ことばは人を育て、未来をきりひらく知の源です。三省堂はことばをみつめて133年 サイトマップお問い合わせプライバシーポリシー
三省堂 SANSEIDOトップページ 三省堂WebShop辞書総合サイト Wrod-Wise Web教科書総合サイト ことばと教科
辞書教科書電子出版六法・法律書一般書参考書教材オンラインサービス
書名検索漢字かな著者名検索漢字かな詳細検索
新刊・近刊案内
メディアでの紹介
本の注文
書店様専用
大学向けテキスト
卒業記念
名入れ辞書
品切れのご案内
「ぶっくれっと」アーカイブ
会社案内
採用情報
謹告
三省堂印刷
三省堂書店へ
三省堂書店はこちら
声に出して読めない日本語。
「ほぼ日刊イトイ新聞」
(『大辞林』タイアップ・サイト)
  敬語のお辞典


楽しく読んで使って慣れる会話例 5000
漢字は全部ふりがなつき。
日本語学習者にもバリアフリー。

「御」にこだわって「敬語のお辞典」
「御」のつく言葉を衣食住や人称や時代劇や幼児語などからも収録。
「お」がつくのか「ご」がつくのか迷ったことはありませんか?
約5000の敬語の会話例を340の場面別・意味別に分類。
豊富なバリエーションからぴったりした表現を探してください。

敬語のお辞典

坂本 達・西方草志 編著

1,500円 四六判 416頁 978-4-385-36425-4

「お」がつくのか「ご」がつくのか迷ったことはありませんか? 約5千の敬語の会話例を340の場面別・意味別に分類。豊富なバリエーションからぴったりした表現を探してください。漢字は全部 ふりがなつき。日本語学習者にもバリアフリー。

2009年8月2日 発行

本書の構成と特色  はしがき

目 次(PDF)
本文見本:2-3p(PDF)
索引見本:1ページ目のみ(PDF)*書籍では全60p



本書の構成と特色

●約5000例の敬語の会話集です。340に分類してあります。

●可愛い猫のイラスト入り。気楽に読める敬語の本です。

●1ページ単位で分類しました。その中に一つでも知っている言葉《使い慣れた言葉》があれば、その言葉を手がかりにして、周辺の言葉を眺めて語彙を広げてほしい、そういう想いから、このように分類しました。

 敬語の基本は柔らかい言葉かけです。会話の糸口、コミュニケーションの始まり。

「出会い頭にぱっと交わす言葉かけの技」とも言えます。

 このスキルに不慣れだと感じて、人とのコミュニケーションを苦手に思っている若い人に、もっと自信をもってほしいと思って、一種の「若者応援グッズ」のつもりで作りました。

 「あっ、これ知ってるわ。こういう言い方でいいのね。簡単じゃない」「ふうん、こんな言葉もあるのね」「これ、どこかで聞いたことがあったわ」と意識できたら十分。たくさんたくさん会話例を読むと(敬語の海にどっぷりつかる)自然とルールは見えてきます。

●[自]とある見出し語は、自分の行為に「御」をつけて、相手に対する敬意を表すことができる語です。「自分の行為には御はつけられない」と誤解している人も多いので、あえて、この[自]という表示をつけました。

●初めての「引ける敬語辞典」です。

 巻末索引(60頁)は敬語と普通の語の両方から引けます。

 会話言葉は、書き言葉とちがって辞書になかなか載りません。

  「お」「ご」がついた形、たとえば「ご自愛」という言葉があっても「ごじあい」の形で引ける辞書がない、それがこの企画のスタートでした。

 この本の巻末索引は「ごじあい」からも「じあい」からも両方から引けます。


はしがき

 *実際の本ではこのはしがきも含めて全部ふりがな付きです。
    ⇒ 参照:本文見本:2-3p(PDF)

 ご挨拶

 この本は、若い人たちに、敬語をもっと身近なものに感じて欲しい、という思いから編んだものです。
 敬語を含む会話例約五千を、キーワード(敬語以外の語も含む)を見出しに立てて、意味別・場面別に一ページ単位で並べました。
  「こんな気持ちを相手に伝えたいのだけれど、どう表現したらいいのだろう」と思った時に、気に入った言葉を見つけて、アレンジして使ってください。

 私たちは二人とも、学校で敬語を特に勉強した憶えはありません。
「ほーっ。なかなかしゃれた言葉を知ってるね」と感心されたり、思い切って使ってみたら「ん?」と首を傾げられて恥ずかしい思いをしたり…。
 敬語とは、そうした実際の経験から身につけていくものだと思っています。つまり「慣れる」こと が大切。そう考えて、たくさんの会話例を盛り込みました。

 私たちは、コピーライターとして四十年以上、言葉で商いをしてきました。その経験を元に、会話例はできるだけシンプルに一息で読める長さにしました。時には主語も省き、会話の中でその言葉が使われる場面や、使う人の雰囲気が伝わるように工夫しましたので、時には声に出して読んでみてください。

 書名を『敬語のお辞典』としたように、本書がこだわったのは「御」です。
 衣食住や人称、時代劇や幼児語まで、「御」のつく言葉には温もりが感じられ、人々がどんな物に愛着をもって生活してきたかが伝わってきます。

  「御」は自分の行為につけて相手に対する敬意を表すこともできます。「何々させていただきます」と言う代わりに「お送りします」「ご紹介します」と言えば、短くすっきり表現できます(見出しに[自]と表示した語が該当します)。

 ある言葉に御がつくのか御がつくのか知りたい時は、巻末索引を引いてください。この索引は敬語からも、元の普通語からも引けます。

「御」の字にはいろいろな読み方がありますが(御祭り、御希望、御仏など)、読み方の区別がつくように、本書ではひらがなで表記しました。また、日本語学習者にも読めるように、全ての漢字にふりがなを付けました。
 この本が、皆さんの暮らしに少しでもお役に立てたら幸いです。

編著者 坂本 達・西方草志


このページのトップへ