ことばは人を育て、未来をきりひらく知の源です。三省堂はことばをみつめて135年 サイトマップお問い合わせプライバシーポリシー
三省堂 SANSEIDOトップページ 三省堂WebShop辞書総合サイト Wrod-Wise Web教科書総合サイト ことばと教科
辞書教科書電子出版六法・法律書一般書参考書教材オンラインサービス
書名検索漢字かな著者名検索漢字かな詳細検索
新刊・近刊案内
メディアでの紹介
本の注文
書店様専用
大学向けテキスト
卒業記念
名入れ辞書
品切れのご案内
「ぶっくれっと」アーカイブ
会社案内
採用情報
謹告
三省堂印刷
三省堂書店へ
三省堂書店はこちら
声に出して読めない日本語。
「ほぼ日刊イトイ新聞」
(『大辞林』タイアップ・サイト)
  ビミョーな違いがわかるコトバ辞典


ビミョーな違いがわかるコトバ辞典

森田良行 著  (品切)

1,200円 B6判 144頁 978-4-385-36443-8

現代人が使い方に悩む、微妙なニュアンスの違いを、豊富な例文と共に、楽しく・分かりやすく解説した待望の本。「任せる×ゆだねる」「疲れる×くたびれる」「わいわい×がやがや」「うかうか×おちおち」、「塵×ごみ」「米×めし」「子供×お子さん」、「数」「色」等、120例。便利な主要用語索引付き。

2009年8月20日 発行

目 次   はじめに   著者略歴

【本文見本 PDF】
  p18-19   p26-27   p34-35   p90-91
  p128-129



目   次

はじめに ───── 2

目次 ───── 4

I

やる×する ───── 10

思う×考える ───── 11

学ぶ×教わる ───── 12

まねる×ならう ───── 13

守る×防ぐ ───── 14

負ける×敗れる ───── 15

任せる×ゆだねる ───── 16

戻る×帰る ───── 17

走る×歩く ───── 18

のろのろ×ゆっくり ───── 19

近づく×近寄る ───── 20

着る×羽織る ───── 21

吸う×すする ───── 22

触れる×触る ───── 24

手を挙げる×腕を上げる ───── 25

頭を振る×首をひねる ───── 26

疲れる×くたびれる ───── 27

読み始める×読みだす ───── 28

変わる×代わる ───── 29

換わる×替わる ───── 30

光る×輝く ───── 31

燃える×焼ける ───── 32

切れる×裂ける ───── 33

破れる×壊れる ───── 34

ぐらぐら×がたがた ───── 35

ある×いる ───── 36

違う×異なる ───── 37

同じ×等しい ───── 38

小さい×細かい ───── 39

ほっそり×すらりと ───── 40

美しい×麗しい ───── 41

匂う×香る ───── 42

やかましい×うるさい ───── 43

わいわい×がやがや ───── 44

うれしい×楽しい ───── 45

面白い×愉快 ───── 47

しげしげ×じろじろ ───── 48

恥ずかしい×照れくさい ───── 49

きまり悪い×ばつが悪い ───── 50

はらはら×ひやひや ───── 51

めそめそ×しくしく ───── 52

怖い×恐ろしい ───── 53

うかうか×おちおち ───── 54

案外×意外に ───── 55

曖昧×うやむや ───── 56

いろいろ×さまざま ───── 57

それぞれ×おのおの ───── 58

大体×ほとんど ───── 59

増す×増える ───── 61

いつも×普段 ───── 62

II

日×月 ───── 64

天×空 ───── 65

晴れ×曇り ───── 66

雨×雪 ───── 67

景色×眺望 ───── 68

山×丘 ───── 69

土×泥 ───── 70

林×森 ───── 70

田×田んぼ ───── 71

道×道路 ───── 72

塵×ごみ ───── 73

水×湯 ───── 74

米×飯 ───── 75

落花生×南京豆 ───── 76

甘い×辛い ───── 77

唾×つばき ───── 78

身×体 ───── 78

死体×遺体 ───── 79

かしら×こうべ ───── 80

鳥×鶏 ───── 81

馬×駒 ───── 82

人×人間 ───── 83

わたし×私 ───── 84

私ども×私たち ───── 85

あなた×君 ───── 86

さん×君 ───── 87

親×両親 ───── 88

母×おふくろ ───── 89

兄×弟 ───── 90

子供×お子さん ───── 91

師匠×先生 ───── 92

教員×教師 ───── 93

新進×新米 ───── 94

時×時間 ───── 95

音×声 ───── 96

内×中 ───── 97

家×うち ───── 98

アパート×マンション ───── 99

コンビナート×結合企業 ───── 101 

ハイキング×ピクニック ───── 102

練習×稽古 ───── 103

語彙×単語 ───── 105

基礎語×基本語 ───── 106

発音×表記 ───── 107

句点×読点 ───── 109

III

 

衣食住 ───── 112

生活 ───── 113

調理 ───── 114

スポーツ ───── 115

発声 ───── 116

発言 ───── 117

推量 ───── 118

手紙 ───── 119

放送 ───── 120

ことば遊び ───── 121

位置 ───── 122

昼夜 ───── 123

気温 ───── 124

授受 ───── 125

金銭 ───── 126

数 ───── 127

色 ───── 128

目 ───── 130

口 ───── 131

耳 ───── 132

知名度 ───── 133

人生 ───── 134

家系 ───── 135

男女 ───── 136

死去 ───── 137

主要用語索引 ───── 138


はじめに

 私たちが日ごろ何気なく使っていることば「日本語」は、いつも聞いたり、話したり、読んだり、書いたり、打ったりしているのだから、当然よく知っていて何不自由なく使いこなせるものと思っているかもしれない。しかし、何か、あることを人に伝えようとしたとき、その事にぴったりなことばが思うようには出て来ない。いくつか頭に浮かんだとしても、どれが良いか、両者の違いは何か、その意味が似ていれば似ているほど使い分けは難しく、悩まされる。例えば毎日の交通手段を話題とするとき「いつも乗るバスに」とするか「普段乗るバスに」とするか迷う。微妙な違いがあるのだが、さて考えてみると、直ぐにはその違いを明確に説明できない。文章を読むときも同様で、「同じ価値の」「等しい価値の」とあった場合、これらを全く同じ意味だと決め込んでよいものだろうか。

 事物を指示する名称のことばにも、同じことが言える。「身が持たない」「体が持たない」ちょっと見には同じようだが、果たして本当に差がないと言えるだろうか。「身」と「体」、「人」と「人間」、「内」と「中」、一つ一つの単語の意味はよく分かっているつもりでも、二つのことばを比較したとき、その使い分けは決して身についているとは言い切れない。

 著者はかつて三省堂の『類語新辞典』に、その中で扱われている種々の単語の意味や用法について、今述べたような観点から特記すべき事柄を、短いコラムの形で数多く執筆した。が、それらは大部の辞典の中に分散しているため目に付きにくく、全体を通しで読んだり、複数のコラムを対照しながらことばの運用に役立て、知識を高めるといった利用がしにくいという難点があった。できることなら一括して読者の便に供したい。そのような要望から、新たな形で世に問うこととしたわけである。 だが、これらのコラムは、『類語新辞典』にすでに述べられている語釈を前提に、その解説という意味も含まれているため、切り離してコラムだけを取り出すと、どうしても説明が十分とは行かない。そのため本書に収録するにあたっては、かなり書き加えたり修正したりした部分も多い。また、収録語彙のバランスを考え、新たに書き加えた項目も多い。項目の配列も、意味は共通だが事柄のとらえ方に微妙な差のある類義語──動詞や形容詞・副詞のペアを第I部に。対応し合う事柄の意味内容を比較した名詞のペアを第II部に。そして、最後に、人間や人間生活にかかわる種々の分野において、ことばの面で特記すべき事項、知っておきたい知識を第III部としてまとめた。読みやすく、しかも読んで役立ち、読んで楽しい内容を心がけて執筆・編集したものである。十全なる活用を期待したい。

 最後に、本書をまとめるにあたって、最大限の努力を惜しまなかった編集部の飛鳥勝幸氏に、紙面を借りて感謝のことばを贈りたいと思う。

2009年 6月

著 者


著者略歴

森田良行(もりた よしゆき)

1930年生まれ。
早稲田大学名誉教授。
著書に『日本語の類義表現辞典』(東京堂出版・2006)、『基礎日本語辞典』(角川書店・1989)、『意味分析の方法』(ひつじ書房・1996)、『日本語質問箱』(角川文庫・2007)など、編著書に『三省堂類語新辞典』(三省堂・2005)などがある。


このページのトップへ