理解しやすい4つの項目……「意味」「使い方」「語の意味」「由来」で、だいじなことがズバリわかるようにしてある。

▼関連知識がひろがる「参考」欄……「意味のにたことわざ」「反対の意味のことわざ」をはじめ、たとえば、「季節に関係することわざ」「猫のつくことわざ」のように、270あまりのことわざや慣用句を、関連するページに集めて解説。

▼小学生にわかりやすいまんが……ふだんの生活のなかで使われることわざを、わかりやすく、おもしろく描いた。

▼ことわざの活用に強くなるさくいん……巻末の「意味のにたことわざさくいん」「ことわざの知恵」で、作文や日ごろの会話などにことわざが効果的に使える。

このページのトップへ


ことば学習まんが まちがえやすい漢字の読み書き

192頁 978-4-385-13762-X  2001年4月5日 発行

▼147字の読みまちがえやすい漢字……小学校で学習する漢字は1006字あり、そのうち読みまちがえやすい漢字147字を選んで、用例や読みまちがいの例などをのせてある。漢字は、学習する学年順に並んでいる。

▼まず読んでみよう……見出しの読みまちがえやすい漢字には、線が引いてある。まず自分で読んでみたうえで、[答え]を見よう。

▼180字の書きまちがえやすい漢字……見出しの書きまちがえやすい漢字の部分は□(四角)になっている。まず自分で書いてみまよう。正しい漢字は[答え]に出ている。

▼書きまちがいの具体例と注意……具体的な書きまちがいの例や注意点、参考になる漢字の知識などものせてある。

▼学習を楽しくするまんが……見出し語の用例の情景を一コマまんがで表した。楽しみながら、漢字の学習をしよう。

このページのトップへ


ことば学習まんが まちがえやすい同音同訓異義のことば

192頁 978-4-385-13767-X  2001年4月5日 発行

▼430の同音・同訓語の使い分けを掲載……日本のことばには同じ読み方であっても意味が違うものがたくさんある。そのうち、特に使い分けがまぎらわしい同音・同訓の熟語をとりあげ、あいうえお順にならべた。

▼意味と用例を分かりやすく解説……[ポイント]で、見出し語の意味を分かりやすく説明した。そして、(用例でおぼえよう)には、ぴったりした使い方の文例を示してある。これにならって、自分で短い文を作ってみよう。

▼関連知識が広がる「おまけ」……見出し語以外の同音・同訓語や、見出し語に関連した熟語・四字熟語・慣用句・ことわざなどをのせた。

▼まんがを楽しみながらおぼえよう……意味や使い方を、まんがを見ながら自然に理解できるようにしてあります。楽しみながらおぼえよう。

■付録……「一行」(いちぎょう・いっこう)のように、売み方によって意味が違うことばを集めた。

見本ページ

このページのトップへ
トップページへのアイコン




Copyright (C) 2014 by SANSEIDO Co., Ltd. Tokyo Japan