ことばは人を育て、未来をきりひらく知の源です。三省堂はことばをみつめて133年 サイトマップお問い合わせプライバシーポリシー
三省堂 SANSEIDOトップページ 三省堂WebShop辞書総合サイト Wrod-Wise Web教科書総合サイト ことばと教科
辞書教科書電子出版六法・法律書一般書参考書教材オンラインサービス
書名検索漢字かな著者名検索漢字かな詳細検索
新刊・近刊案内
メディアでの紹介
本の注文
書店様専用
大学向けテキスト
卒業記念
名入れ辞書
品切れのご案内
「ぶっくれっと」アーカイブ
会社案内
採用情報
謹告
三省堂印刷
三省堂書店へ
三省堂書店はこちら
声に出して読めない日本語。
「ほぼ日刊イトイ新聞」
(『大辞林』タイアップ・サイト)
  身につく仏和・和仏辞典 CD付き|身につく独和・和独辞典 CD付き

身につく仏和・和仏辞典 CD付き 身につく独和・和独辞典 CD付き

身につく仏和・和仏辞典 CD付き

松村定史 監修、三省堂編修所 編/2007年1月30日、販売会社搬入(奥付2月20日)/2,600円/B6変/736頁/978-4-385-11955-7

見本ページ 仏和辞典の使い方 はじめに

身につく独和・和独辞典 CD付き

伊藤 眞 監修、三省堂編修所 編/2007年1月30日、販売会社搬入(奥付2月20日)/2,600円/B6変/736頁/978-4-385-11965-6

見本ページ 独和辞典編のきまり はじめに


はじめに(身につく仏和・和仏)

外国語を学ぶ目的と方法は人さまざまです.かつては文法から入り読み書き中心に、昨今では音声から入り聴き話すことに力を入れるなど、教授法もまた時代により変化しています.しかし、どの道から入っても、いずれは必ず必要とするものがあります.それは、辞書です.外国人にとって、辞書なしに母語でない言語を習得するのは至難の技といえましょう.
本書は、フランス語を学びはじめた、あるいは学びなおす方にとって、どのような辞書が有用であるかを考え、編集したものです.「フランス語の基本をしっかりつかむ」「目標を持ち、実際に語学力を身につける」「英語も視野に収める」「読んで楽しく覚える」ために工夫した点は、以下の通りです.

●仏和では、見出し語の数を1万語強にしぼりました(品詞違いの単語や派生語まで含めると、およそ1万3千項目になります).この辞書では、いきなり数万語の世界を提示するのではなく、初学者にとってまず必要な範囲を限定しました.
●和仏では、日本語の基本語4千強を収録しました.日本語をキーワードにして、フランス語の語彙力アップを図りましょう.
●仏検3級・4級試験をめざす学習者に配慮した内容をめざしました.具体的には、実用フランス語技能検定試験に頻出する単語を重要語に選定し、よく出される用例をも収録しました.
●重要語を中心に、約3,700の見出し語に対応する英語を表示しました.もともと英語とフランス語は歴史的にも深い関係があります.英語を手がかりとして、フランス語を学ぶことは、大いに助けとなることでしょう.
●名詞の性別を覚えるのは、日本人にとっては苦手とするところ.本書は、女性名詞を色つきで表示した最初のフランス語辞典です.
●字の大きさ、色の使い方、組み方などに注意を払い、あくまでも目にやさしくわかりやすい紙面を追求しました.
●音声CDでは、フランス語の発音と綴り、曜日・数詞など基本語、地図の地名などの発音が具体的に聴けます.音声CDを聴くことにより、文字と音の関係がよくわかり,見出し語につけられたカタカナ発音が非常に理解しやすくなります.

 最後になりましたが、本書の監修は名城大学教授の村松定史先生にお願いいたしました.フランス語学習のよきツールとして、この辞典が有効に活用されることを願ってやみません.

 2006年12月

三省堂編修所


はじめに(身につく独和・和独)

外国語を学ぶ目的と方法は人さまざまです. 教授法も文法から入り読み書き中心に, 昨今では音声から入り聴くこと・話すことに力を入れるなど, 時代により変化しています. しかし, どの道から入っても, いずれは必ず必要とするものがあります. それは, 辞書です. 外国人にとって, 辞書なしに母語でない言語を習得するのは至難の技といえましょう.

本書は, ドイツ語を学びはじめた方, あるいは学びなおす方にとって, どのような辞書が有用であるかを考え, 編集したものです. 「ドイツ語の基本をしっかりつかむ」「目標を持ち, 実際に語学力を身につける」「英語も視野に収める」「読んで楽しく覚える」ために工夫した点は, 以下の通りです.

●独和では, 見出し語の数を1万語強にしぼりました(品詞違いの単語や派生語まで含めると, およそ1万2千項目になります). この辞書では, いきなり数万語の世界を提示するのではなく, 初学者にとってまず必要な範囲を限定しました.
●和独では, 日本語の基本語2千5百を収録しました. 日本語をキーワードにして, ドイツ語の語彙力アップを図りましょう.
●独検3級・4級試験をめざす学習者に配慮した内容をめざしました. 具体的には, ドイツ語技能検定試験に頻出する単語を重要語に選定しました.
●重要語を中心に, 約6,000の見出し語に対応する英語を示しました. もともと英語とドイツ語は歴史的・類型論的に深い関係があります. 英語を手がかりとして, ドイツ語を学ぶこともは, 大いに助けになるでしょう.
●名詞・形容詞の格変化や動詞の活用形を覚えるのは, 日本人にとっては苦手とするところ. 本書では, 見返しの格変化表をはじめ, 最重要動詞に活用コラム, すべての動詞に過去・過去分詞を表示, 重要な形容詞に比較級・最上級を表示するなど, 随所に便利な情報が収められています.
●字の大きさ, 色の使い方, 組み方などに注意を払い, 目にやさしくわかりやすい紙面を追求しました.
●音声CDでは, 発音の手引きに収められた内容(ドイツ語アルファベット, 綴りと発音)が具体例とともに聴けます. 音声CDを聴くことにより, 文字と音の関係がよくわかり, 見出し語につけられたカタカナ発音が非常に理解しやすくなります.

本書の監修は筑波大学教授の伊藤眞先生にお願いいたしました. また『デイリーコンサイス独和・和独辞典』のデータの使用を快諾された学習院大学名誉教授早川東三先生にこの場を借りてお礼を申し上げます. ドイツ語学習のよきツールとして, この辞典が有効に活用されることを願ってやみません.

 2006年12月

三省堂編修所

このページのトップへ