書名 漢字 よみ 著者名 漢字 よみ
さらに詳しく検索

トップ・ページ  新刊・近刊
辞書  電子出版  一般書  六法・法律書  教科書  参考書  教材  品切一覧

広辞林
第六版

広辞林 第六版

三省堂編修所 編

5,700円 A5 2,210頁 978-4-385-13037-X (品切)

明治40年以来の伝統に輝く百科的国語辞典の最新版。新語・新情報を豊富に補充し,「常用漢字」を全面採用。最新の表記を示した唯一の大型国語辞典。収録語数16万語。現代の言語生活により密着させ,百科事項も多数収録し,的確・詳細に記述した。付録多数。


1907(明治40)年 「辞 林」発行(同44年改訂)
1925(大正14)年 「廣辞林」発行
1934(昭和 9)年 「廣辞林新訂版」発行
1958(昭和33)年 「新版広辞林」発行
1973(昭和48)年 「広辞林第五版」発行
1983(昭和58)年 「広辞林第六版」発行

 まえがき
 「大西巨人と『広辞林」



●まえがき

 言語は時間とともに変遷する。変遷の様相は多様であり、同時に法則的ではあるが、その速度は、長い歴史の中で、時期により必ずしも一定ではない。音韻をはじめとして文法・語彙はもちろん文字や表記に至るまで、およそ言語現象のすべて、変遷の埒外ではないが、その変化はこれまた必ずしも併行的には起こらない。言語を用いる個性すなわち人間が、次々に生起消滅し、あるいは各地域へ分散集中し同化する中で、また、異文化との接触の過程で、社会生活・文化的創造等における人間の言語活動の結果として、言語は常に静かに変化していく。速度を早める要因に若者たちがおり、年輩者から言葉の乱れと顰蹙をかい、言葉を正そうという力が変遷の速度をゆるめる。その両方の力の均衡が少しずつくずれ、言語は変遷する。従って実は、言語が自ら変わるのではなく、その使用主体たる人間の生々しい営みの中で、人間が変わり、人間が言語を変化せしめるのである。

 人間が移ろい、言語が変遷する中で、なおかつ言語にはしかし変わらざる部分も少くない。微妙なずれがないとは常に断言はできないが、基本的には変わらざる部分がむしろ多い。ここに、現代に生きるわれわれを、言語文化の上限である古代にまでつなぐ直接のきずながある。現代の文化の後背地としての過去に、われわれは言語を通じてむすばれている。

 こう考えるとき、およそ辞書には、その編修の性格に、自覚のあるなしにかかわらず、二つの立場が認められる。一つは、その対象とする言語を時間的な流れにそってとらえる立場である。一つは、言語を現在の視点でとらえる立場である。前者は、古代から現代に至る時間の流れとともにある言語を、その流れに応じて、あるいはその流れの一時期を区切って、そのままにとらえ記述する方法であって、古語辞典や時代別辞典はその典型である。後者は、常に時間とともに歩んでその先端に存在し、常に現在を中心に言語をとらえる。その記述する対象は、必ずしも現代語であるとは限らない。この立場では、過去も、現在を起点に、その現在の必要とする過去の言語文化を収める。本書はまさに、この後者の立場にある。

 明治四十年に、本書が、言語学の泰斗金澤庄三郎博士の手により成って以来、脈々として生き続け、今まさに七十七の寿を迎えようとしている。この間、とりわけ昭和前半期においては一世を風靡し、識者により広辞林時代とよばれたその呼称にふさわしい充実をみ、その充実は、時代の情報の増大に応じて今日さらに豊かにふくらみをみせている。わが国で、後続の辞書編修の底本となったばかりでなく、日本を代表する辞書として海外の日本語研究の基盤となっている。初版より数えて六度目の版を改めて、今第六版を世に送ろうとしているが、本書の基本的な立場は、一貫して常に現在とともにあることに変わりがない。現在は時間とともに進行する。明治四十年初版の時点で真に現代に生きた本書は、昭和三十三年の四版においてまた現代に生き、今日また現代に生きている。これが本書の伝統の真骨頂である。明治四十年の現在は、すでに大正十四年第二版の現在ではなく、大正十四年は昭和九年第三版の現在でもない。昭和九年は昭和三十三年ではなく、まして今日の第六版の現在ではない。現代に用いられる日常語である和語(本来の日本語)・漢語(もと外来語であった)、主に片仮名で表わされる外来語はもちろん、百科万般の事項に関する語句、専門用語、固有名詞を中心に、現代人の必要とする過去の言語(古語から仏教語等々)に至るまで、常に改訂時における現代の必要を充してきた。今日、必要としない歴史的過去の言語とそれの伝える情報を削っても、補充せねばならぬ内容は無限に近く多い。きびしい選択を行なってなお、現代人に必要にして十分の十六万余語とそれに含まれる情報量は、初版時の約三倍にのぼる。

 現代はまさに情報社会である。その現代にふさわしい言葉の意味用法の広がり、外来語の増大、社会用語・文化用語・科学用語の知識は多岐厖大に亘る。本書は可能の限り精選して現代を収め、また、心のふるさとであり、現代のよって立つ基盤である過去の言語と情報を現在の立場でとらえている。たとえば、中辞典で唯一、漢字表記を常用漢字による現代表記の視点で示し、歴史的表記とともに世上に提供するのも、その現われの一つである。本書が、現代人の知識の宝庫として、実際の言語生活のよりどころとして、活きて用いられることを希望する次第である。われわれは、第六版刊行と同時に、次に来たる現在へ向けて、その歩みを続ける所存である。

   昭和五十八年七月

三省堂編修所

このページのトップへ



●「大西巨人と『広辞林」 (「ぶっくれっと」152号より)

武藤康史

 大西巨人の小説では「辞書を引用する」という場面がよくある。

「たまたま手もとにあった辞書をパラパラとめくったら……」という調子のノンシャランな書き方が世上しばしば見受けられるところ、大西巨人はたとえば『三位一体の神話』(光文社、平成四年刊)では、

《『広辞林』は、「士族」を「(1)武士の家柄。(2)明治の初め、維新前の士分を世襲した階級。華族の次で平民の上に位したが、権利・義務その他はすべて平民と同じであった。1947年(昭和22)の戸籍法の改正に伴い廃止。」と解義する。他の諸辞書も、まず同断。》

 というようにズバリ書名を挙げ、語釈も略さず写す凛然たる引用法である。ちなみにここで引かれているのは『広辞林』第五版あるいは第六版の記述。

 架空の辞書が引かれることもある。『迷宮』(光文社、平成七年刊)には、

《たとえば『日本大言苑(にっぽんだいげんえん)』〔成蹊堂1989年第五版第一刷〕は、「死にはぐれ派文学」を「第二次大戦後における一つの有数な文学流派。雑誌『当代文学』の同人などを中心に、政治と文学、マルクス主義と実存主義、主体制論、世代論等を共通の主題とした。」と解説し、同派の主要な作家および批評家の数人を掲げていて、その一人が、鶴島の話の中の野由喬(しきのよしすけ)である。》

 などというくだりがあって(ルビも原文)、架空ながら書名や版元の名はもっともらしく、刊行年や第何刷かまで書き添える詳しさに破顔あるいは絶倒する。

 一年ほど前、大西巨人『精神の氷点』の新版が上梓せられた(大西巨人調になって来た)。この大西巨人の処女長篇にもやはり辞書を引く場面が厳存する。昭和24年に改造社から出たその初版から引いてみよう。

《――『広辞林』の「ち・ぢ」の部には次のやうな語詞の説明が載つてゐる。「ちあんいじほう〔治安維持法〕(名)〔法〕国体の変革又は私有財産制度の否認を目的とする諸行為に対する処罰令、大正十四年四月法律として公布せらる。」――この呪ふべき法律は長い間日本人民の上に暴威をふるつた。多くの誠実な人民の人権がこの悪法のいけにへとなつた。生命をさへ奪はれた。しかし今日私たちは無量の感慨と喜びとを以て『広辞林』の説明を補足することができる。「昭和二十年十月廃止さる」と。無論水村宏紀の学生時代には治維法が全魔力をあげてさかんに活躍してゐたのである。――》

 原文は旧字体だが、新字体に直して書き写した。

 そして平成13年、作者による加筆訂正を施された新版『精神の氷点』がみすず書房から出たのである。「新版おくがき」にも述べられているごとくここには

《基本的な異同は、全然ない》としても、かなり手が入れられているのは確かで、たとえば主人公の男のもとに女がやって来て、コートを脱ぎ、帯を解き、男の寝床にもぐり込む場面――

《やがて生温かい、しかし手足の冷えた肉体が彼の横にすべり込むと、乱暴に抱きしめてくる。冷い、と水村宏紀は邪険に足で突きやるのだが、彼が日頃このをんなに、そしてをんなと関聯して自分自身にも抱いてゐる嫌悪の情が、この瞬間から、嫌悪する対象を骨までしやぶりつくさうといふ風な、憎悪を交へた情慾に移行してしまふ。できる限りをんなを辱めようとするやうに、肉慾にすべてを溺れ入らした時間を持たうとした。》

 と、もともとはなっていたところ、新版では、

《やがて生暖かい、しかし手足の冷えた肉体が、水村の脇に滑り込んで、乱暴に抱きついてくる。「冷たい。」と言い、彼は、足で邪険に突きのけるようにするものの、この日ごろ彼の彼女および彼女との関連における自分自身にたいして抱いている嫌悪ないし憎悪のような情調が、この瞬間から、そんな情調の対象を骨までしゃぶり尽くそうというような「複雑怪奇」の情慾へと移行してしまう。おんなをこの上なく辱めようとするかのように、水村は、情慾に一切溺没(いっさいできぼつ)の時間を持とうとした。》

 と書き直された(ルビも原文)。

 初版では「女が男を抱きしめる」という、たぶんそのころまでの小説ではそう多くはあるまいと思われる表現だったのが、新版では「女が男に抱きつく」に変り、女の猛々しさが一歩後退した。「足で突きやる」という古びを帯びた語彙は「突きのける」に直された。《憎悪を交へた情慾》は《「複雑怪奇」の情慾》に変った。複雑怪奇にカギカッコがついているのは当時の流行語だからだろうか。新版だけ読んだ読者は、ナルホド昭和十四年に平沼騏一郎が言ったことから流行した表現がここに使われているのはさすがに昭和二十四年の小説らしい、と錯覚するかもしれない。

(「キング」昭和十五年新年号附録の小冊子「ニュース便覧/一問一答/新語新問題早わかり」にも、《【問】最近流行してゐる『複雑怪奇』といふ言葉は、どうして出来ましたか。》

 という項目があり、平沼内閣が総辞職したときの首相談に云々という説明が載っている)

《肉欲にすべてを溺れ入らした時間》は《情慾に一切溺没の時間》に直された。性交中の男の(否、人間の?)気分をあらわす語として新版の書き方は含蓄に富むけれど、このように冷静な四字の熟語で眺めきれぬところが若さというものではないか。20代のとき書いた小説を80代で書き直すことの意味について私はしばし沈思した(初版「あとがき」によると『精神の氷点』は昭和22年に脱稿したという。作者が満28歳の年である。新版の加筆は平成12年におこなわれたという。81歳の年である)。

 このように細部にわたる改稿の筆は例の『広辞林』登場の場面をどう変えているか、そわそわしながら読み進んだところ、こうなっていた。

《――『広辞林』〔1934年新訂版〕の「ち・ぢ」の部には、下のような語詞説明が、出ている。「ちあんゐぢはふ」[治安維持法](名)[法]国体の変革又は私有財産制度の否認を目的とする諸行為に対する処罰令、大正14年〔1925年〕4月法律として公布せらる。」・・この呪うべき悪法「治安維持法」は、長らく日本人民の上に暴威を揮った。少なからぬ人権ないし人民生命が、この悪法の餌食になった。しかし、今日、私たちは、無量の感慨ならびに喜びをもって、『広辞林』の説明を「昭和二十年〔一九四五年〕十月廃止せらる。」と補足することができる。むろん水村宏紀の二十歳前後ごろには、「治安維持法」が、全魔力を挙げて、さかんに梁跋扈していたのである。・・》

 原文では『広辞林』という書名および『広辞林』の語釈には旧字体が使われているが、そこも新字体に直して書き写した。ルビは原文。

 初版と見比べると、終り近くで《治維法》となっていたものが略さずに書いてある。「治維法」という見出しはこの『広辞林』新訂版にはなく、昭和十八年に出た『明解国語辞典』の巻末の「常用略語集」にも見えない(「院展」「浦高」「小田急」「鐘紡」「近歩」「新興」「団菊左」「天どん」「奈翁」「文理大」「ユナイト」……など、たくさん載っているのだが)。だから『精神の氷点』の初版は「治維法」の用例としても貴重である。

 しかし、そんなことよりこの新版は『広辞林』の引用にあたって大きな誤りを犯した。なぜか見出し語を 《ちあんゐぢはふ》というありうべからざる形に改変しているのだ。とんでもない。『広辞林』新訂版(昭和九年)においてこの見出し語は、

 ちあんいじほう

 だったのであり、その下に小さく双行注の形で《―ヰヂハフ》という歴史的かなづかいを示していた(「治安」の子見出し。「し」は変体がな)。その小字注を省いたのはちっともかまわないことであるけれど、肝腎の見出し語を――せっかくゴチック体にしながら――それに『精神の氷点』の初版では間違っていなかったのに――わざわざ1934年(昭和9年)の新訂版、と明記しつつ、なおも――こんな形にしてしまうとはどういうことか。見出し語のすぐ下、「治安維持法」という漢字表記をくるむ約物が、『精神の氷点』初版では亀甲カッコ(〔 〕)であったところ、新版では、何カッコと呼ぶのか知らないがカドが直角のカッコ([ ])になっている。これは新版のほうが『広辞林』の形そのままなのである。それほどまでに原態に忠実のようでありながら(旧字体も使っている)、どうして見出し語のかなづかいだけ改変したのであろうか。

『広辞林』の初版は大正14年9月に出た。その年の4月に公布されたばかりの治安維持法は初版の見出し語には採られていない(「治安警察」「治安策」「治安妨害」はある)。しかしもし初版に「治安維持法」が立項されていたとしても、見出し語の形は決して「ちあんゐぢはふ」とはならなかった。その前身の、明治40年初版の『辞林』なら見出し語は歴史的かなづかいだった。「けんぱふ(憲法)」「ひつえう(必要)」などの例を並べることができる。しかし『辞林』が(明治44年の改訂版ののち)『広辞林』になったとき、見出し語のうち字音語のかなづかいは「けんぽう(憲法)」「ひつよう(必要)」など、のちの現代かなづかいとほとんど同じ形に改められたのであり、編者金沢庄三郎は「緒言」で、

《我等は引くことに困難なる辞書を退けて、引き易き辞書を作り出したるなり》

 と声高らかに宣言したのである。当時『広辞林』が広く普及した理由の一つはこの点にあったろう。大正14年に『広辞林』初版が出たあと、昭和3年に刊行の始まった『大日本国語辞典』修正版も、昭和7年刊行開始の『大言海』も、見出し語は「けんぱふ」「ひつえう」式だった。そのあと昭和9年に『広辞林』のお株を奪う辞書が出始め、昭和10年には一冊本のそういう辞書も出たりして、『広辞林』の勢いは次第に殺がれ、日本で最も普及した一冊本の国語辞書という位置からずるずる滑り落ちて行った――と見られるのであるが、とにかく「『広辞林』の時代」があったことは確かだろう。その証言ともなりうる『精神の氷点』が、新版において実際と異る書き方をしているとは(言葉は悪いが校正者の賢しらの為せる業ででもあったのか)、我ら大西巨人党としては声も出ない。かねてから『広辞林』の愛用者として知られ、中学時代に『広辞林』を使った思い出の一文は三省堂の社史をも飾っている、その大西巨人の小説で――。

 なお、今ふれた『大日本国語辞典』と『大言海』には「治安維持法」は載っていない。『大日本国語辞典』は修正版のあと修訂版、さらに新装版が出たけれども、「治安維持法」はとうとう立項されずじまいであった。このように大きな国語辞典でも新しい事物や制度の名前などは案外載りにくいものだった。一冊本ながらそういう語を載せることに積極果敢だったのも『広辞林』の特色で、初版には「第三インターナショナル」も載っている。「今日は帝劇明日は三越」「死線を越えて」などという見出し語もある(「今日」「死線」の子見出し)。新訂版には「ゲーペーウー」「五・一五事件」「ナチス」も載っている。「餓死線上」という見出し語もあり、《(大山郁夫が議会に於ける質問演説中の警句)餓死に迫りたる境遇。》となっていたが、これなど『日本国語大辞典』第二版にも載っていない。『日本国語大辞典』は多くの新語辞典・隠語辞典・用語辞典などを呑み込み、それらも出典の一つとして成り立っているが、『広辞林』に対しては語彙採集の手が及んでいないようである(別冊の「主要出典一覧」に『広辞林』は見えない)。『広辞林』は(特にその初版や新訂版は)『日本国語大辞典』を補う語彙集としても十分有用だろう。

 昭和30年、『広辞林』の新版が出た。かつて『精神の氷点』で大西巨人が補足していたように、この新版の「治安維持法」の語釈では《昭和20年(1945)10月廃止。》と末尾につけ加えられたことを付記しよう。

『広辞林』は昭和48年に第五版、昭和58年に第六版が出た。これは『辞林』を『広辞林』の第一版と見なし、『広辞林』初版を第二版、新訂版を第三版、新版を第四版と数えた上での数字である。

(むとう・やすし 評論家)

このページのトップへ
トップページへのアイコン




Copyright (C) 2014 by SANSEIDO Co., Ltd. Tokyo Japan