書名 漢字 よみ 著者名 漢字 よみ
さらに詳しく検索

トップ・ページ  新刊・近刊
辞書  電子出版  一般書  六法・法律書  教科書  参考書  教材  品切一覧

こんなに楽しい
9人制
バレーボール


こんなに楽しい 9人制バレーボール

SSSバレーボール研究会 編著

1,619円 菊 168頁 978-4-385-60234-9 (品切)

9人制バレーボールをこれから始める人、すでに楽しんでいる人を対象に、9人制バレーボールはなぜ楽しいのかを、多数の図版を使ってわかりやすく、具体的に紹介。

2003年1月20日 発行



●本書の使い方

 本書はこれからバレーボールを始めようと思われている方、現在バレーボールを楽しんでおられる方、これからもバレーボールを楽しみたいと思われている方のために、9人制バレーボールはなぜ楽しいのかを、よりわかりやすく、具体的に紹介するために作られました。

 チームプレーの楽しさとは何なのか、なぜ年齢や体力に応じた楽しみ方ができるのか、どうすれば親子や夫婦で楽しむことができるのかなどを、経験者の方たちの言葉も交えて紹介しています。

 レクレーションとしてだけでなく、ゲームとしてもどのような大会があるのか、どうすれば参加できるのか、またチームの作り方から、個人の練習方法、指導者の方々にとってのチーム練習方法、どこでもできるメンタルトレーニング法など、イラストを豊富に使い、わかりやすく説明しました。

 また、練習やゲームなどですぐ役立つ、ケガに対するテーピングのしかたや、障害があってもそれをカバーしながら末永くバレーボールを楽しむ方法を(財)日本体育協会公認ドクター(横浜マリノス・チームドクター)・平沼憲治先生からアドバイスしていただきました。

 本書は、9人制バレーボールを楽しむための入門書としてだけでなく、現場に携帯してもすぐに練習やゲームに使えるように作られています。これからバレーボールを始めようとされている方だけでなく、現在もバレーボールを楽しんでおられる方にも、役立てていただければ幸いです。

2003年 新春
SSS バレーボール研究会



●目  次

Part1.バレーボールの楽しみ方9

1.歴史9
バレーボールの名前の由来9
日本のバレーボール10

2.9人制バレーボールの楽しみ方11
ボール1つで楽しめる11
狭いスペースで楽しめる12
格闘技ではないので安全性が高く、生涯楽しめる12
9人制バレーボールの特徴13

3.チームプレーだから楽しい14
身近な友人ができるから楽しい14
集中できるから楽しい14
自分を表現できるから楽しい15

4.夫婦や親子でできるから楽しい15
夫婦で共通の話題ができるから楽しい15
親子で共通の話題ができるから楽しい16
コミュニケーションがスムーズになるから楽しい16
自分を再発見できるから楽しい16

5.9人制だから楽しい17
体力、経験の差に関係なく楽しめる17
年齢の差に関係なく楽しめる17
男女の違いに関係なく楽しめる18
集中している夫、妻、両親に感動する18

6.いつからでも始められる19
ブランクのあとに始める人19
スポーツはしているが、バレーボールは初めてという人19
健康のために始める人19

7.チームをつくろう20

8.大会に参加しよう21

Part2.ゲームの流れ24

サーブ―サーブレシーブ―トス―スパイク(アタック)―ブロック―ポイント24

Part3.必要な技術26

パス/オーバーハンドパス26
アンダーハンドパス28
サーブ/アンダーハンドサーブ30
オーバーハンド(変化球)サーブ32
フローター(変化球)サーブ34
スパイク/オープンスパイク36
クイックスパイク38
フェイント40
ブロックアウト41
2段スパイク42
リバウンド43
トス/オープントス44
クイックトス46
バックトス48
2段トス50
レシーブ/オーバーハンドレシーブ52
アンダーハンドレシーブ53
回転レシーブ/スライディングレシーブ54
サーブレシーブ/オーバーハンドレシーブ56
アンダーハンドレシーブ57
ブロック58
ネットプレー62

Part4.必要な技術の練習64

ボールになれよう(1人でできる練習)64
ボールになれよう(2人でできる練習)66
パス(1人でできる練習)70
パス(2人でできる練習)72
パス(チームでできる練習)74
スパイクレシーブ(2人でできる練習)75
スパイクレシーブ(チームでできる練習)76
サーブレシーブ(2人でできる練習)78
サーブレシーブ(チームでできる練習)79
トス(1人でできる練習)81
トス(2人でできる練習)82
トス(チームでできる練習)83
スパイク(1人でできる練習)86
スパイク(チームでできる練習)87
ブロック(1人でできる練習)92
ブロック(2人でできる練習)93
ブロック(チームでできる練習)94
サーブ(1人でできる練習)96
サーブ(チームでできる練習)97

Part5.試合までの注意点98

運動・食事・休息98
食物のおもな栄養素99
試合前日の食事や飲み物100
試合当日の食事101
試合前日の調整102
試合当日の心得102
試合の作戦105

Part6.テーピングと応急処置106

テーピング106
指のテーピング106
足首のテーピング108
肘のテーピング109
膝のテーピング110
肩のテーピング111
応急処置112
突き指/捻挫/アキレス腱断裂112
筋肉けいれん/肉離れ/骨折/鼻血/肩の脱臼113

Part7.Q&A(技術編)114

パス114
トス116
スパイク118
サーブ122
サーブレシーブ124
スパイクレシーブ126
ブロック128

Part8.Q&A(痛み、外傷・障害編)130

痛み130
外傷・障害131

Part9.さらに楽しくなるテクニック134

サーブの狙い/ラストボールの返球/チャンスボー
ルの返球/ツーアタック/ブロックのタイミング/
サーブレシーブでの声/サーブの間の取り方/フェ
イント/チャンスボール/オーバーネットをしない
ブロック/遅れたときのブロック134

Part10.メンタルトレーニング法138

1.スポーツビジョンのトレーニング138
スパイクレシーブ138
フェイントレシーブ139
スパイク139
フェイント140
トス141

2.メンタルリハーサル142
リラクゼーション142
イメージを使った方法/音楽を使った方法/呼吸を使った方法142
メンタルリハーサル144
成功イメージをつくる/成功モデルのイメージ144
試合前や試合中にできる集中法145
ジンクス/呼吸に集中する/ボールの文字を読む/1点1点に集中する145

Part11.体験談146

1.ケガや病気の予防になった146
回転レシーブが交通事故から守ってくれた146
肩こりを解消してくれた146

2.プラス思考になった147
ナイスプレーがストレスを解消してくれた147
気分転換が早くできるようになった147

3.優しくなった148
感情を共有できた148
他人を思いやれるようになった148

4.友人をすぐ見つけられた149
知らない町でも友人がすぐできた149
転勤族でもすぐにその町になじめた149

Part12.ストレッチ・準備運動150

ストレッチ150
準備運動152

Part13.障害をカバーしながら続ける方法154

スポーツドクター:平沼憲治医師
生活習慣病を抱えた場合154
日常生活での注意点154
プレー上での注意点154
更年期障害の場合155
日常生活での注意点155
プレー上での注意点155
腰痛の場合156
日常生活での注意点156
プレー上での注意点156
肩痛の場合156
日常生活での注意点156
プレー上での注意点156
肘痛の場合/膝痛の場合/足首捻挫の場合157

Part14.いろいろなバレーボール158

ソフトバレーボール158
ビーチバレーボール158
シッティングバレーボール159
フロアバレーボール159

Part15.用語解説160

Part16.審判・線審のハンドシグナル164

審判のハンドシグナル164
線審のハンドシグナル165



●見本ページ

見本ページ1

見本ページ2

このページのトップへ
トップページへのアイコン