書名 漢字 よみ 著者名 漢字 よみ
さらに詳しく検索

トップ・ページ  新刊・近刊
辞書  電子出版  一般書  六法・法律書  教科書  参考書  教材  品切一覧

大活字
春夏秋冬
和歌・短歌歳時記

大活字 春夏秋冬 和歌・短歌歳時記

佐佐木幸綱 監修

2,400円 A5判 528頁 978-4-385-16044-X

四季折々に鑑賞でき、作歌に役立つ大きな活字の「和歌・短歌歳時記」。『万葉集』から現代短歌までの名歌2,600首を精選して掲載。歌語(季語)約350語をキーワードとし、春・夏・秋・冬・新年の順序に配列。歌語の意味、歌の意味も簡潔に解説。巻末に、どの句からでも引ける、歌語(季語)・初句・作者別索引。

2003年6月10日 発行

 大きな活字・大活字辞典シリーズ

 はじめに
 この本の組み立て
 見本ページ
 目  次



●監修・執筆者

【監修者】

佐佐木幸綱(ささき・ゆきつな)

一九三八(昭和十三)年東京生まれ。早稲田大学卒。現在、早稲田大学政治経済学部教授。歌人。「心の花」編集長。著者に『佐佐木幸綱の世界』全十六巻など。第二十八回迢空賞、第二回若山牧水賞などを受賞。

【執筆者】

歌語(季語)解説

櫂 未知子(春・夏)/村上 瑪論(秋・冬・新年)

近代短歌解説

小紋 潤(春)/谷岡 亜紀(夏)/山下 雅人(夏)/大口 玲子(秋)/横山 未来子(秋)/小川 真理子(冬・新年)/矢部 雅之(冬・新年)

[編集協力]佐佐木朋子



 ●はじめに

 歳時記といえば俳句。短歌には歳時記がありません。だからでしょう、短歌を作る際に歳時記を利用する人は少ないようです。しかし、上手に使えば、作歌にも歳時記はなかなか役に立ちます。

 季語は、一語で季節の空気をどっと呼び込む機能を磨いてきた言葉たちです。俳句の世界で活躍してきた彼らに、短歌という新たな活躍の場を与えてやる。彼らは、別バージョンの活躍の場をえて、それまでとは別のかがやき方、別の跳躍力をもって、いきいきと活動しはじめるはずです。

 本書は、『万葉集』から現代短歌までの名歌2600首を精選し、約350の歌語(季語)をキーワードにとして引けるようにしました。例歌を見ていただければ分かるように、季語が一首の主役の場合もあれば、人事が主役で、季語は単なる脇役、背景の場合もあります。しかし、どちらの場合も季語なしではその歌は成立しなかった。豊富な引用歌によって、そのあたりを読みとって作歌に役立てていただければありがたい。

 『万葉集』では巻八と巻十に、四季分類が採用されています。短歌史は、始発時から季節と密接な関係をもってきたのです。現代短歌でも、もちろん四季は重要な柱です。本書を大いに利用して、作歌の楽しみを味わっていただきたいと思います。



 ●この本の組み立て

(1) この本には、『万葉集』から現代の短歌までの、季節を読み込んだ和歌・短歌2600余首を精選して収録した。

(2) 日本の季節の変化を表現する歌語(季語)を歴史的かなづかいで表記し、その見出しのもとに古今の名歌を収録した。

(3) 歌語(季語)の配列は、歳時記等で一般に馴染んでいる、春夏秋冬新年の順とした。さらにその中を時候・天文・地理・生活行事・動物・植物に分類した上で、歌語(季語)を配列した。

(4) 各歌語(季語)には、その意味と季節感を簡潔に述べた解説を付し、関連する歌語(季語)を掲載した。

(5) 例歌の配列は、古典和歌については『万葉集』、勅撰集、私撰集、私家集の順とし、近現代歌については作者の生年順としたが、一部歌集刊行年順とした箇所もある。例歌の表記は『新編国歌大観』および各種古典注釈書類、また個人歌集や短歌全集などの表記を参照したが、一部読みやすさを考慮して表記替えを行ったものもある。

(6) それぞれの歌には、作者と歌集名を示した。なお、『万葉集』および「八代集」までの勅撰集には、歌集名の下に国歌大観番号を示した。

(7) 【意味】欄には、簡潔な訳を掲載した。

(8) 【解説】欄には、鑑賞のポイントや時代背景・人間関係など鑑賞に役立つ情報を掲載した。また、難しい語句の解説や掛詞・序詞の説明などを掲載した。

(9) 『小倉百人一首』歌は、【百】の表示で示した。

(10) 巻末の索引には、歌語(季語)索引、初句索引、作者別索引を掲載し、検索の便を図った。



 ●見本ページ

見本ページ



 ●目  次

《春》

【時候】

暖か……………………12
麗らか…………………13
朧月夜…………………14
如月……………………15
暮の春…………………16
冴返る…………………17
長閑……………………18
春………………………19
春立つ…………………21
春の暮…………………22
春の夜…………………23
日永……………………25
睦月……………………26
弥生……………………27
行く春…………………27

【天文】

淡雪……………………28
陽炎……………………30
霞………………………32
東風……………………34
佐保姫…………………35
春風……………………36
春雨……………………37
春の月…………………38
春の日…………………39
春の雪…………………40

【地理】

薄氷……………………42
潮干潟…………………43
苗代……………………45
春の海…………………46
春の野…………………48
春の山…………………49
焼野……………………50
雪解……………………52
雪間……………………53

【生活・行事】

磯菜摘…………………54
梅見……………………55
草焼く…………………56
蚕飼……………………57
三月節句………………58
汐干狩…………………60
涅槃会…………………60
花見……………………61

【動物】

鶯………………………62
鷽………………………64
蛙………………………65
蚕………………………66
帰雁……………………66
雉………………………67
囀………………………69
蜆………………………70
巣立……………………70
燕………………………71
蝶………………………72
鳥の巣…………………74
蛤………………………75
雲雀……………………76
百千鳥…………………78
呼子鳥…………………79
若鮎……………………80

【植物】

蘆の角…………………82
馬酔木の花……………83
虎杖……………………84
独活……………………85
梅………………………86
片栗の花………………88
桑………………………89
烏芋……………………90
紅梅……………………91
木の芽…………………92
桜………………………93
樒の花…………………95
下萌……………………96
雀隠れ…………………97
菫………………………98
芹………………………99
躑躅…………………100
椿……………………102
茅花…………………104
初桜…………………105
花……………………106
春菜…………………107
鹿尾菜………………107
藤……………………108
海松…………………110
桃の花………………111
柳……………………113
山桜…………………115
山吹…………………116
嫁菜…………………118
蓬……………………119
若草…………………121
若菰…………………122
若紫…………………123
若布…………………124
蕨……………………125
          
          
          
          
《夏》

【時候】

卯月…………………128
皐月…………………129
涼し…………………130
夏……………………131
夏の夜………………133
短夜…………………134
水無月………………136

【天文】

朝凪…………………137
卯の花腐し…………138
片蔭…………………139
雷……………………139
雲の峰………………141
五月闇………………142
五月雨………………143
麦の秋風……………144
夕立…………………145
夕凪…………………146

【地理】

石清水………………147
清水…………………148
滝……………………149
夏野…………………151
夏の山………………152

【生活・行事】

朝涼み………………153
袷……………………154
青簾…………………154
鵜飼…………………156
羅……………………157
帷子…………………158
賀茂の競馬…………158
賀茂祭………………159
蚊遣火………………160
祇園会………………161
薬玉…………………161
薬狩…………………162
更衣…………………163
早乙女………………164
白重…………………165
新糸…………………165
菅刈…………………166
納涼…………………167
茅の輪………………168
恙病…………………169
照射…………………169
夏衣…………………170
端居…………………172
氷水…………………172
氷室…………………173
祭……………………174
御祓…………………174
諸葛…………………176
魚簗…………………177

【動物】

鮎……………………178
鵜……………………180
空蝉…………………180
鰻……………………182
蝙蝠…………………182
鰹……………………183
水鶏…………………184
海月…………………185
蝉……………………186
虎鶫…………………187
夏虫…………………188
蛍……………………190
時鳥…………………191

【植物】

麻……………………193
楝の花………………194
葵……………………195
青葉…………………196
萍……………………198
卯の花………………199
瓜……………………200
沢瀉…………………201
杜若…………………202
貌花…………………203
梔子の花……………204
木下闇………………205
早苗…………………205
菖蒲…………………207
蓴菜…………………208
石竹…………………209
筍……………………210
夏草…………………211
夏木立………………212
蓮……………………213
花橘…………………215
帚木…………………216
浜木綿………………217
紅の花………………218
牡丹…………………219
真菰…………………220
蜜柑の花……………221
麦……………………221
葎……………………223
紫草…………………224
夕顔…………………224
百合の花……………225
若楓…………………226
忘れ草………………227
蒼朮の花……………227
《秋》

【時候】

秋……………………230
長月…………………232
文月…………………233
身にしむ……………234
行秋…………………235
夜寒…………………236
夜長…………………238

【天文】

秋風…………………238
天の川………………241
十六夜………………242
稲妻…………………243
霧……………………244
木の下露……………247
月……………………247
露……………………250
露霜…………………252
後の月………………253
野分…………………254
星月夜………………255
三日月………………255
名月…………………257

【地理】

秋の野………………259
萩原…………………260
花野…………………261
真葛原………………262

【生活・行事】

秋の駒牽……………263
蘆刈…………………264
稲刈…………………265
鵲の橋………………266
雁の使………………267
砧……………………267
小鷹狩………………268
織女…………………269
そほづ………………270
月見…………………271
妻迎舟………………272
木賊刈る……………272
鳴子…………………273
二星…………………273
牽牛…………………274
星合…………………275
紅葉狩………………276
八幡放生会…………277

【動物】

鶉……………………277
雁……………………278
螽とかげ……………280
(虫編に斯)
蟋蟀…………………281
鹿……………………282
鴫……………………283
鱸……………………284
鈴虫…………………285
蜻蛉…………………286
蜩……………………287
松虫…………………288
虫……………………289
鵙……………………291

【植物】

青匏…………………292
朝顔…………………292
蘆の花………………294
稲……………………295
芋……………………297
末枯れ………………298
晩稲…………………298
柑子…………………299
鶏冠木………………299
刈萱…………………301
菊……………………302
草の花………………303
葛の花………………304
鶏頭花………………306
真葛…………………307
忍草…………………308
芒……………………309
橘の実………………311
たむら草……………311
茅……………………312
蔦……………………313
露草…………………315
木賊…………………316
梨子…………………318
撫子…………………318
萩……………………320
櫨紅葉………………321
初紅葉………………322
柞……………………323
楸……………………324
ひつぢ………………324
(禾編に魯)
藤袴…………………325
酸漿…………………326
正木の葛……………327
紅葉…………………328
早稲…………………330
荻……………………331
尾花…………………332
女郎花………………333
          
          
《冬》

【時候】

神無月………………336
小春…………………337
寒し…………………338
冴ゆ…………………339
霜月…………………340
霜夜…………………341
師走…………………342
春の隣………………343
冬……………………345
冬ざれ………………346

【天文】

霰……………………347
北風…………………349
凩……………………349
時雨る………………351
時雨…………………352
霜……………………354
初時雨………………356
初霜…………………357
初雪…………………359
雪……………………361

【地理】

枯野…………………364
氷……………………365
氷柱…………………367

【生活・行事】

網代…………………369
埋火…………………370
障子…………………371
炭櫃…………………372
炭……………………372
炭竃…………………373
鷹飼…………………374
豊の明かり…………375
儺遣らふ……………376
庭火…………………377
鉢叩き………………378
火桶…………………378
日陰の蔓……………379
柴漬…………………380
冬籠…………………380
榾……………………381
雪仏…………………382

【動物】

勇魚…………………383
鴨……………………384
鷹……………………386
千鳥…………………387
友千鳥………………388
鳰……………………389
氷魚…………………390
鮪……………………391
水鳥…………………391
都鳥…………………392
鴛鴦…………………394

【植物】

落葉…………………395
草枯れ………………396
朽葉…………………397
木の葉………………398
霜枯れ………………400
柊の花………………401
冬枯れ………………401
冬草…………………403
山橘…………………404

《新年》

【時候】

去年…………………406
正月…………………407
新年…………………408

【生活・行事】

卯杖…………………409
門松…………………410
賭弓…………………411
若水…………………411

【植物】

薺……………………412
七種…………………414
子の日草……………415
若菜…………………416

《付録》

歌語(季語)索引……420
初句索引……………439
作者別索引…………480
掲載写真一覧………526
          
          
          
          
          
          
          
          
          
          

このページのトップへ
トップページへのアイコン




Copyright (C) 2014 by SANSEIDO Co., Ltd. Tokyo Japan