書名 漢字 よみ 著者名 漢字 よみ
さらに詳しく検索

トップ・ページ  新刊・近刊
辞書  電子出版  一般書  六法・法律書  教科書  参考書  教材  品切一覧

ビーコン英和辞典

宮井捷ニ・佐藤尚孝 監修、 三省堂編修所 編

執筆協力:大石 文雄;加藤 忠明;岸 暁;橘堂 弘文;竹下 良介;曳地 利明;渡辺 文彦

2,600円 B6変 1,676頁 978-4-385-10607-X

高校生の意欲をかき立てる55,000項目(英和45,000語、和英10,000語)の内容と、高校生向けの紙面。英語学習の第一目標であるコミュニュケーション重視の豊富な会話文、発音注記。頻出入試問題を分析し、その要点を満載。その単語の持つ意味や活用を、きっちり記憶させるさまざま工夫。

2002年1月10日 発行
2006年1月10日 第2版 発行

●はしがき

 新しい世紀に入って、通信や連絡の手段はますます発達し、世界は急速に縮まってきています。テレビや新聞、インターネット、ファックスや電話、また、映画や音楽など、世界を視野に入れるとき、ほとんど英語を通じてなされるようになりました。

 外国の人たちに手紙を書いたり、直接話をしたりするのは特別な人たちだけではなくなり、その機会もかつてと比べると考えられないくらい増えてきました。今後はもっと増えることでしょう。

 そうした中で、高校生の英語学習において英語がもっと身近になり、また、高校生に一層適合した基礎的な辞典をと、構想してきましたが、ここに『ビーコン英和辞典』を発刊できることは大きな喜びです。

 英和辞典のもつ重々しい紙面をできるだけ明るい構成にすること、また、必要不可欠な意味やしっかりした英文例の収録を心がけることは当然のことですが、さらに、以下の方針をもって、高校生のみなさんが一層英語に興味をもち、かつ要点が記憶に残るような工夫をしました。

(1) 見出し語はレベルを考えて厳選し、大きい活字の最重要語900語を軸にして、成句項目などを含めて45,000項目としました。

(2) 発音記号(IPA)への橋渡しとして、カナ発音を併記しました。カナ発音はあくまでも近似音ですから別ページの発音表などを参考にして早く慣れてください。

(3) これまで取り上げられた大学入試問題をデータ化し、その中から、頻度の高い、基礎的な問題をシンプルなテスト形式に変えてみなさんの学習効果を高めるようにしました。

(4) 日常生活の様々な場面を200か所設定して、会話欄を設けました。その会話文には全文カナ発音を併記して、すぐにもコミュニケーションに役立つようにしました。

(5) 単語の活用と記憶のために10種のコラムを作りました。「単語力」「小テスト」「結びつき」「覚えよう」「ファミリー語」「比較」「どっち?/なぜ?」「使い方」「似ている単語」などのコラムを利用することで単語の理解と定着が深まることを願って作成しました。

 『ビーコン英和辞典』は総合的に高校生のニーズに合った、引きやすい辞書であることを意図して作りました。みなさんの英語学習の手助けになることを願ってやみません。

 最後に、本書の編集制作に協力を惜しまれなかった、監修の両先生をはじめとして、執筆協力者、編集協力者の方々の労に対して、ささやかながら巻頭にその名を掲げて、心から感謝申し上げます。

   2001年10月1日                            

三省堂編修所


●特  色

発音記号(IPA方式)への橋渡しをするカナ発音つき。

世界の人とコミュニケートする200箇所におよぶ場面別会話。

単語の活用と記憶の定着をはかる、新式10種の工夫。

(1)【単語力】(重要単語の意味をダイレクトにとらえる囲み)
(2)【小テスト】(その単語の定着をはかるテスト)
(3) イラストによる重要多義語の視覚定着
(4)【結びつき】(英作がもっと広がる工夫) 
(5)【覚えよう】(どうしてもある英語と日本語のちがい)
(6)【ファミリー語】(まとまれば意味がはっきりする)
(7)【どっち?】【なぜ?】(絶対に問われるちがい)
(8)【使い方】(高校生に必要な英語の知識)
(9)【似ている単語】(まぎらわしい類語のていねいな説明)
(10)【参考】【関連】【百科】【文法】【注意】をもうけ、丁寧に解説


●単語力アップ

単語力アップ


●見本ページ (合成ページです)

見本ページ

このページのトップへ
トップページへのアイコン




Copyright (C) 2014 by SANSEIDO Co., Ltd. Tokyo Japan